Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

IK Multimediaの全部入りパック、Total Studio 2 MAXは全94製品が入ったソフトの缶詰だった!

iPhone/iPadで使えるギター用インターフェイス、iRigや人気のUSB-MIDIキーボード、iRig KEYS、強力なモニタースピーカー、iLoudなどを開発・販売するイタリアのIK Multimedia。同社は高性能なサンプラー、SampleTank 3や、ミックス&マスタリング・モジュラー・システムのT-RackS、ギターアンプシミュレータのAmpliTube、オーケストラ音源のMiroslav Philharmonik 2……とさまざまなPC用ソフトも開発・販売している、まさにDTM系総合メーカーでもあるのです。

 

そのIK Multimediaがソフトウェアの全部入りパック、Total Studio 2 MAXというものをリリースし、すでに同社サイトからダウンロード購入できるようになっています。Native InstrumentsKOMPLETE 11 Ultimateに対して、IK MultimediaのTotal Studio 2 MAXという構図でしょうか。もっとも、KOMPLETEとは方向性も異なるので、競合するというより、協調するものなのかもしれませんが……。合計94製品、16,800種類のサウンド、39の高品位なミックス&マスタリング・プロセッサー、350機種以上のギター&ベース用ギア・モデルが収録され、個別で買うのと比較すると90%オフという価格設定になっているTotal Studio 2 MAXについて紹介してみましょう。


Total Studio 2 MAXはIK Multimediaの全94製品が1つのパッケージに収まった全部入りパック


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

「そもそも、IK Multimediaのソフトってどんなのがあるんだっけ?」という方もいると思うので、ちょっと列挙してみましょう。

Syntronik
数多くのビンテージシンセモデリング音源セット
SampleTank 3 MAX
膨大なライブラリを同梱したプレイバックサンプラー
Miroslav Philharmonik 2
オーケストラ音源2,700種のパック
MODO BASS
14種類のエレクトリックベースのモデリング音源
T-RackS 5 MAX
ミキシング&マスタリング・エフェクト
Lurssen Mastering Console
マスタリングソフトウェア
AmpliTube 4 MAX
ギター&ベースアンプシミュレーター
Fender Collection 2
新旧さまざまなFenderのアンプシミュレーター
Ampeg SVX 2
Ampegのベースアンプシミュレーター
Fulltone Collection for AmpliTube
ハンドメイドエフェクト、Fulltoneのモデリング
などなど。いずれもMacでもWindowsでも使えるソフトとなっており、単に音源だけ、プラグインエフェクトだけではなく、音楽制作する上でのツールがいろいろとあるんですよね。


以前DTMステーションPlus!の番組でも紹介したマスタリングソフト、Lurssen Mastering Console

ネット生放送番組のDTMステーションPlus!ではLurssen Mastering Consoleや、Miroslav Philharmonik 2などを実演する形で取り上げてきましたが、こちらDTMステーションの記事としては、ちゃんと取り上げていない製品も多いので、個人的に気に入っている製品を少しだけピックアップしてみましょう。


数多くのオーケストラ音源が入っているMiroslav Philharmonik 2

まずはエレクトリックベース音源のMODO BASSから。これは2016年末に衝撃的なデビューを果たした物理モデリングの音源で、いまや定番音源になっているというもの。ベース音源に限らず、いい音の音源というと巨大なデータを持つサンプリング音源というのが常識となってきている中、MODO BASSはサンプリングデータは使わずすべて計算によって音を出すというタイプのもの。そのため全プログラム容量180MB程度とすごくコンパクトなのが特徴です。

物理モデリングによるエレクトリックベース音源、MODO BASS

しかし、その音がサンプリング音源よりリアルないい音で、普通これがコンピュータが出した音だとは気づかないほど。あらかじめさまざまなプリセットがあるので、それを選べば、すぐ即戦力として使える音源なんですが、物理音源だからこそ、ベーシストじゃない人にとっても、すごくベースのことが身につくメチャメチャ面白い音源なんです。


自由にピックアップの種類や位置を設定し、自分だけのベースを作ってしまうことができる

 

たとえば、ここには14種類のさまざまな形状のベースモデルがあるのですが、モデルを変えるとどんな音になるかをすぐに確かめられたり、ピックアップの種類を変えたり、ピックアップの位置を変えるとどんな音に変化するのか、弦の種類を変えるとどんな音になるのか……なんてことが、簡単に試せてしまうんです。


弦の種類や硬さ、どのくらい使い込んだかの設定をすることで音も変わってくる

また4弦ベースはもちろんのこと、どのモデルであっても5弦ベースや6弦ベースにもできるし、演奏の仕方も指弾き、ピック弾き、スラップと変えることができるので、エレクトリックベースの音なら何でも作れるスーパー音源と言って間違いないと思います。今回のTotal Studio 2 MAXは置いておいたとしても、DTMユーザーとして、これは絶対に持っておくべき音源だと思いますよ。

 

もう一つピックアップしたいのが、マスタリングソフトであり、強力なプラグインエフェクト集でもあるT-RackS 5 MAXです。

マスタリングソフトのT-Racks 5 MAX

T-RackSは数あるIK Multimedia製品の中でも古くからあるソフトで、T-RackS 5は昨年秋に5年ぶりにリリースされた第5世代の製品。中に入っているモジュールの違いによって、一番基本モデルのT-RackS 5、その上のT-RackS 5 Deluxe、最上位のT-Racks 5 MAXというラインナップがあります。

T-RackSはいくつもの顔があるのですが、メインとなるのは強力なマスタリングソフトとしての顔です。DAW側で完成させたWAVファイル、AIFFファイルをT-RackSに読み込ませるとともに、プリセットを呼び出せば簡単にいい感じの音にマスタリングしてくれるのです。

プリセットを読み込むだけで、さまざまな音に仕立て上げてくれる

もちろんT-Racks 5 MAXは単なるインスタント・マスタリングソフトというわけではまったくなく、まさに業務用としても使えるかなり本気のすごいシステムなんです。実際、、ここにはFairchild 670、Teletroni LA-2A、SSL XL 9000Kのチャンネルストリップ、UREI 1176、NEVE 1073……といったマスタリングで使われるビンテージのアウトボードをモデリングしたものが38種類搭載されており、これらを自由に使えるようになっているのです。


コンプだけをとっても、ビンテージモノを中心に数多くのものが揃っている

実際、T-Racks 5で用意されているマスタリングプリセットはこれら38種類を組み合わせた上で、いい具合にセッティングしたもの。このプリセットを呼び出した上で、ちょっといじってみるだけでも、なかなかグッと来る音に調整できるのはとても楽しいところです。プロのエンジニアさんからも評価の高いT-RackSですから、音のクォリティーは間違いないと思います。


EQもさまざまなものが揃っていて、モノによって音も結構変わってくる

また、EQ、コンプ、ステレオイメージャーなどを用いて調整した結果をアルバムの曲順に並べたた上で、曲間の調整も可能です。そして、T-RackS上で作られたこのアルバムのイメージをDDPファイルとして出力できるようにもなっているので、そのままCDプレス会社に送ればCDを作れちゃうわけです。

 

Cubaseなどの各DAWから1つずつ呼び出して使うことも可能

中にはLA-2Aや1176など、T-RackS 5の各ユニットを単体でDAW内で使いたい、という人もいるはず。もちろん、そうしたことにも対応しており、VST、AU、AAXとして使える38種類のエフェクトがセットとなったプラグイン集としても利用できるようになっています。また、CubaseやStudio One、Pro Toolsなど各DAW内で一つずつ使うだけでなく、T-RackSのセットとして読み込んで使うことも可能になっています。


T-Racks 5 MAXのダウンロード版の価格は€599.99、61,560円

 

そんなT-Racks 5の最上位バージョンのT-Racks 5 MAXは、IK Multimediaからのダウンロード版が€599.99、日本円で決済可能なbeatcloudの場合、税込み61,560円とそれなりのお値段。先ほどのMODO BASSが€299.99、同じくbeatcloudでのセール品が22,030円ですから、これら2つを買うだけでも結構な金額になりますよね。

 

こうした製品が計94製品入ったIK Multimedia製品の全部入りパックが今回発売されたTotal Studio 2 MAXというわけなんです。全94製品を1つずつを個別に購入していったら130万円以上になるのですが、このパックの形だと90%オフという価格設定になっているのも魅力のポイント。

IK Multimediaの全94製品が詰まったのがTotal Studio 2 MAX

もっとも90%オフといったって、ダウンロード版の価格が€999.99ですから、日本円にして約13万円と、結構なお値段。日本円で決済可能なbeatcloudのダウンロード版で124,200円と、そう簡単には買えない価格なんですが、実はもっと安く購入するワザもあるんです。

AmpliTube MAX、SampleTank MAX、T-RackS 4 MAX、T-RackS 5 MAX、Miroslav Philharmonik 2のいずれかを持っている人の場合、€499.99と半額になり、しかも4月末までは発売記念特価の€399.99。またIK Multimediaの€99.99以上の有償製品の登録ユーザーでも€699.99で、4月末までは€559,99となっているんです。


IK MultimediaのユーザーであればTotal Studio 2 MAXをかなり安く購入可能

 

つまり、すでにMODO BASSなどを持っている人はもちろんのこと、iRig、iRig KEYSシリーズなどを持っている人も半額近くで購入できてしまうわけなんです。だからいきなりフルパッケージを買うより、先に何らかのソフトを買ってからCrossgrade版、Maxgrade版を買うほうが安くなるケースがほとんどです。ライセンス的にはダブってしまうけれど、値段で考えればかなりお得ですよね。

ちなみに、全部入りじゃないけれど、35製品入りのTotal Studio 2 DELUXEというものもあり、こちらは新規ユーザーで€499.99、beatcloudで61,560円となっているので、全部が必要ではないという方はチェックしてみるといいかもしれません。

各プログラムが収録されたUSBメモリーが入ったパッケージ版もAmazonなどから購入可能

なお、ダウンロード量はそれなりファイルサイズだから、ある程度時間はかかります。そのダウンロードが嫌という方はすべてUSBメモリーに入っているパッケージ版を入手するという方法もあるので、自分に合った製品を選んでみてはいかがでしょうか?

※追記
Leslieコレクションなど、Total Studio 2 MAX発売以降に発売された製品はこの中には含まれていません。ご注意ください。

【関連情報】
Total Studio 2 MAX製品情報
Total Studio 2 DELUXE製品情報
MODO BASS製品情報
T-Racks 5 MAX製品情報

【ダウンロード版】
Total Studio 2 MAX  ⇒ €999.99 | 115,000円(税別)
Total Studio 2 MAX Upgrade ⇒ €249.99 | 29,000円(税別) €199.99 | 23,194円(税別)
Total Studio 2 MAX Maxgrade ⇒ €499.99 | 57,000円(税別) €399.99| 45,593円(税別)
Total Studio 2 MAX Crossgrade  ⇒ €699.99 | 80,000円(税別)€559.99 | 64,000円(税別)
Total Studio 2 DELUXE ⇒ €499.99 |57,000円(税別)
Total Studio 2 DELUXE Crossgrade ⇒ €399.99 | 46,000円(税別) €319.99 | 36,796円(税別)
【ボックス版】
Total Studio 2 MAX ⇒ 125,000円(税別)
Total Studio 2 MAX Upgrade ⇒ 31,000円(税別)25,000円(税別)
Total Studio 2 MAX Maxgrade ⇒ 62,500円(税別)50,000円(税別)
Total Studio 2 MAX Crossgrade ⇒ 87,500円(税別)70,000円(税別)
Total Studio 2 DELUXE ⇒ 62,500円(税別)
Total Studio 2 DELUXE Crossgrade ⇒ 50,000円(税別)40,000円(税別)

 

Commentsこの記事についたコメント

7件のコメント
  • カンバックDTMer

    僕はトラックもあまり多く使わないのでCubase Ai とこのセットで十分かなーと思いました。

    2018年3月23日 5:35 AM
  • よくいるやつ

    間違いだったら申し訳ないのですが関連情報のtotal studio 2 maxのurlがdeluxe のものになっていませんか?

    2018年3月23日 2:44 PM
  • NJ

    いつも拝見しております。
    「全部入り」とのことですが、Leslieコレクションは入っていませんよね?
    こちらの記事を見て入っているものと思い購入しましたが入っていませんでした。

    2018年3月23日 11:12 PM
  • 藤本健

    NJさん
    ごめんなさい。Leslie、このTotal Studio 2 MAX発売後に発売されたものなので、入っていなかったようです。ご迷惑をおかけしました。追記しておきます。

    2018年3月24日 11:07 PM
  • TEST

    Leslieコレクションが入っていれば完璧なのになー。
    それでも買う予定だけど。

    2018年3月26日 3:42 PM
  • 通りすがり

    >NJさん
    Leslie目当てだったなら入っているかは確認してから購入すべきでしょう。藤本さんに文句を言うのは筋違いだと思いますが

    2018年3月26日 8:37 PM
  • 藤本健

    通りすがりさん
    ありがとうございます!とはいえ、私も当初Leslieが入っているものだと思ってたくらいだったので、書いた側の私の確認不足があるのは事実です。ほかにも同様の誤解を与えてしまった方もいらっしゃると思いますので、お詫びいたします。

    2018年3月26日 9:03 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です