Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

海外で大ヒット中、日本人開発のiOSシンセ、KQ MiniSynthが凄い!

いま海外で大ヒットしている日本人開発のシンセアプリ、KQ MiniSynthをご存じでしょうか?これ、実は今年1月にリリースされていたのですが、国内ではほとんど話題になっておらず、私もまったく知らなかったのですが、トンでもなく凄いアプリだったんです。

 

先日、開発者である雲英亮太(きらりょうた)さんから連絡をいただいて、初めてその存在を知り、実際に試してみて、その強力さ、斬新さ、楽しさに驚かされました。一言でいえば、新しいアイディアがテンコ盛りのモジュラーシンセ。しかも、世界で3番目となるiOSのAudio Unit Extension対応のシンセだったんですね。こんな面白いシンセを見逃していたとは大失敗。まだ助走期間中とのことで年内は480円という破格値だけど、1月には正規価格の2,000円前後になるとのこと。KQ MiniSynthとは、どんなアプリなのか、紹介してみたいと思います。


海外で大ヒット。雲英さん開発のKQ MiniSynth


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

Mac/Windows用のソフトウェアシンセというと、やはり海外ものばかり…という印象が強いですが、iPhone/iPadで使えるiOSアプリのシンセとなると、結構日本人が開発したものが世界的にも人気があるんですよね。以前にも「海外で大ヒット、強烈なiOSシンセは日本人開発のアプリだった!」、「世界が注目。種田聡さん開発のiPadシンセの新作、金属系サウンド音源が気持ちいい!」という記事で、MersenneLORENTZ Polyphonic Synthesizerなどを紹介しましたし、今週はまた新たにREDSHRIKEというポリフォニックシンセがリリースされ、話題になっています。

 

昔からあるシンセアプリとしては、DTMステーションでもたびたび取り上げているMizuhiki TakashiさんのDXi、私の大学のサークルの後輩でもあったbismarkさんのbs16iなどなど、いろいろあるのですが、もう一つ、すごいシンセが登場していました。それが、雲英さんが開発し、いま、ドイツやアメリカなどで話題になっているシンセアプリ、KQ MiniSynthです。

 

先日、その雲英さんと少しお話したのですが、「2年前に脱サラし、フリーのエンジニアとして仕事をしていますが、せっかく会社を辞めたのだから、自分の好きなプログラムも作りたいと、温めていたアイディアを元にじっくり時間をかけてKQ MiniSynthを開発しました」とのこと。

雲英さん制作の紹介ビデオがあるので、まずはそちらをご覧ください。

ビデオを見てもわかる通り、KQ MiniSynthが何に近いかといえば、Softubeが先日発売したMac/Windowsで動作するプラグインのシンセ、Modularでしょう。いわゆるモジュラーシンセであり、オシレーターやフィルター、エンベロープジェネレーター、LFO……といったモジュールを組み合わせてパッチングしていくことで、音を作り出していくタイプのシンセです。見た目的にもユーロラック風となっているのですが、Modularとはいろいろな意味で違い、KQ MiniSynth独自の世界観が広がっているんです。


プリセット音も豊富に用意され、操作方法を紹介する簡単なチュートリアルもある

モジュラーシンセなんて言われると、なんか難しそうなシンセなのかな……と思う人もいるとは思います。確かに使いこなすにはそれなりの知識が必要にはなるけれど、かなり多くのプリセット音色があるので、シンセについてまったく分からない人でも、音色を選ぶだけでかなり使うことができるし、後で紹介するようにGarageBandCubasisAuria Proのプラグインのようにして使えるので、それだけでも持っておく価値は大きいと思いますよ。


計25種類のモジュールから追加するモジュールを選択できる 

 

で、そのモジュラーシンセとしての機能ですが、まずどんなモジュールがあるのかの一覧を見ると、なんとなく雰囲気はつかめると思います。具体的には以下の25種類です。

 

オシレータ オシレータ Type A (FM)
オシレータ Type B (PWM)
Super Saw オシレータ
低周波オシレータ (LFO)
ホワイトノイズジェネレータ
ミキサ/アンプ 4ch ミキサ
電圧制御式アンプ (VCA)
サンプルアンドホールド
ブースター
エンベロープ/論理回路 エンベロープジェネレータ Type A
エンベロープジェネレータ Type B
反転回路
AND回路 (直列スイッチ)
OR回路 (並列スイッチ)
最大値/最小値出力器
モジュレータ V/Oct ビブラータ
キーボードレベルスケール
リングモジュレータ
フィルタ/エフェクタ 電圧制御式フィルタ (LPF/HPF/BPF/BEF)
ディレイエフェクタ
リバーブフィルタ
コンプレッサ
その他 I/Oパネル
カスタムコントローラ
ダミーパネル
オシレータからして面白いのですが、TypeAはサイン波、三角波、矩形波、ノコギリ波が使えるオシレータであると同時に、FM音源として使えるように、FMモジュレーション入力というものを持っているんです。つまり、このTypeAを6つ並べていくことで、DX7のように6オペレータでのアルゴリズムを組んで使うことができるだけでなく、そこにサイン波だけでなく、矩形波やノコギリ波も使えちゃうし、DX7にはないアルゴリズムまで作れちゃうんですよね。


FM変調が可能なオシレーターを接続していくことで、DX7を超えるFM音源を作ることが可能

フィードバック機能はオシレータ自身にないため、いったん出力レベル調整可能なVCAなどを経由した上で戻すのがいいけれど、そうするとだんだんモジュールの数が増えていきます。でも、めちゃめちゃ軽いアプリなので、いっぱいモジュールを使っても問題はないし、最大100個まで組み込んで接続していうことが可能です。


iPhoneで表示させるとかなり小さいけれど……

一方、TypeBのオシレータはPWMでのモジュレーションが利用できる端子を持っているので、TypeAとはだいぶ違った音作りが可能になります。またSuper SAWなんてオシレータもあるので、簡単に分厚い音が作れちゃうのも楽しいところです。


もちろん拡大表示させることも可能 

 

でも、実際にプリセットを使ってみて最初に驚くのは、いかにもなモジュラーシンセのくせに、これ、ポリフォニックで鳴ってくれるんですよ。まあ、ポリ数自体は設定で1~20の範囲で決められるのですが、基本はポリフォニックで和音が弾けるのですから、演奏用の使い勝手としては、申し分ないですよね。


ポリ数やサンプリングレート、バッファサイズなどは設定で変更できる

1つ1つモジュールの話をしてるとキリがないのですが、もうちょっとだけ挙げておくと、ほかのシンセで見たことがないモジュール群として、論理回路というのがあるんです。


開発者の雲英亮太(きらりょうた)さん

私はコンピュータのエンジニアなんで、やっぱり論理回路をモジュールとして組み込んだら面白そうだと思ったんです。まあ、どんな音になるかはよく分からないまま作ってみましたが、アイディア次第で、いろんな使い方ができますよ」と雲英さん。

 

その論理回路とは入力の+と-をひっくり返す反転回路(NOT回路)、Gate1とGate2の入力信号を見て結果が決まるAND回路とOR回路、さらにIn1とIn2の大きいほうか小さいほうを出す最大値/最小値出力機のそれぞれ。シンセにどう使えばいいのか、すぐにピンとは来ないのですが、なんかスゴいことができそうな気もしますよね。
さて、このKQ MiniSynthはスタンドアロンのシンセとして使うことができ、iPadやiPhoneに表示される鍵盤を弾くことができます。iPhoneだと、かなり画面が小さくて苦しいところではありますが、鍵盤のみの表示にすると、それなりに弾きやすくはなります。


KORGのBLE-MIDIキーボード、microKEY Airとの組み合わせでも快適! 

 

もちろんiRig KeysなどのMIDIキーボードを接続して使うこともできるし、MicroKEY AirのようなBLE-MIDI(Bleutooth LE over MIDI)対応のキーボードでも快適に演奏することができましたよ。

 

しかし、面白いのはここからです。このKQ MiniSynthはスタンドアロンとして使えるだけでなく、ほかのDAWアプリやレコーディングアプリ、エフェクトなどと組み合わせて使うことができるところです。


Audio Unitに対応したCubasis 2に組み込んで使えるKQ MiniSynth

以前にもDTMステーションの記事でいろいろと紹介してきたAudiobusやInter-App Audioに対応しているだけでなく、Audio Unit Extension=「AU v3」(以下Audio Unit)にも対応しているのです。このAudio Unitについては以前、AV Watchの記事「第664回:GarageBandが他アプリと連携強化。新機能Audio Units Extensionで何が変わる?」で書いたことがありましたが、当時はAuturiaのiSEMくらいしかなかったのが、最近ちょこちょこ増えてきていたんですよね。


Auria ProでもAudio Unitのシンセとして組み込んで使うことができた

ユーザーにとってはInter-App AudioでもAudio Unitでもあまり変わらないように思うのですが、ここには1つ決定的に違う点があったんです。それはInter-App Audioでは1つのアプリを1トラックでしか使えないのに対し、Audio Unitなら、複数トラックに組み込んで使うことができるという点です。つまりベースもキックも、ストリングスもオルガンも全部KQ MiniSynthで鳴らすということができるんですね。


Cubasis上でKQ MiniSynthを8トラック作って同時に使ってみたがサクサク動いてくれた

もちろんトラック数が増えてきたら、それだけCPU負荷がかかるので、どれだけ使えるかはiPadやiPhoneのCPUパワー次第ですが、できる限り軽く動作するように…ということに細心の注意を払いながら丁寧にC++で開発していきました」と雲英さん。確かに軽いんですよね。

 

Audio Unit対応アプリが増えたといっても、まだごく一部。とくにiPhone用のシンセという点でいうと、現状はKQ MiniSynthが唯一のAudio Unit対応の音源。そういう意味でも現時点で貴重なシンセアプリといえますよね。


iPhoneで動作するAudio Unit対応ソフトシンセとしては現時点、KQ MiniSynthが唯一の存在

ちなみに、KQ MiniSynthは頻繁に新機能を追加してはアップデートを繰り返しているのですが、ちょうど12月3日の本日リリースされた1.7という新バージョンでは、iCloudでのバックアップとパッチの共有ができるようになっています。この辺もなかなか便利な機能ですよね。

 

ついでに興味本位で雲英さんに聞いてみたのは、iOSのAudio UnitとMacのAudio Unitの関係について。つまり、同じAudio Unitが2つのOSに対応したということは、従来のMac版のAudio UnitのプラグインをiOSに移植したり、反対にKQ MiniSynthのようにiOS用に開発したものをMacに簡単に移植できるのか、という点についてです。

 

iOS版のAudio Unitが登場するタイミングで、Audio Unit v3というバージョンになったのですが、従来のv2と中身が大きく異なるのです。そして現状のMac用のプラグインの大半はv2対応であるため、v3へ移管するのはかなり大変だと思います。一方、KQ MiniSynthは最初からv3で開発したため、コマンドラインレベルであれば、もうMacでそのまま鳴らすことが可能です。ただし、UIはまったく別に作り直す必要があるので、とくにパッチングしていくKQ MiniSynthの場合ちょっと大変そうです。要望があれば、Mac版も開発したいなと思っているのですが、独立して以来、それほど余裕がなく、Macが古いマシンのままでして……、そこのネックになっています」とのこと。

 

ぜひ、KQ MiniSynthがもっといっぱい売れて、その資金を元にMac版、さらにはWindows版が登場してくれるといいな…と願っています。

【ダウンロード】
◎App Store ⇒ KQ MiniSynth

【その他アプリダウンロード】
◎App Store ⇒ Cubasis 2
◎App Store ⇒ Auria Pro
◎App Store ⇒ Mersenne
◎App Store ⇒ LORENTZ Polyphonic Synthesizer
◎App Store ⇒ REDSHRIKE
◎App Store ⇒ Autria iSEM
◎App Store ⇒ DXi
◎App Store ⇒ bs16i

【関連機器価格チェック】
◎Amazon ⇒ KORG microKEY Air 37
◎サウンドハウス ⇒ KORG microKEY Air 37
◎Amazon ⇒ Softube Modular
◎サウンドハウス ⇒ Softube Modular

Commentsこの記事についたコメント

8件のコメント
  • a

    何かに近いといえば、って確かここで紹介してたpulse codeのmodularでは?

    2016年12月3日 5:19 PM
  • MIDI好き

    SD-80には、SD-90と同じサンプル曲は、SD-80のCDロムに収録されていますか?SD-90とか、80のエンハンスドセット音色の、St.ストリングス2とはどういった感じの音色なのですか?ソロセットのSt.ストリングスと同じくらいらしいのですが、St.ストリングス2はヤマハの、エレクトーンのアンサンブルストリングス音色に、セレステに近い音色でしょうか?気になる音色がもうひとつありまして、エンハンスドセットの音色のBright Starという音色は、ソロセットのブライトネス3と同じで、ステレオサンプリングされた音色ですか??まだ入手していないので、分からない事ばかりですいません。僕はSD-20の機能に物足りなくなってしまったので、SD-80か90を初めて使いたいという事なので、色々教えて下さい。

    2016年12月3日 7:30 PM
  • 藤本健

    aさん
    確かに。pulse codeのmodularがありましたね。

    2016年12月3日 8:10 PM
  • 藤本健

    MIDI好きさん
    すみません、SD-80、SD-90など、いま私の手元で動く状態にないのでわかりません。
    また、この掲示板はこの記事に関連した話をするところです。関係ない話題が出ると、扱いにくので、
    http://www.dtmstation.com/archives/cat_50045154.html
    のあたりから関連ありそうな記事のところで書き込み直していただけますか?
    直近の2本の書き込み、数日中に削除させてもらいますね。

    2016年12月3日 8:16 PM
  • itaru

    作者さんのほかのアプリに思わずにっこり
    砦の攻防
    懐かしい

    2016年12月3日 9:06 PM
  • シマシマ

    うーん、個人的にはiOS上で動く音楽制作系のアプリは、制作補助としての機能を発展させて欲しいです。
    文字の執筆や絵と違って音楽制作は外に持ち出してやるにはちょっと無理があるような気がしますし、何も無理にモバイルデバイスを使ってやる必要はないような気がします。
    野外はノイズが多いですし、フレーズを口ずさんだりして独り言をブツブツ言いながら作ってると変な人だと思われてしまいますw
    それにもっとパワーを、もっと拡張性をと考えていくと、タブレットではなくてもうノートPCを使った方がかえって安く済みますし、あれこれ工夫しなくても既存のソフトや周辺機器がそのまま使えて機能の制限もありませんし、iPadProの価格帯まで迫るなら、MicrosoftのSurfaceとBITWIG STUDIOという選択肢もありますし…
    ですがiPadは汎用性のあるフィジカルコントローラーとして使うのに最適なサイズ感ですし、電源を入れてすぐに使える利便性があります。
    また、Universal AudioのUAD-2プラグインのように外付けエフェクターや外部音源としてもっと本格的に使えるようになってくれれば、専用のDSPには敵わないものの強力なCPUパワーを使って処理を代行し、既存のDAWでプラグインとして読み込んで使う分には音も悪くないですしいい相棒になると思うのですが、iOSデバイスだけで完結するような環境になるには、もう一回り、二回りほどマシンパワーとお手軽さのバランスがこなれてこないと難しいような気がします。

    2016年12月4日 8:18 AM
  • ふみゆき

    KQ MiniSynth好きです。
    AUv3対応なのもありがたいです。
    ただ、AU音源としては少々使いづらい気がします。
    自分の理想としては、Nord Leadくらいのパラメーターです。
    オシレーターはサンプル波形も選択出来れば。
    上記のような、iPhone対応のAU音源は極めて少ないので、
    雲英さんが作って下されば、ありがたいのですが。

    2016年12月4日 3:09 PM
  • 2018年12月18日(火)の日常 | okaz::だめにっき

    […] 海外で大ヒット中、日本人開発のiOSシンセ、KQ MiniSynthが凄い! | | 藤本健の “DTMステーション” […]

    2018年12月20日 12:44 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です