藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。


タグ:AHS

以前にも何度か紹介してきた音声合成システムの、VOICEROID(ボイスロイド)。株式会社エーアイの音声合成エンジンを利用した株式会社AHSが企画・販売するソフトウェアで、とっても人間的で自然な声で簡単にしゃべらせることができる合成を実現することができる製品です。AHSが手がけているため、結月ゆかり東北ずん子など、同じ声で歌うVOCALOID製品があるのも楽しいところです。

そのVOICEROIDはこれまでに少しずつ進化してきていましたが、このたび初のメジャーバージョンアップを果たし、VOICEROID2となって6月9日より2つのキャラクタ製品「琴葉茜・葵(ことのはあかね・あおい)」、「結月ゆかり」が発売されます。今回のVOICEROID2では感情表現ができるパラメータが搭載され、その設定によって、まったく違ったニュアンスでしゃべるようになったのが大きなポイント。実際どんな製品に仕上がったのか、紹介してみましょう。


感情を表現するパラメータも搭載され、大幅に強化された音声合成システム、VOICEROID2

>>この記事の続きを読む

先日、AHSよりVOCALOID(ボーカロイド)およびVOICEROID(ボイスロイド)新製品が揃って発表され、それぞれ10月29日より発売されることになりました。VOCALOIDはVOCALOID4対応の「氷山(ひやま)キヨテル ナチュラル」、「氷山キヨテル ロック」、「歌愛(かあい)ユキ」の3製品、そして、VOCEROIDのほうは「水奈瀬(みなせ)コウ」のそれぞれです。

歌愛ユキ」を除けば、いずれも男性ボイスで歌うソフトしゃべるソフト。とくに「水奈瀬コウ」は、ありそうでなかった男性ナレーションがすぐにできるソフトとして注目を集めているようです。実際の発売を前に各ソフトを入手して試してみたので、どんなものなのかを簡単に紹介してみたいと思います。


男性ボイスのVOCALOID、VOICEROIDが揃って10月29日より発売に
 
>>この記事の続きを読む

DTMステーションでもこれまで何度か取り上げてきていた音声合成ソフトのVOICEROID(ボイスロイド)。歌声合成ソフトのVOCALOIDとはだいぶ違うソフトであり、単純に文章を入れれば流暢な日本語でしゃべってくれるというものです。あまりにも自然なしゃべりで、機械がしゃべっているとは信じられないほどですが、そのVOICEROIDが先日さらに進化していたのです。

AHSが発売するVOICEROIDは、これまで計7製品が出ていましたが、最新版の「琴葉茜・葵」と機能・性能が揃う形に以前の6製品が「VOICEROID+EX」というシリーズ名でリニューアル。声の音質が大きく向上するとともに、機能面でもいろいろと強化されているのです。どんな進化を遂げたのか、紹介してみたいと思います。


VOICEROID製品がVOICEROID+EXとリニューアルして新たに登場した 

>>この記事の続きを読む

東北を応援するキャラクターとして生まれた東北ずん子。2012年9月にしゃべるソフトウェアのVOICEROID+版・東北ずん子が登場した際には、DTMステーションでも記事にして大きな反響になりました。その東北ずん子が、いよいよVOCALOIDとなって6月5日に発売されます。ご存じの方も多いと思いますが、2013年6月にVOCALOID化を目指すクラウドファンディングが開始され、1か月後に目標投資額を達成。その後、AHSの手によってVOCALOID化が進められていたのです。

私もことあるごとに、VOCLOID版の東北ずん子の開発進行状況を伺っていたのですが、いよいよ完成したようなのです。発売までは、まだ3週間程度ありますが、一足早く、ソフトを入手することができたので、どんなものなのか使ってみるとともに、開発の経緯などをAHSの尾形友秀社長に伺ってみました。


VOCALOID版の東北ずん子がいよいよ発売になる


>>この記事の続きを読む

これまでDTMステーションでも何度か取り上げてきた、しゃべらせるソフトウェア、VOICEROID+(ボイスロイド・プラス)。歌わせるソフトウェアであるVOCALOIDとは一線を画すもので、ワープロ上の文書でも新聞記事でもコピー&ペーストで持ってくれば、すぐに自然な音声でしゃべってくれる、とても便利なツールです。

そのVOICEROID+の新製品としてAHSから発表された琴葉茜・葵(ことのはあかね・あおい)は双子のキャラクタとして登場するもので、茜が関西弁、葵が標準語をしゃべるというユニークなソフト。また機能的にもこれまでのVOICEROID+と比較しても強力になり、Windows8にも正式対応するなど、より広い範囲で使えるようになっています。


4月にAHSから発売される「VOICEROID+ 琴葉茜・葵」のうち関西弁をしゃべる茜
 
>>この記事の続きを読む

エントリーユーザー向けのDAWとして人気のMAGIX Music Maker MXがバージョンアップし、Music Maker MX2 Producer Editionとして12月19日より、AHSから14,800円で発売されることが発表されました。通常版のほかにも、結月ゆかりとセットになったボカロパック、教則DVDとガイドブックがセットとなった音楽を始めるパックガイドブック付き……、といくつかのバリエーションがあるのですが、そのガイドブックの監修をさせていただいた関係で発表前のベータ版の時点から使わせていただいていました。

その新しいMusic Maker MX2 Producer Edition、目玉機能はなんといっても、VOCALOIDとの連携機能です。そう、利用できるVSTインストゥルメント=ソフトシンセのラインナップのひとつとしてVOCALOIDが組み込まれているのです!それはいったいどういうことなのか、紹介してみたいと思います。


VOCALOIDとの連携機能を搭載したMusic Maker MX2 Producer Edition

>>この記事の続きを読む

9月5日、ボカロ界隈に激震が走る!」といった情報が先日来、Twitter等で話題になっていましたが、その製品が本日AHSから発表されました。それは9月26日に発売する「キャラミん Studio」という6,980円(ダウンロード版は5,480円)のソフト。一言でいえば、3DとかCGとかがまったくわからない人でも、キャラクターを音楽に合わせて自由自在に躍らせることができるというツールなのです。

VOCALOID曲を作っているけれど、ビデオを作ることができないので、ニコ動やYouTubeなどに楽曲を発表できない…」なんていう人も多いと思います。もちろんVOCALOID曲に限らず、PV制作は難しいし、とくに3Dでキャラクターを躍らせるなんていったら、普通の人にはできませんよね。ちまたにはMMD(MikuMikuDance)という画期的ソフトもありますが、なかなか素人初心者が使えるものではありません。以前、私もちょっと触ろうとはしたものの、難しすぎてまったく分からずに挫折しました。でも、キャラミん Studioを使えば、好きな3Dキャラクターを音楽に合わせて自由自在に躍らせたり、歌詞に合わせて口パクさせることができるというのです。発売前のベータ版をこっそり使わせてもらったので、どんなものなのか、レポートしてみましょう。


AHSから9月26日に発売されるミュージックビデオ作成ソフト、キャラミん Studio
>>この記事の続きを読む

VOCALOID3が誕生して間もなく2年。これまで結月ゆかりIAZOLA Projectなど、VOCALOID3の歌声ライブラリとして新しく生まれたものがいろいろある一方、早々にリリースされたMegpoid V3がくっぽいどV3、そして間もなく登場する初音ミクV3など、VOCALOID2から大きくブラッシュアップする形でVOCALOID3へバージョンアップした歌声ライブラリも存在しています。

ただ、中にはVOCALOID3へのバージョンアップはされず、あえてVOCALOID2製品としてのまま残っているものもいろいろ存在しています。顕著なのがAHSの製品群でしょう。同社ではVOCALOID3製品として結月ゆかりをリリースしているほか、先日もクラウドファンディングの形で、東北ずん子のVOCALOID3化をアナウンスしたばかり。その一方で、SF-A2 開発コード mikiボカロ小学生 歌愛ユキボカロ先生 氷山キヨテル、そして猫村いろはといった製品はVOCALOID2のままで、現在のところVOCALOID3化の予定はないようです。でも、こうしたVOCALOID2製品も、VOCALOID3の恩恵を受けることができる、という事実をご存じですか?そう、単純にVOCALOID2の歌声ライブラリをVOCALOID3へと変換するだけで声質がよくなるのです。


VOCALOID2のライブラリをVOCALOID3にインポートしただけで上手に歌えるようになる!? 

>>この記事の続きを読む

最近、Ustreamなどの生放送番組に呼ばれて出ることが、よくあるのですが、先日、7月6日には、私もときどき見ているAHSが放送している番組、AHS生放送の第23回というのに出演してきました。週刊アスキーでもお馴染みの覆面プロレスラー、菊タローちゃんがパーソナリティーをしている番組で、見ていて結構楽しいので、AHSの尾形友秀社長に「機会があったら、呼んでくださいね」って話をしていたら、本当に声がかかってしまったというのが経緯。

番組中ではAV Watchでも記事にしたWebブラウザ上のシンセサイザ、シーケンサについての紹介をしたのですが、実は個人的にとっても興味を持ったのが、新製品として8月3日に発売されるという映像編集ソフトの「Movie Pro MX」というソフト。見た目も機能もまるでDAWのようなソフトなんです。


まるでDAWという見た目、機能を持つビデオ編集ソフト、Movie Pro MX
>>この記事の続きを読む

先日、ヤマハが「VOCALOID3の2011年冬モデル商品ラインナップ発表!」ということで、「兎眠りおん」(トネリオン:12月16日発売、9,800円)、「SV01 SeeU」(シユ:12月16日発売、14,800円)、「結月ゆかり」(ユヅキユカリ:12月22日発売、11,800円)、「CUL」(カル:12月22日発売、11,340円)、「IA -ARIA ON THE PLANETES-」(イア:1月27日発売、12,800円)と、これから2カ月の期間に一挙に5本も新たなVOCALOID3製品が誕生することが公開されました。

さらに、昨日12月1日、「結月ゆかり」の発売元であるAHSから、ちょっと面白い発表があったのです。それはVOCALOID3ライブラリとしての「結月ゆかり」の発売と同時に、VOICEROID版の「結月ゆかり」も発売される、というのです。


12月22日にAHSから発売される予定の結月ゆかり
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ