藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。


タグ:Megpoid

Singer Song WriterSound it!MegpoidがくっぽいどAbility……数多くのDTMソフトウェアを生み出してきた株式会社インターネット。1988に設立の同社は、今年9月26日、30周年を迎えます。1988年といえばRolandが、ミュージくんを発売した年であり、DTMという言葉が生まれた年。インターネット社は、まさにDTMとともに30年を歩んできたわけです。

そのインターネット社を経営者として、開発者として30年間引っ張ってきたのが代表取締役である村上昇さん。私、個人的にもユーザーとしてほぼ30年を見てきたので、改めて30年と聞いて、感慨深いものがあります。先日、その村上さんと話をしながら、30年間の歴史を振り返ってみたので、その内容をまとめてみました。


インターネット社はPC-9801時代からスタートして今年で30周年を迎える


>>この記事の続きを読む

何年も前から登場が期待されていた歌うキーボード、VOCALOID Keyboard(型番:VKB-100)がついに12月9日、ヤマハから発売されました。ショルキータイプのポータブルキーボードで、鍵盤を弾くと、予め入力しておいた歌詞を歌ってくれるというもの。初音ミクのほか、MegpoidIA結月ゆかり、そしてVY1と最大5種類のシンガーの声で歌わせることが可能となっているものです。

オープン価格ですが実売価格で税込み37,800円前後と手ごろなのも嬉しいところです。発売前にちょっと試してみたところ、面白い仕組みがいろいろと搭載されており、VOCALOIDファンにとってはもちろんのこと、そうでない人にとってもかなり面白い楽器として仕上がっているので、どんな機能の機材なのか紹介していきたいと思います。


ヤマハからVOCALOID Keyboard VKB-100が発売になった
>>この記事の続きを読む

昨年末のVOCALOID4登場の時から、ずっと期待の声が高かったインターネット社のMegpoid(メグッポイド)の新バージョンが、ついに発表され、11月5日から発売されることとなりました。その新バージョンは、NativeNativeFatAdultMellowAdult……と計10種類の歌声ライブラリとなり、さまざまな歌い方のMegpoidを利用できるようになっています。

もちろんVOCALOID4なので、がなり声で歌わせ方ができるグロウルが各ライブラリで利用できるようになっているほか、クロスシンセシス機能を利用することで、NativeとPowerの間の歌声を出したり、AdultからSweetへモーフィングさせるなど、従来ではできなかった、さまざまなことが可能になっているのが特徴です。


合計10種類の歌声ライブラリが揃ったVOCALOID4版のMegpoidが登場
 
>>この記事の続きを読む

Singer Song WriterMegpoidがくっぽいどなどを開発・販売するインターネット社。そのインターネット社が最近また面白い製品をいくつか投入してきています。具体的には、今までのVOCALOIDとはちょっと違う歌声であり、ファルセット=裏声がとってもキレイな「kokone」(心響-ここね)、さらに、喋るバージョンのMegpoidである「Megpoid Talk」。いずれもパッケージ版が2月14日に発売となるのですが、Megpoid Talkのほうはすでにダウンロード版が発売になっており、kokoneは事前予約で安く購入できる「ダウンロード予約キャンペーン」などが実施されているところです。

インターネットの村上昇社長にお願いしてみたところ、kokoneMegpoid Talkそれぞれの評価版を使うことができました。試してみたところ、kokoneはなぜこんな自然に高い声が出せるのか不思議だったし、Megpoid Talkはなぜ文字を入力するとピアノロール状に言葉が音符になって表記されるのか、どうしてVSQXファイルの生成ができるのかなど、疑問に思うことがいっぱいです。そこで大阪にいる村上社長にSkypeを使ってインタビューしてみました。


ファルセットボイスがキレイな新VOCALOID kokoneが登場。イラストは、あっきー一人さん 
 
>>この記事の続きを読む

VOCALOIDの歌声ライブラリに英語版が存在することはご存知の方も多いと思いますが、実際に使ったことのある方は少ないのではないでしょうか?実は私自身もまったく使ったことが無かったのですが、最近になっていくつかのライブラリが登場してきています。中でも気になるのが、私もよく使っているMegpoidの英語版ライブラリ、「Megpoid English」が発表されたことです。

以前から開発元であるインターネット村上昇社長から、「作っている」という話は聞いていたのですが、ついに2月28日に発売されることになりました。一足先に、ちらっと使わせてもらったのとともに、これがどんなものなのか、村上社長に電話で話を聞いてみました。


2月28日に発売されるMegpoid English
>>この記事の続きを読む

先日のニコニコ超会議の「超ボーカロイドエリア」において行われた、ボーカロイド関連の発表会。ここでインターネットが、ちょっと面白いVSTプラグインの新製品を発表しました。同社サイトから、無料でダウンロードできるFormant Shift VST(フォルマントシフトVST)という、Windows用のエフェクトです。

本日5月1日からダウンロード配布開始とのことですが、ニコニコ超会議の会場で同社の村上昇社長にお願いして、一足先にダウンロードさせていただいたので、これがどんなものなのかを簡単に紹介したいと思います。


ニコニコ超会議でプレゼンテーションする村上昇社長
>>この記事の続きを読む

先日の記事「V3版Megpoid NativeってV2版と何が違うか、村上社長に聞いてみた」でMegupoid Nativeについて紹介しましたが、そのMegpoid Nativeがいよいよ3月16日に発売されます。実はその発売に先駆けて、ダウンロード版を入手してしまいました。中身を見ると、通常のインストーラとは別に、特別付録として、テクニックや裏技を解説するガイドブック「VOCALOID3 Megpoid Nativeテクニックガイド【VSQXファイル付き】」なるものがついているんです。

パッケージ版の場合は、印刷・製本されたガイドブックのようですが、このダウンロード版の場合はPDFという形で入っています。中を見ると、これがなかなか、「すごーい」と思う技が満載だったのです。「記事で公開したらダメ」とのお達しではあったものの、なんとかお願いした結果OKが出たので、その中身をちょっとだけ紹介してみます。


>>この記事の続きを読む

どんどんとラインナップが増えるVOCALOID3ライブラリですが、昨年10月21日に一番最初に登場したもののひとつがMegpoidでした。ご存知のとおり、これはVOCALOID2版のMegpoidのバリエーションという位置づけでAdultPowerSweetWhisperの4種類のバリエーションが一気に登場しました。

そのMegpoidに新たなライブラリが追加されることが発表されました。発売は3月16日。といっても今回登場するのは、まさにオリジナル版ともいえるMegpoid Native。これは、VOCALOID2版と何が違うのか、どのタイミングでレコーディングしたものなのか、価格的にどうなのかなど気になることもいっぱい。実は、今回の発表に先駆けてインターネットの村上昇社長(以下敬称略)に話を聞くことができたので、インタビュー形式で紹介してみましょう。


3月16日に発売されるMegpoid Native
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ