Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

ハード&ソフトによるリアルなドラムマシン、SPARKって面白い!

先日、「TR-808やLinnDrum、Simmons…80年代ドラム音源30種を忠実に再現するSPARK」という記事で、SPARK VINTAGE DRUM MACHINESというソフトを使ってみました。その後も、面白いので遊んでいたのですが、改めて気になってきたのが、元々あったSPARKという製品。

 

そう、SPARKは本来ハードウェア(コントロールサーフェイス)とソフトウェア(ドラムのソフト音源)という構成の製品で、そのソフトウェアのビンテージドラムだけを切り出したのが先日のSPARK VINTAGE DRUM MACHINEでした。価格的には定価で68,250円(実売55,000円程度)というものなので、代理店であるフックアップさんにお願いして1週間だけ貸してもらいました。


まさにドラムマシンというArturiaのSPARK


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

一番キーとなるのは、やはりハードウェアなのですが、大きさ的にはPCのキーボードと並べたものを見るとなんとなく分かるでしょうか?


PCのキーボードと比較するとこんな大きさ 

 

また私の手元にあるビンテージドラムマシン、TR-707と並べてみると似たような大きさであることも分かると思います。ただ、TR-707と比較すると、ずっと重たく、遥かにガッチリとしていますね。


Roland TR-707と比較するとこんな感じ

このように並べてみたことからも想像できるように、SPARKのハードウェアはドラムマシンを今に再現するもの。パッドを叩けば音が鳴るし、光るステップシーケンサを利用してドラムパターンを簡単に入力していくことができます。


パッドを叩けばドラム音が鳴る

また各音色ごとにノブが用意されており、こららを使って音色をエディットすることもできるし、フィルタを使ってドラムサウンドをいろいろと変化させることも可能なのです。


上部の16個並ぶ光るボタンはステップシーケンサ

そのSPARK、ちょっと触ってみたところをビデオに撮影してみたので、ご覧になってみてください。どんなものなのかは、これを見ると雰囲気はすぐに分かると思います。

 

ドラムマシンって、とっても便利で使いやすい機材なのに、現行製品というのはほとんど存在せず、見かけるのはビンテージマシンばかりですよね。それを今の時代に登場させたのがSPARKである、といっていいと思います。

 

このビデオでは、完全にSPARKのハードウェアだけで操作をしていますが、実際に音を出しているのはPCです。WindowsでもMacでも使えるハイブリッドのアプリケーションであり、スタンドアロンでもプラグインでも動作するというものです。


実際に動いているのはPC上のソフト。これのリモコンがハードという関係だ

 

ちなみにプラグインとしてはWindowsならVSTとRTAS、MacならAudioUnitsとVST、RTASのそれぞれに対応しているので、手持ちのDAWからコントロールすることが可能となっています。

 

最初にJAZZ DRUMSというドラムキットを鳴らしていますが、このSPARKには90種類以上のドラムキットが入っており、スタンダードものからパワフルなロックキット、ラテン系のパーカッションなど、かなり使えるドラム音源がいっぱいはいっています。先日紹介した、ビンテージドラムも、すべてこの中に収録されている形ですね。

プラグインのドラム音源というとBFD2などが 有名ですが、SPARKもDAWから利用するプラグインの総合ドラム音源として結構使えそうですよ。


PCの画面上ならドラムパターンの全体像が捉えられる

もちろん、より細かい操作はPCを使うことで威力を発揮します。ハードだけでも音色エディットはできますが、より細かな音作りとなるとソフト側で行ったほうが幅が広がりますし、ドラムパターンも画面で見たほうが分かりやすい面もあります。ハードとソフト、どう使い分けるかは、状況によりけりという感じですが、ハードが使えるのは、やっぱりかなりいいですね。


ソフト側ならより細かな音色エディットも可能 

 

ちなみに、フックアップによると、もし買うなら今がお勧めとのこと。実は、これを2012年5月1日~6月30日限定で、フランスの開発元、Arturiaが「HYBRID MADNESSキャンペーン!!」なるものを行っていて、SPARKを買ってユーザー登録すると、ビンテージシンセをエミュレートするソフトシンセのセット、V-COLLECTION 2がもらえるのだとか…。具体的には
   Minimoog V
   Jupiter-8V
   Prophet V
   Moog Modular V
   CS-80 V
   ARP2600 V
の6つの音源。

 

ええ????

 

ここでは、あえて紹介は省きますが、バラバラで購入すれば、かなりの金額。セット製品であるV-CLLECTION 2だって、それ自体がSPARKより高い定価73,500円なのに、これがもらえるってかなりの大放出という感じですね。ビンテージモノ好きな方なら、まさに今がチャンスのようですよ!

【関連サイト】
SPARK製品紹介ページ

SPARK Vintage Drum Machines製品紹介ページ

Arturia「HYBRID MADNESS」キャンペーン!!

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です