藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。


カテゴリ: iPad/iPhone

DTM系のアプリが多いのは羨ましいけど、諸々の事情から「iPhoneには移れない」、「Androidがいい」という人は少なくないと思います。「もう少しAndroidにもシンセやシーケンサ、エフェクト、DAWなどが出てくれればいいのに……」と待ちわびていた方も多いでしょう。

お待たせしました。ようやくAndroidもDTM系のアプリが登場しはじめました。まあ、すでにFL STUDIO MobileやAmpliTube、iGrand Piano、SunVox……といったアプリも存在はしていたのですが、ついに本命ともいえる楽器メーカー、KORGがAndroidの世界に参入し、第1弾のアプリ、Kaossilator(カオシレーター) for Androidを発売したのです。見た目も使い勝手もiOS版とほぼ同じで、価格はiOS版の2,400円よりも安い1,980円。しかも2017年1月5日までは発売記念セールとして980円(iOS版も1,200円)と半額になっているんです。実際、どんなものなのか試してみたので、紹介してみましょう。


ついにAndroid版のKaossilatorが登場。いよいよAndroidによるDTM時代が到来 

>>この記事の続きを読む

1990年にKORGから発売されたWAVESTATIONというシンセサイザ・キーボードをご存知ですか?当時22万円という価格で発売されたのを見て、憧れつつも、さすがに手も出せずに楽器屋で触っていたのを思い出しますが、そのWAVESTATIONが先日、KORGからiPad/iPhone版のiWAVESTATIONとして発売されました。

機能、音的には、まさに当時のWAVESTATIONをそのまま再現したものではありますが、使い方という面では、実機とは比較にならない次元で使いやすいものとなっていて、WAVESTATIONが本来目指した世界をこれで存分に実現できるようになっているんです。価格は3,600円と当時の1/60以下。しかも1月5日までは発売記念の特別セールということで2,400円となっているので、まさに今が購入のチャンス。どんなシンセなのか紹介してみたいと思います。


1990年発売のWAVESTATIONがUIを新たにしてiPad/iPhoneベースで復活
>>この記事の続きを読む

いま海外で大ヒットしている日本人開発のシンセアプリ、KQ MiniSynthをご存じでしょうか?これ、実は今年1月にリリースされていたのですが、国内ではほとんど話題になっておらず、私もまったく知らなかったのですが、トンでもなく凄いアプリだったんです。

先日、開発者である雲英亮太(きらりょうた)さんから連絡をいただいて、初めてその存在を知り、実際に試してみて、その強力さ、斬新さ、楽しさに驚かされました。一言でいえば、新しいアイディアがテンコ盛りのモジュラーシンセ。しかも、世界で3番目となるiOSのAudio Unit Extention対応のシンセだったんですね。こんな面白いシンセを見逃していたとは大失敗。まだ助走期間中とのことで年内は480円という破格値だけど、1月には正規価格の2,000円前後になるとのこと。KQ MiniSynthとは、どんなアプリなのか、紹介してみたいと思います。


海外で大ヒット。雲英さん開発のKQ MiniSynth

>>この記事の続きを読む

iPhone7を買うべきか、見送るか、しばらく考えていました。手持ちのiPhone6sから乗り換える価値があるのか、と考えたとき、個人的にはほとんど魅力を感じなかったんですよね。これといって大きな進化を感じられなかったし、やっぱりイヤホンジャックが無くなるというのは、すごく不便じゃないかな、と。

また慣れ親しんだホームボタンが感知式になるというのも気に入らないし、そもそもApple信者でもないのに、毎年10万円近くのお布施をするのはどうなんだろう……と。とはいえ、Androidがまったく楽器になってこない状況を考えれば、やはりiPhoneを離れることはできないし、一応DTMステーションを運営する上において、最新機材を持っておかないと恰好もつかないしな……ということで、今年も買っちゃいました。まだ、入手したばかりで、あまりチェックし切れていませんが、実際、これをDTM用途で使って問題がないのか、試してみたので簡単に紹介していきましょう。


iPhone7を買ってみたので、さっそくDTM系のアプリ、周辺機器をいろいろ試してみた
 
>>この記事の続きを読む

DAWユーザーにとって、外部ミキサーは重要なアイテムではあるけど、なかなかうまい組み合わせ方が見つからない……という人も少なくないと思います。そんな中、先日イギリス発祥のSoundcraft社が発売した12chのミキサー、Signature 12 MTKは、USB接続可能なアナログミキサーであり、DAW側からは14IN/12OUTのオーディオインターフェイスとして見える強力なアイテムなんです。

Lexiconのリバーブなど、高性能なエフェクト22種類を搭載するとともに、アナログ・ミキサーの名機、Ghostのマイクプリを採用したり、各チャンネルには3バンドのSapphyre Asymmetric EQを搭載など、ミキサーとしての性能もかなりグッとくる内容であり、USB接続においてはMac、Windowsはもちろんのこと、iPadでも14IN/12OUTで利用できるのも大きな特徴です。実際試してみたので、これがどんなものなのか紹介してみましょう。


Windows/Macとの連携はもちろん、iPadとも14IN/12OUTで連携可能なアナログミキサー、Soundcraft Signature 12MTK
 
>>この記事の続きを読む

今ごろ見つけたのかよ!」とお叱りを受けそうな気もしますが、つい先日、iPad版のアプリとしてArturiaiSPARKというものが出ているのに気づき、2400円で購入してみました。登場したのは今年の2月だったようですが、さっそく試してみたところ、メチャメチャ便利で強力なドラムマシンですね。覚えている方もいらっしゃると思いますが、これはDTMステーションで3、4年前に何度か取り上げていたArturiaのSPARKSPARK LEのiPad版。何万円もするハードウェアのSPARKやSPAKR LEより、ある意味、使えるドラムマシンなんですよ!

基本的にはArturiaお得意のTAEというエンジンを使って、ビンテージ音源を今に復活させたドラムマシンなんですが、音色は自在にエディットできるし、シーケンサ機能は超強力だし、AudiobusにもInter-App Audioなどにも対応しているから、iPad上の各DAWなどとも自由に連携できるのです。そして、何よりも便利に感じるのはiPad単体で使えるということ。SPARKもなかなか強力な機材ではあったけど、ハードウェアは単なるコントローラに過ぎず、WindowsやMacと接続して使わなくてはならないという面倒さがあったのです。でもiPad単体でどこまでのことができるのか、見ていきましょう。


Arturiaが出すiPad用の強力ドラムマシン、iSPARK
 
>>この記事の続きを読む

先日、東京・多摩センターにあるティアック本社内にあるTASCAMレコーディングスタジオで、ちょっと面白いセミナーが開催されました。音楽投稿アプリのnanaTASCAMがコラボで行った「いい音レコーディング体験しよう!」というもので、少人数参加で行われる約1時間半の体験型講座。

4月にも同様のセミナーが行われており、今回はそのパート2とのこと。2日間に2回ずつ、計4回のセミナーが行われたのですが、私が取材に行ったのは1回目で、ちょうど夏休み期間ということもあり、平日の日中でありながら、女子中学生や女子大生、主婦など5人が参加して、真剣にレコーディングに取り組んでいました。いわゆるDTMユーザーとは明らかに異なる層の人たちだけど、「自分の歌や演奏を、よりいい音でレコーディングして多くの人に聴いてもらいたい」という意味ではまったく同じ。どんなセミナーだったのかをレポートしてみたいと思います。


nana×TASCAM いい音レコーディング体験セミナーでボーカルレコーディングにチャレンジ
 
>>この記事の続きを読む

これまでに膨大なシンセアプリ、楽器アプリが登場してきたiOSの世界。PCのプラグイン音源と違い、アプリを起動すればすぐに音が出るという意味でも簡単で使いやすいのですが、「あのヘッドホン端子から音を出すのはちょっと……」「かといって大きなオーディオインターフェイスを持ち歩くのも……」なんて思っていた方も少なくないと思います。

また「液晶パッドで演奏するなんて論外だし、Lightning端子にUSB-MIDIキーボードを接続したらオーディオインターフェイスも接続できないんだよね」なんて声もよく聞きます。そんなさまざまな問題を一気に解決しちゃおうという、ある意味、決定版的な機材が7月23日、KORGから発売されます。手のひらに収まる小さな機材、plugKEYを一足早く入手したので、紹介してみましょう。


KORGが7月21日より発売するplugKEYを使ってみた!
 
>>この記事の続きを読む

ZOOMから、これまでになかった新発想のUSBオーディオインターフェイスZOOM U-44およびZOOM U-24が発売されました。モバイルでの利用を想定したコンパクトで持ち歩き可能な24bit/96kHz対応オーディオインターフェイスで、ライブステージやDJで非常に大きな効果を発揮してくれるユニークな機材なんです。クリックとオケのバランスを自由にとってモニターしながらプレイできるし、かなり大音量のヘッドホン出力が可能なのが大きなポイントにもなっています。

またモバイル環境でのレコーディングにも便利で、S/PDIFのコアキシャルおよびオプティカルでの入出力にも対応しているのもZOOM U-44の特徴となっています。WindowsやMacでの利用はもちろんのこと、バッテリーやACアダプタを活用することでiPadiPhoneでも利用することが可能で、録音時には+48Vのファンタム電源供給が可能だから、好きなコンデンサマイクを利用できます。さらにPCと接続せずにA/D、D/Aとして利用できるスタンドアロン・モードを装備しているなど、とにかくこれまでにないユニークで便利なオーディオインターフェイスなのです。今回上位機種のZOOM U-44を使ってみたので、紹介してみたいと思います。


ZOOMから発売された新発想のステージ向けUSBオーディオインターフェイス、ZOOM U-44
 
>>この記事の続きを読む

iOSのランキングを見ていて昨日気づいたのですが、イギリスのSupertintinという会社から「テキスト音楽」(TextMusic)という、ちょっと面白くて便利な840円のiPhone/iPad用アプリが出ていました。実際に購入して試してみたところ、これ、数字を使ってフレーズを入力していくツールで、結構素早く打ち込んでいくことができるんですよね。

入力結果はもちろんMIDIファイルとしてエクスポートできるから、電車の中でiPhone使って曲入力をして、「続きはDAWで」といった使い方が可能だから、なかなか便利なんですよ。いわゆる「数値入力」というのとはかなり違い、「MML入力」に近い感覚のもの。どうやって使うのかを紹介してみましょう。


数字で入力していくMIDIシーケンサ、「テキスト音楽」
 
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ