藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。


タグ:結月ゆかり

すでにご存じの方も多いと思いますが、先日、『紲星あかり』(きずなあかり)というVOCALOIDが発売されました。これはあの『結月ゆかり』を生み出したボカロP集団、VOCALOMAKETS(ボカロマケッツ)が、7年ぶりに手掛けた完全な新作VOCALOIDです。アダルトな雰囲気の結月ゆかりとちょっと異なり、カワイイ歌声の紲星あかりは、Twitter上では、すでに大人気キャラクタになっています。

実は歌う『VOCALOID4 紲星あかり』より、喋る『VOICEROID2 紲星あかり』のほうが4か月早く製品化されており、DTMステーションでも「結月ゆかりに続く、VOCALOMAKETSプロデュースの第2弾キャラクタ、紲星あかり誕生!」という記事で取り上げていました。VOICEROIDとVOCALOIDの両方が揃ったことにより、歌うし喋れる、万能なキャラクタに仕上がったわけです。でも、気になるのはVOCALOMAKETSは、なぜこのタイミングで再びVOCALOID製品を開発することにしたのか、またどのようなコンセプト、どんな経緯で作るにいたったのかという点です。そこで、DTMステーションとしてまさに7年ぶりにVOCALOMAKETSのみなさんにインタビューしてみました。


『紲星あかり』を生み出したVOCALOMAKETSのみなさんにインタビュー

>>この記事の続きを読む

VOCALOIDのキャラクターとして人気を誇る「結月(ゆづき)ゆかり」。これは数多くあるVOCALOIDキャラクターの中で、唯一VOCALOIDユーザー自らが生み出したもので、7人のボカロPさんの集団、VOCALOMAKETS(ボカロマケッツ)がプロデュースし、AHSが発売したというものでした。ご存知の通り、結月ゆかりはVOCALOID 3版が出た後、VOCALOID 4へとバージョンアップ。その一方で、歌うのではなく、喋るエンジンであるVOICEROID版もVOCALOID 3版と同時に登場し、こちらもバージョンアップを繰り返し、現在VOICEROID2版が大ヒットとなっています。

そのVOCALOMAKETSから結月ゆかりに続く第2弾キャラクタとして、「紲星(きずな)あかり」が発表され、本日12月22日より、VOICEROID2版が発売されました。VOCALOID版のほうは現在開発中で、来年の半ばまでには発売予定とのことですが、さっそく喋るソフトである、VOICEROID2版の紲星あかりを使ってみたので、これがどんなものなのか紹介してみましょう。


12月22日に発売になるVOICEROID2「紲星あかり」

>>この記事の続きを読む

何年も前から登場が期待されていた歌うキーボード、VOCALOID Keyboard(型番:VKB-100)がついに12月9日、ヤマハから発売されました。ショルキータイプのポータブルキーボードで、鍵盤を弾くと、予め入力しておいた歌詞を歌ってくれるというもの。初音ミクのほか、MegpoidIA結月ゆかり、そしてVY1と最大5種類のシンガーの声で歌わせることが可能となっているものです。

オープン価格ですが実売価格で税込み37,800円前後と手ごろなのも嬉しいところです。発売前にちょっと試してみたところ、面白い仕組みがいろいろと搭載されており、VOCALOIDファンにとってはもちろんのこと、そうでない人にとってもかなり面白い楽器として仕上がっているので、どんな機能の機材なのか紹介していきたいと思います。


ヤマハからVOCALOID Keyboard VKB-100が発売になった
>>この記事の続きを読む

以前にも何度か紹介してきた音声合成システムの、VOICEROID(ボイスロイド)。株式会社エーアイの音声合成エンジンを利用した株式会社AHSが企画・販売するソフトウェアで、とっても人間的で自然な声で簡単にしゃべらせることができる合成を実現することができる製品です。AHSが手がけているため、結月ゆかり東北ずん子など、同じ声で歌うVOCALOID製品があるのも楽しいところです。

そのVOICEROIDはこれまでに少しずつ進化してきていましたが、このたび初のメジャーバージョンアップを果たし、VOICEROID2となって6月9日より2つのキャラクタ製品「琴葉茜・葵(ことのはあかね・あおい)」、「結月ゆかり」が発売されます。今回のVOICEROID2では感情表現ができるパラメータが搭載され、その設定によって、まったく違ったニュアンスでしゃべるようになったのが大きなポイント。実際どんな製品に仕上がったのか、紹介してみましょう。


感情を表現するパラメータも搭載され、大幅に強化された音声合成システム、VOICEROID2

>>この記事の続きを読む

VOCALOID 4が発売されてから4か月。まだ歌声ライブラリーとしてはヤマハのVY1V4、先日紹介したクリプトン・フューチャー・メディア(以下クリプトン)の巡音ルカV4X、そしてAHSの結月ゆかりと3種類なので(英語版ではCYBER DIVAなどもありますが)、様子見しているという人も少なくないと思います。でも、VOCALOID 4でサポートされたクロスシンセシスグロウルなどは、実際の曲作りにおいてはかなり威力を発揮する機能であり、すぐに導入しても絶対に損のないものです。

先日、私と作曲家の多田彰文さんで運営しているニコニコ生放送番組、DTMステーションPlus!でも、このVOCALOID 4版の結月ゆかりである「純(じゅん)」、「穏(おん)」、「凛(りん)」を取り上げましたが、改めて録画を見ても、なかなか使えるシンガーだと思いました。ニコニコ生放送の場合、アーカイブ機能がないので、歌声紹介部分を切り出してYouTubeにアップしなおして解説するとともに、裏ワザ的活用法も含めて紹介してみましょう。


3種類の歌声ライブラリーで登場したVOCALOID4版の結月ゆかり
>>この記事の続きを読む

これまでもDTMステーションで何度か扱ってきたPiapro Studio。これはクリプトン・フューチャー・メディアが開発したVSTインストゥルメント/Audio Unitsプラグイン型のVOCALOIDエディタです。Piapro Studio自体は単体で発売されているものではなく、VOCALOID3版の歌声ライブラリである初音ミクV3カイトV3、そしてつい先日発売になったメイコV3にバンドルされているというもの。

当初はクリプトンのVOCALOID3の歌声ライブラリでしか利用することができませんでしたが、バージョン1.2.0からは、他社のVOCALOID3歌声ライブラリでも利用可能になったため、すべてのVOCALOIDユーザーにとって非常に強力なツールへと進化しています。実際、どうすれば使うことができるのか試してみたので紹介してみたいと思います。


Piapro StudioでVY1V3や結月ゆかりなどを使う方法を紹介していきます
 
>>この記事の続きを読む

発売後2年が経過して、ますます人気が高まってきているVOCALOIDキャラクターの結月ゆかりVOCALOIDとしてだけでなく、しゃべるシステムであるVOICEROIDがあるから、というのも大きな要因になっていると思います。先日は、発売2年を記念する「結月ゆかり誕生祭2013」なるイベントが渋谷で行われ、ニコニコ生放送で配信されましたが、7,000人を超える視聴者がいたのには驚きました。

そのイベントに私も見学に行ってきたのですが、トークあり、ライブあり、となかなか楽しかったです。で、実はその誕生祭3日前の12月19日、結月ゆかりが新パッケージとなって発売されたのですが、実は、この新パッケージには重大な秘密があることが後から判明!そう、パッケージには一言も書かれていないのですが、これを買うとDAWが無料で入手できるのです。どんなものなのか、紹介してみたいと思います。


左が旧パッケージ、右が12月19日発売となったMac対応もした新パッケージ

>>この記事の続きを読む

DTMで楽曲を作ってはいるけれど、自分で動画を作れないので、YouTubeやニコニコ動画などに投稿できなくて……」という方も少なくないと思います。別に本格的な動画を作らなくても、写真だけを並べてスライドショーにしていくといった方法もありますが、3Dアニメーション動画を一瞬で作ってくれるという、Windows用のスゴいフリーウェアが存在しているのをご存じですか?

キャラミん♪」というソフトがそれ。完成しているWAV、MP3などのファイルを、キャラミん♪へドラッグ&ドロップするだけで、MP3を解析し、その曲のテンポに合わせて、萌えキャラが躍る動画が完成してしまうのです。しかも背景はもちろん、キャラクタも自由に変更に変えることができるというもの。ちょっと紹介してみましょう。


キャラミん♪を使って無料で誰でも簡単3D動画作成だ!
>>この記事の続きを読む

12月22日、VOCALOID3の「結月ゆかり」(発売元:AHS)、「CUL」(発売元:インターネット)が揃って発売一周年のお誕生日を迎えたとのことで、『CUL&ゆかり合同誕生祭2012』が開催され、ニコニコ動画にて生放送が行われました。私もその誕生際の現場に取材で行ってきましたが、その放送の中で「結月ゆかり」の中の人、そう、この歌声の元となった人が公開されたのです。

VOCALOID3の歌声ライブラリーの中でダントツのセクシーボイス、「結月ゆかり」の中の人がどんな人なのか、興味のある方も多かったと思います。以前、「ボカロP、7名のチーム“ボカロマケッツ”が作るVOCALOIDが年内登場」という記事でも、いろいろと話は伺っていたので、私自身もとっても気になっていたのですが、その中の人はプロの声優でオフィスアネモネ所属の石黒千尋さんでした。実は、この放送の数日前に、AHSに伺い、ここでAHSの尾形友秀社長と、石黒さんにインタビューをしてみました(以下、敬称略)。その結果、尾形社長も「初耳だ!」、という新事実も次々と飛び出してきました(笑)。


「結月ゆかり」の中の人、石黒千尋さん

>>この記事の続きを読む

先日、ヤマハが「VOCALOID3の2011年冬モデル商品ラインナップ発表!」ということで、「兎眠りおん」(トネリオン:12月16日発売、9,800円)、「SV01 SeeU」(シユ:12月16日発売、14,800円)、「結月ゆかり」(ユヅキユカリ:12月22日発売、11,800円)、「CUL」(カル:12月22日発売、11,340円)、「IA -ARIA ON THE PLANETES-」(イア:1月27日発売、12,800円)と、これから2カ月の期間に一挙に5本も新たなVOCALOID3製品が誕生することが公開されました。

さらに、昨日12月1日、「結月ゆかり」の発売元であるAHSから、ちょっと面白い発表があったのです。それはVOCALOID3ライブラリとしての「結月ゆかり」の発売と同時に、VOICEROID版の「結月ゆかり」も発売される、というのです。


12月22日にAHSから発売される予定の結月ゆかり
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ