藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。


カテゴリ: DJ/トラックメイキング

6月に「TRANCE系アイドルグループd-girlsのリミックスコンテスト!優勝者は赤坂BLITZでのワンマンで作品披露&ご招待」という記事でもとりあげたTRANCE系アイドルグループのd-girlsd-girlsDTMステーションの共同企画として行ったリミックスコンテストも84件という多くの応募をいただき、無事に終えることができました。

そのリミックスコンテストの結果発表会も兼ねた赤坂BLITZでのワンマンライブ講演には700人もの観客が詰めかけ、大成功。メジャーからリリースされているわけではない、いわゆる地下アイドルですから、正直なところ、こんな大きな会場が埋まるのだろうか……と不安に思っていたのですが、この動員数には驚きました。そのd-girlsのライブについて、DTM的観点から少しレポートしてみたいと思います。


赤坂BLITZで行われたd-girlsのライブには700人の観客が詰めかけた

>>この記事の続きを読む

セールの状況などを見て「そろそろか……」なんて噂も出ていましたが、Native Instrumentsからついに待望の新製品が発表されました。しかもKOMPLETE 12シリーズを中心に、KOMPLETE KONTROL Sシリーズキーボードの弟分となる、KOMPLETE KONTROL Aシリーズ、コンパクトながら強力な機能を持つMASCHINE MIKRO MK3、ゼロから作り直したというTRAKTOR PRO 3やそのコントローラーとなるTRAKTOR KONTROL S2/S3……など、「FOR THE MUSIC IN YOU」のコンセプトの元、一挙に9種類もの製品が発表されたのです。

そのKOMPLETE 12の中には、あのMASSIVEの新バージョンとなるMASSIVE X、またソフトサンプラーのデファクトスタンダードともいえるKONTAKTの新バージョンKONTAKT 6などDTMユーザーにとって非常に重要なものも多数含まれています。数が多すぎるので、個別の紹介については、また改めて実物を入手してからレポートしていきたいと思っていますが、まずは今回のNI新製品の概要について紹介してみたいと思います。


Native Instrumentsが新製品発表会を行い、一挙9製品をリリース


>>この記事の続きを読む

1998年に彗星のように登場し、音楽制作の世界に革命を起こしたDAW、ACID。当時のSonic Foundryというアメリカの会社が開発したソフトでしたが、ループ素材をブロックのように並べていくだけで誰でも音楽制作ができる手法を確立したことは、まさに革命といえる大事件でした。その後、この手法は各DAWに取り入れられていったことは、みなさんもよくご存じだと思います。MacのGarageBandは、ACID初期バージョンの開発者をAppleが引き抜いたことで生まれたというのも、結構有名な話ですよね。

そのACIDの上位バージョンであるACID Proが、9年ぶりとなるバージョンアップを果たし、ACID Pro 8となって発売されました。開発元はSonic FoudryからSony Creative Softwareを経て、現在はドイツのMAGIXに。また国内発売元はソースネクストになっての誕生で、従来同様Windowsのみに対応したDAWとなっています。前バージョンは50,400円と高価なものでしたが、大幅に機能、性能を向上させたのにかかわらず価格は16,390円と1/3の超低価格に。実際、どんなソフトに生まれ変わったのか試してみたので、紹介してみましょう。


9年ぶりとなるACID Proの新バージョン、ACID Pro 8を使ってみた
>>この記事の続きを読む

作曲・編曲となると自信はないけど、リミックスならチャレンジしてみたい…なんて思う方も少なくないと思います。しかもテーマはアイドルが歌うTRANCE系楽曲となったら、結構楽しそうだと思いませんか?そんなリミックスコンテストを、アイドルグループd-girlsの事務所であるFuture Driveが主催、DTMステーションが後援する形で開催することになりました。

提供するマルチトラックのWAVファイルを元に各自リミックスを行い、7月10日までに応募することでエントリーとなります。寄せられた楽曲の中から最優秀作品を、8月13日に予定されているd-girlsのマイナビBLITZ赤坂での単独公演ライブでお披露目し、ここでd-girlsに歌って踊ってもらいます。もちろん受賞者には事前にお知らせするとともに、このライブにご招待。自らリミックスした楽曲のステージをじっくりと味わっていただくという企画となっています。


アイドルグループd-girlsの楽曲リミックスコンテストを実施

>>この記事の続きを読む

ベルギーのImage-Line社が開発するDAWであるFL Studio。昨年のDTMステーションのDAW調査ではシェア5位となっていましたが、Music RaderSynthtopiaなど海外シェア調査ではトップとなることの多い世界的に人気のあるDAWで、とくにEDM制作ツールとして広く使われているようです。1997年にFruityLoopsという名前でリリースされたときから一貫してWindows専用のソフトとして進化してきたFL Studioですが、先日リリースされたFL Studio 20で、ついに正式にMac対応となり、また世界のDAWシェアにも大きな影響を与えそうです。

このFL Studioは、独特なユーザインタフェース、考え方を持つDAWとして進化してきた一方、「ライフタイム フリーアップグレード」といって、FL Studioの新しいバージョンが発売されても、それを永続的に無料でダウンロードで入手できるというのも非常にユニークなところ。各DAWが毎年求めてくる「お布施」が不要なんですよね。しかも、Signature Bundleという上位版が26,460円と手ごろな価格なのも大きな魅力。これを1回買ってしまえば、今後いろいろ利用できるという意味でも優れたツールなんです。ほかのDAWとはかなり違ったソフトでもあるので、改めてFL StudioとはどんなDAWなのかを紹介してみましょう。


Macに完全対応したFL Studio 20

>>この記事の続きを読む

これからアメリカ・アナハイムで行われるNAMM SHOW 2018を見学しに出かけるところなのですが、その数日前。東京で大雪が降るなか、Ableton Japanのオフィスにベルリン本社からプロダクトオーナーのディラン・ウッドさんが来日しました。今回は、NAMMの前に、日本のユーザーに向けてAbleton Live 10の新機能についての紹介をするのが目的での来日とのことで、私もお会いして少しデモをみせていただくことができました。

すでにLive 9ユーザーの希望者はLive 10のベータを入手することが可能なので、実際試した方もいると思います。ただ私自身はまだまったく触ったことがなかったので、今回見るのが初めて。かなりいろいろな機能が追加されているのですが、とくに印象に残ったものをいくつかピックアップして紹介してみたいと思います。


Ableton Live 10をデモしてくれたディランさん

>>この記事の続きを読む

先日「実はCDが売れてないのはメジャーだけ!? 万単位の人が押し寄せ、CDを買い漁る、音系・メディアミックス同人即売会[M3]」という記事でも書いた通り、10月29日にDTMユーザーにとっての祭典ともいえるM3が行われました。そのM3では、アマチュアからプロまで、音楽制作する人たちがブースを出してCDの販売を行う一方で、企業出展エリアにはKORG、クリプトン・フューチャー・メディア、Dotec-Audio、A.O.M.などDTMの世界でお馴染みの企業がいろいろ。

その中で、今回ピックアップするのは、KDJ-ONEを開発するオンラインゲーム企業、サイバーステップです。このサイバーステップのブースでは、量産直前バージョンの実機を触って遊べるようになっていたほか、セミナールームでは、キーボーディストである、お馴染み氏家克典(@Katsunori_UJIIE)さんがKDJ-ONEのデモを行っていたのです。「実際どんな音が出るのか気になる」、「どうやって曲を作るのか知りたい」という人も多いと思うので、当時の様子をビデオで紹介する形でKDJ-ONEについて紹介していきましょう。


M3のセミナールームで行われた氏家克典さんによるKDJ-ONEのデモを紹介

>>この記事の続きを読む

9月29日に発売された待望の機材、Roland Boutique TR-08。すでに多くの方がご存知の通り、これは1980年に発売されたRolandのリズムボックス、TR-808、通称ヤオヤをRoland自ら今の時代に復刻させたもの。RolandのACB(Analog Circuit Behavior)テクノロジーという技術を用いて、アナログ回路を完全に再現させたものだけに、音はまさにホンモノです。

もっともTR-808は、3年前に発売されたRoland AIRA TR-8で、すでに復刻済ではあったものの、新たにチューニングするとともに、なんといってもグッとくるのがこのデザイン。まさに当時の機材のデザインをそのまま踏襲するとともに、コンパクトなサイズに収めているんですね。Roland Boutiqueシリーズは、私もJUNO-106を復刻させたJU-06、モノフォニックシンセ機能を搭載したA-01など、いくつかを個人的に購入していましたが、TR-08も数量限定生産ということだったので、予約して発売日にGETしました。これ単体でも十分楽しめる機材ではありますが、DAWと連携させることで、よりTR-08の威力を引き出すことができることが確認できたので、その手順、方法などを紹介してみたいと思います。


Roland Boutique TR-08をDAWと連携させてみた
>>この記事の続きを読む

Native Instrumentsから新製品が2製品、3モデルが発表されました。1つ目はMASCHINEの新モデルで、オーディオインターフェイス機能を統合したMASCHINE MK3。従来のMASCHINE MK2を大きくブラッシュアップすると同時に、オーディオインターフェイス機能を搭載したことで、これ1台で完結できるようになったのですが、サイズ的には薄くなるとともに、まさかの値下げで、現行機種より1,000円安い、実売価格72,800円(税込)となっています。

2つめはUSB-MIDIキーボードであるKOMPLETE KONTROL Sシリーズの新モデル2つで、49鍵盤のKOMPLETE KONTROL S49(実売価格69,800円)、61鍵盤のKOMPLETE KONTROL S61(実売価格79,800円前後)のそれぞれ。名称は変わっていないようですが、この新モデルではUSBバスパワーで動作するようになると同時に、KOMPLETE KONTROLとの連携だけでなく、VSTi完全対応となったことで、より幅広い利用が可能になったのです。3モデルとも発売は10月6日の予定となっていますが、実機も見てきたので、実際にこれらがどんな製品なのか紹介してみましょう。なお、9月9日放送のニコニコ生放送&Fresh!の番組ではこれら新製品を特集し、実機をお見せしていくので、お楽しみに!


MASCHINE MK3およびKOMPLETE KONTROL S49およびS61が誕生


>>この記事の続きを読む

Serato DJというソフトをご存知でしょうか?これはSerato社が開発するDJソフトでPioneer DJ、AKAI Professional、Numark、Reloop、Roland……とほとんどすべてのDJ機器メーカーがバンドルしているため、事実上のスタンダードといっていいソフトです。

そのSerato DJで培ったノウハウを元に、SeratoからWindows/MacのVSTおよびAudioUnitsで動作するプラグインタイプのサンプラー、Serato Sampleが12,000円で発売されました。サンプラーといっても、いわゆるプレイバックサンプラーとは異なり、現代版ReCycle!といった感じのソフト。つまりオーディオをスライスしたりチョップしたりして、サウンドを自由に組み替えたり再構築できるというユニークなソフトなのです。実際試してみたので、これがどんなソフトなのか紹介してみましょう。


Seratoが新たに発売したプラグイン形のサンプラーソフト、Serato Sample
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ