Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

歌声合成にも使える無料譜面ソフト、Finale NotePad 2012をGETしよう!

先日、PreSonusのStudioOne2 FreeAbletonのLive Liteのフリー版の記事を紹介しましたが、先週・今週とまたよさそうなソフトのフリー版が登場していました。すでに、いろいろなニュースサイトで取り上げているのでご存知の方も多いとは思いますが、MakeMusicの譜面作成ソフト、Finale NotePad 2012および、その譜面をiPadで見るためのFinale SongBookです(念のためFinaleの読み方はフィナーレですよ)。

 

私個人的には譜面を書くということはあまりないので、この手の譜面作成ソフトを使ったことはほとんどありませんが、無料なら、ということでちょっと触ってみました(以前からNotePadは無料で存在していたようですが、改めて最新版が登場したようですね)。


無料で使うことができる譜面作成ソフト、Finale NotePad 2012


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

Finaleといえば譜面作成ソフトとして、もっとも著名なソフトですよね。これまで使っていないので、ごめんなさい、詳しいことよく分かりませんが、調べてみると結構いいお値段のようで、最上位のFinale 2012は標準価格が58,000円。その下に
   Finale PrintMusic 2011
   Finale SongWriter 2010
とあり、さらにその下に今回リリースされた無料版のFinale NotePad 2012がラインナップしています。

 

それぞれがどう違うかは、Finaleのサイトに行くと、細かく記載されているので、ご確認ください。


Finale NotePadのインストール画面

で、さっそく

というページからソフトをダウンロードしてみました。Windows版、Mac版が用意されているので、必要なものを入手してください。インストールを開始すると、ちゃんと日本語でのメッセージが出てきますね。ちなみにWindows版で確認したところ64bitネイティブではなく、32bit版ですね。


初回起動時シリアル番号を求めてくるが、これも無料で入手可能

 

すぐインストールできるので、これを起動すると、シリアル番号を入力する画面が出てきます。適当な番号を入れても動くようですが、画面下の「シリアル取得」ボタンをクリックして、Finaleのサイトにアクセスすれば、無償でシリアルを入手することが可能です。

 

また起動時に、MIDIの設定画面が現れます。とくに設定しなくても自動的に行われるので大丈夫ですが、USB-MIDIキーボードを接続しておくと、キーボードからステップ入力ができるので便利ですね。またこの出力を見ると、「SmartMusicソフトシンセ」なるものが設定されています。これはFinaleをインストールすると同時に入るソフトシンセであり、これを使って譜面を演奏できるようになっています。Windows版で確認したところ、これはVSTインストゥルメントなどではなく、WindowsのMIDIデバイスとして認識されています。


サンプル画面を開くと、きれいな譜面が現れる

サンプルデータを開いてみると、結構キレイな譜面が出ますね。もちろん、このFinale NotePadは体験版ではなく、しっかりした譜面ソフトですから、こうした譜面を作ることも保存することも印刷することも可能。単純な空の五線譜からピアノ譜、木管楽器や金管楽器などの譜面、さらにはドラム譜、TAB譜までテンプレートが用意されているので、私個人的には、これ以上何が必要なのだろう、と思ってしまうほどです。また歌詞入力も可能で、もちろん日本語を使うことも可能です。

またMIDIファイルの入出力も可能なので、予め持っているMIDIファイルがあれば、それを読み込んで譜面化することもできるし、Finale NotePadで入力したデータを別のシーケンサやDAWへ渡すことも可能なわけですね。


iPad版のFinale SongBook

一方、このFinale NotePadのニュースに続いて届いたのがiPad版のFinale SongBook。これも無料で入手できるもので試してみたところ、これはFinale NotePadなどPC版のFinaleで作った譜面をiPadで読むためのもの。これを使えば、わざわざ紙に印刷しなくてもOKというわけです。データのやり取りはiTunes経由でできました。また、譜面を見るだけでなく、譜面の再生もできますね。


作った譜面はMusicXMLとしてエクスポート可能

ところで、Finale NotePadの「ファイル」メニューを見て、おや?と思ったのは「MusicXML」の項目。そう、これは譜面データをやりとりするための標準データ形式なのですが、これを利用すると、以前紹介したことのある、名古屋工業大学が開発したフリーの歌声合成システム、Sinsyにデータを受けたすことができるんですよね。


名古屋工業大学の歌声合成システム、Sinsyにデータを引き渡すことができる

改めてSinsyのページを確認すると、ちゃんとFinale NotePadで利用できると記載されています。試しに、簡単な音符と歌詞を入力し、Sinsyに受け渡しとところ、すぐに歌ってくれました。ちなみにデータ形式は「MusicXML 3.0ファイル」というものを使っています。VOCALOIDとはまたちょっと違う歌い方をしてくれるので、気になる方はぜひ試してみてください。

 

【関連サイト】

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • さなぎ

    お尋ねです。
    (とても良いソフトだと聞いて(ネットで)、無料版ダウンロードしましたが)
    (1段3小節になってしまい)1段4小節にしたいのですが、このままではとても使えません。 それから 終止記号もありません。
    弟曰く、体験版だとOK、無料版だと使えない・・との事。
    また、体験版だと、印刷が1ページしかできない。ファイル保存できない・・など、これまた使えないようですが、いかがですか?
    私の使い方が間違っているのでしょうか。。
    非常に使いづらいです。。お金を払ったら使える・・というのかもしれませんが、今の時点でこの使いづらさだと 買おうと思うのでしょうか。。。
    (1段)3小節、終止符号なし・・・の楽譜が出来上がり、テンション下がりまくり・・・・です。

    2012年9月5日 11:25 AM
  • 藤本健

    さなぎさん
    こんにちは。いま、改めてインストールして試してみました。
    空だと、1段に5小節あるので、大丈夫では…と思ったけど、音符を入れていくと3小節しか入りませんね。
    4小節入れるためには、五線譜のサイズを小さくしないとダメなようで、それに対応した機能がないので、どうしようもないですね。がここで試してみたのはA4をA3にすること。これでやるとちょうど4小節はいりましたよ。
    印刷する際にプリンタの機能を使ってA4で出力するなどしたら、いいのではないでしょうか?

    2012年9月6日 12:53 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です