藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。


タグ:NativeInstruments

ホラー映画やホラーゲームにおいて、非常に重要な役割を果たすのがサウンドです。静けさの中で「ギーッ…」と開くドアの音、突然の「ガタッ」という物音……背筋が凍るような気がします。もちろん、効果音だけでなくおどろおどろしい不気味さを持った音楽というのも非常に重要なキーとなっており、映像と音をマッチさせることで恐怖を表現することができます。そうしたホラーサウンドは、どのようにして作られているのでしょうか?

先日、国際的な電子音楽とデジタルアートの祭典「MUTEK.JP 2017」が開催されましたが、その中の特別セミナーとして行われた「NATIVE SESSIONS - BEHIND THE SCENES OF BIOHAZARD 7」において、12月14日に配信予定のサバイバルホラー「バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション」に関する制作舞台裏を開発元のカプコンのサウンドチームが明かしてくれました。ここではフォーリーと言われる効果音レコーディングやクリーチャーボイス(モールデッドの声)の収録の実演、さらにはNative InstrumentsKONTAKTをベースに、カプコンが独自開発した音源、REMM(Resident Evil Music Modular)を用いた音楽制作など、普段見ることができないゲームサウンド制作の裏側を見ることができたので、その概要について紹介してみたいと思います。


先日、日本科学未来館で行われたMUTEK.JP 2017の特別セミナー、「Native Sessions-Behind the Scenes of BIOAHAZARD 7
>>この記事の続きを読む

DTMステーションとしては初の試みとなるのですが、Amazonとコラボする形で、DTM製品のお買い物企画を実施することになりました。第1弾として行うのは、これからDTMを始めてみよう、という初心者の方にとってお勧めのハードウェア機材やソフトウェアを紹介するとともに、セットで購入すれば普段より結構安く入手できるという特典付きの企画です。

これはDTMステーションのサイト側でDTMお勧めセットを紹介する一方で、Amazonサイト側でも『さあ、DTMをはじめよう』というタイトルの元、DTMステーションお勧め機材を数多くピックアップしていくというもの。DTM初心者の方はもちろん、中・上級ユーザの方、またプロミュージシャンのみなさんにとっても、いろいろな発見があるのでは…と企画となっています。初回となる今回は、DTM製品選びの基本的な考え方をお伝えするとともに、DTMステーション×Amazonのオリジナルセット商品3つを紹介してみたいと思います。


DTMステーションとAmazonが共同で行うコラボ企画を開始しました!

>>この記事の続きを読む

Native Instrumentsから新製品が2製品、3モデルが発表されました。1つ目はMASCHINEの新モデルで、オーディオインターフェイス機能を統合したMASCHINE MK3。従来のMASCHINE MK2を大きくブラッシュアップすると同時に、オーディオインターフェイス機能を搭載したことで、これ1台で完結できるようになったのですが、サイズ的には薄くなるとともに、まさかの値下げで、現行機種より1,000円安い、実売価格72,800円(税込)となっています。

2つめはUSB-MIDIキーボードであるKOMPLETE KONTROL Sシリーズの新モデル2つで、49鍵盤のKOMPLETE KONTROL S49(実売価格69,800円)、61鍵盤のKOMPLETE KONTROL S61(実売価格79,800円前後)のそれぞれ。名称は変わっていないようですが、この新モデルではUSBバスパワーで動作するようになると同時に、KOMPLETE KONTROLとの連携だけでなく、VSTi完全対応となったことで、より幅広い利用が可能になったのです。3モデルとも発売は10月6日の予定となっていますが、実機も見てきたので、実際にこれらがどんな製品なのか紹介してみましょう。なお、9月9日放送のニコニコ生放送&Fresh!の番組ではこれら新製品を特集し、実機をお見せしていくので、お楽しみに!


MASCHINE MK3およびKOMPLETE KONTROL S49およびS61が誕生


>>この記事の続きを読む

Cubaseのスペシャリストとしてお馴染みの青木繁男さん。「YAMAHAのビデオで見た」、「Cubase関連のイベントでセミナーをしていたのを見かけた」……といった方も多いのではないでしょうか?その青木さんの本職は、超売れっ子のプロデューサーであり、アーティストのプロデュース、楽曲提供、アレンジ、ミックス、ライブマニピュレーターなどさまざまな業務をこなされています。普段、青木さんのTwitterを見ていても日々全国を飛び回りながら仕事をされて「これだけ忙しい人もいないのでは?」と思うほど。

先日、その青木さんの自宅スタジオに伺いし、実際どんなマシン環境を使い、どんな音源を利用して仕事をされているのかなどいろいろ聞いてみました。もちろんDAWは最新のCubase Pro 9で、制作用に使っているのはカスタマイズされたハイスペックなWindows PC。音源はいっぱい入っているけれど一番多様しているのはNative InstrumentsKOMPETELE 11 ULTIMATEとのことでしたが、なかなか知れない面白いネタもいっぱいだったので、インタビュー形式で紹介していきましょう。



Cubaseのスペシャリストとして誰もが知っている青木繁男さんの自宅スタジオで話を伺った
>>この記事の続きを読む

DAWが何であれ、音楽制作する上で、まさにデファクトスタンダードとなっているツールといえば、Native InstrumentsKOMPLETEですよね。プロユーザーはもちろん、ハイエンドDTMユーザーなら、ほとんどの人が使っているKOMPLETEですが、標準版のKOMPLETE 11が69,800円、上位版のKOMPLETE 11 ULTIMATEになると139,800円とDAWより遥かに高価になるため、「自分には無縁なもの……」なんて思っている人も少なくないのではないでしょうか?

でも、KOMPLETE 11 SELECTというエントリー版が24,800円で販売されているって知ってましたか?ここにはMASSIVEをはじめとするプロ御用達音源が11種類入っており、全DTMユーザーにとって即役立つセット製品となっています。しかも、Native InstrumentsのハードウェアであるMASCHINEシリーズや、KOMPLETE KONTROL Sシリーズを購入すると、KOMPLETE 11 SELECTが付属してくるという仕組みも用意されているんです。ちょうど私も年末にそのKOMPLETE KONTROL S25を購入して、KOMPLETE 11 SELECTをGETしたところ。まだKOMPLETE 11 SELECTについて知らない人も多いようなので、改めて紹介してみたいと思います。


Native InstrumentsのKOMPLETE 11シリーズのエントリー版、SELECTは手頃な価格ながら非常に強力 
>>この記事の続きを読む

Native Instrumentsの「MASCHINE」。リアルタイムパフォーマンス用にDJの人たちがプレイする一方で、DTMにおける音楽制作においてもMASCHINEを積極的に活用する人が増えてきており、気になっている人も多いと思います。でも、「Native InstrumentsのKOMPLETEのほうはよく知ってるけど、MASCHINEってイマイチよく分からない」……なんていう人も少なくないのではないでしょうか?

まさにそんな人たちのために誕生したのがMASCHINEのエントリー機ともいえる、iPhone/iPad用のアプリ、iMASCHINE2です。先日、ニコニコ生放送のDTMステーションPlus!のほうでもiMASCHINE2を特集したのですが、これはMASCHINEを知る上で役立つというレベルではなく、これ1つで音楽制作も可能だし、出先や電車の中などでも即音楽制作に取り掛かれるとっても便利なアプリ。しかもMASCHINEを持っていれば、iMASCHINEで作ったプロジェクトやサンプリング素材を手軽に受け渡して続きの作業をPCでできるなど、強力な連携機能も持っているんですね。かなり豊富な機能を持ったアプリなので、その内容について紹介してみたいと思います。


iMASCHINE2はiPad、iPhoneでMASCHINEの世界を存分に味わえる1,200円のアプリ
 
>>この記事の続きを読む

楽器はぜんぜん弾けないんだけど、何か音楽を作ってみたい」、そんな思いでDTMの世界に入ってくる人も多いと思います。もちろん、打ち込みで音楽を作っていくというのも重要な手段ではあるのですが、Native Instrumentsから、楽器が弾けない人でも使える、まったく新しい音楽制作手法といってもいい、不思議なツールが誕生しました。

先日発売されたばかりの12,800円の音源、FLESHというのが、それ。FLESHはリズム音を元の音源として利用しながら、これをベースラインやリフ、メロディー、パッドなどに変換していくユニークなアイディアの音源なんです。元となる音源は、サンプル素材を利用してもいいし、机を叩いた音やマイクから録った口ドラムなんかでもOK。実際どんなことができるのか、紹介していきましょう。


リズムを元に音楽を作り出してしまうという画期的ツール、FLESH
 
>>この記事の続きを読む

2008年~2010年に「GOLDFINGER's KITCHEN」という伝説のイベントが行われていたのをご存じですか? これはAKAIMPCなどのサンプラーを利用してトラックメイクをしていくワザを競い合うというもの。その場でお題として与えられた素材をサンプリングし、それをスライスしたり、チョップした上で、ライブパフォーマンスとして、オリジナルの音楽として即興演奏し、誰が一番うまいかを決めていくというユニークなイベントでした。

それから5年、トラックメイキングの手法も当時のスタンドアロン機材で行うものからPCベースのものへと大きく変化してきましたが、その新環境で競い合う現代版のGOLDFINGER's KITECHともいえる「ACHIVEMENT LIVE PERFOMRMACE BATTLE」なるイベントが年末に行われることが決まり、現在広くエントリーを募集中です。条件はAKAI ProfessionalMPCシリーズか、Native InstrumentsMASCHINEを使用する、ということになっているのですが、どんな内容のものなのかを紹介してみたいと思います。


MPCおよびMASCHINEを使ったライブパフォーマンスバトルが12月に開催される
 
>>この記事の続きを読む

すでにネットにリーク記事などが出ていたのでご存じの方も少なくないと思いますが、9月2日、Native InstrumentsからKOMPLETEの新バージョン、KOMPLETE 10(標準価格59,800円、アップデート価格22,800円)、上位版のKOMPLETE 10 ULTIMATE(標準価格119,800円、アップデート価格45,800円)が登場するとともに、完全な新製品としてKOMPLETE KONTROL S-SERIESなるNI初のUSB-MIDIキーボードが発表されました。

いずれも国内での発売は10月1日が予定されているのですが、とくに気になるのが、KOMPLETE KONTROL S-SERIESというのが何モノなのか、という点です。61鍵のKOMPLETE KONTROL S61(標準価格79,800円)、49鍵のKOMPLETE KONTROL S49(標準価格69,800円)、25鍵のKOMPLETE KONTROL S25(標準価格59,800円)の3種類が登場し、いずれもハードウェア単体の製品であって、KOMPLETE自体とのバンドルパックは存在しません。そのKOMPLETE KONTROL S-SERIESを発表前にこっそりと、実物を見てきたので、紹介してみましょう。


KOMPLETE KONTROL S61とS25
 
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ