Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ
  • SONICWIRE取扱製品15,000タイトル突破記念イベント『SONICWIRE CREATIVE WEEKS 2020』が開催中。特別ウェビナーや楽曲コンテストを実施

10月30日~11月20日の間、SONICWIRE取扱製品15,000タイトル突破記念イベント「SONICWIRE CREATIVE WEEKS 2020」が開催されています。これは、特別ゲストによるウェビナーや豪華景品がもらえる楽曲コンテスト、プレゼントキャンペーンなど、3週間かけて行われるイベントとなっています。ウェビナーは、青木征洋さんによる「劇伴&ゲーム音楽にはこれ一択。最強ドラム音源『SUPERIOR DRUMMER 3』の紹介」やサカタコスケさん × Rock oN SCFED伊部さんによる「ミキシング&マスタリング講座」など、週に3、4本ペースで行われ、誰でも無料で参加することが可能です。

楽曲コンテストでは、今回DTMステーションも審査員として参加するので、ぜひ多くの方からの応募があれば……と期待しているところです。楽曲コンテストの最優秀賞作品には、SONICWIREで使える10万円の商品券が送られるほか、各審査員からの特別賞も用意しています。すでにTwitterでフォロー&リツイートキャンペーンもスタートいるので、ご存知の方も多いと思いますが、改めてSONICWIREの「CREATIVE WEEKS 2020」について、楽曲コンテストの応募方法なども含め、紹介してみましょう。

Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ


SONICWIREは、初音ミクの発売元でもあるクリプトン・フューチャー・メディアが運営している、サウンド素材・効果音・BGMやシンセ・ドラム・オーケストラなどのソフトウェア音源を販売しているサイト。そのSONICWIREが、この度取扱製品数15,000タイトルを突破したことを記念して10月30日から「SONICWIRE CREATIVE WEEKS 2020」というイベントがスタートしています。

このイベントで行われている主なコンテンツは、以下の4つ。

・プロダクトの使い方から、音楽配信手段などに関する、ウェビナー
・DAWを使って制作された楽曲を広く募る、コンテスト
・Twitterプレゼントキャンペーン
・楽曲を配信したり、販売する手段の提供

すべてのコンテンツがオンラインで行われているので、場所に関わらず参加することが可能です。そして「SONICWIRE CREATIVE WEEKS 2020」のイベントテーマは、「クリエイターを支える」ということもあり、クリエイターにとって嬉しい内容になっています。

では、まずウェビナーから具体的に見ていきましょう。ウェビナー配信を見るには、「SONICWIRE CREATIVE WEEKS 2020」(※サイトURL)にアクセスすると、ここから視聴できるようになっています。いずれも、無料で参加可能。ウェビナーのスケジュールとウェビナー講師の方々は以下の通りです。

SONICWIRE15,000タイトル突破記念配信! SONICWIREスタッフ
自分の楽曲をSpotifyやApple Musicなどで配信できるサービス「ROUTER.FM」解説! SONICWIREスタッフ
配信者が使うべき「声をカッコよく」するプラグイン! せらみかる氏
劇伴&ゲーム音楽にはこれ一択。最強ドラム音源『SUPERIOR DRUMMER 3』の紹介 青木征洋氏
トラックメイクにおけるローエンドの重要性に迫る BIGHEAD氏
ミキシング&マスタリング講座! サカタコスケ氏 × Rock oN SCFED伊部氏
ギタリストがシンセサイザー音源(SERUM)を使って、作曲のノウハウを伝授! 菅波 栄純氏(THE BACK HORN)
ダウンロードカードでお手軽ライブ物販をやってみた! COMiNUM氏
DTM初心者や大人も楽しめるガジェット「ピコトンズ」で遊んでみた。 SONICWIREスタッフ

ウェビナーは週に3、4本ペースで行われ、どれも、なかなか興味深い内容になっています。

次に楽曲コンテストについてです。これは自分がDTMで制作した楽曲を応募し、入賞すればさまざまな賞品がもらえるというもの。その応募条件は、とっても緩いもので、「DAWを使って作った楽曲であれば、どんなジャンルでもOK!」となっています。もちろん、これから作ってもいいですが、過去に作った楽曲でも問題なし。プロ・アマ問わず誰でも参加可能です。

応募する際は、応募フォームに1種類以上使った音源を記入し、drop boxにMP3/WAV/AIFFでアップロードした楽曲のリンクを貼ってください。細かい募集要項やルールは、「楽曲コンテストサイト」から確認していただきたいのですが、楽曲の長さは2~3分以内、未公表のオリジナル作品限定となっているようです。楽曲コンテストの応募受付時間は、2020年10月30日~11月30日の1か月となっており、その後審査が12月上旬、結果発表が12月中旬~下旬というスケジュールになっています。

気になる賞品ですが、最優秀賞作品には、SONICWIRE取扱製品10万円分の商品券、優秀賞作には2万円分の商品券となっているほか、審査員による特別賞が用意されています。冒頭でもお伝えしたとおり、DTMステーションも審査員として参加するのですが、そのDTMステーション賞は2万円分の商品券とUJAM Virtual Bassist DANDYです。Virtual Bassist DANDYは、以前「ソウルやブルースなど、グルーブ感あふれるベースフレーズを誰でも簡単に制作・演奏できるUJAMのVirtual Bassist DANDYが誕生」という記事で紹介したことのある、まったくベースを弾いたことがない人でも、グルーブ感のあるベースラインを簡単に作れるというプラグインで、Virtual Bassistの最新作となっています。ほかにも青木征洋さんによるPLAYLOUD賞やJSPA賞、sleepfreaks賞なども用意されてます。

最優秀賞(1名) SONICWIRE取扱い製品
100,000円分
DTMステーション賞(1名) SONICWIRE取扱い製品
15,000円分
UJAM Virtual Bassist DANDY
PLAYLOUD賞(1名) SONICWIRE取扱い製品
20,000円分
PLAYLOUDでの配信権
JSPA賞(1名) SONICWIRE取扱い製品
20,000円分
シンセサイザー界の重鎮が楽曲についてレビュー
sleepfreaks賞(1名) SONICWIRE取扱い製品
10,000円分
SERUM

また現在Twitter上では、SONICWIRE 公式(@cfm_sonicwire)アカウントをフォロー、対象ツイートのリツイートで、SMART:REVERBEZ BASSSUPERIOR DRUMMER 3がもらえるキャンペーンを実施しています。これらは、先日Twitter上で行われたユーザーアンケートで決定した製品。Twitterのアカウントさえあれば、誰でも簡単に参加することができます。こちらの期間は、「SONICWIRE CREATIVE WEEKS 2020」と同じく10月30日~11月20日となっているので、ぜひチェックしてみてください。

一方、SONICWIREの運営元であるクリプトン・フューチャー・メディアは、ROUTER.FMというApple MusicやSpotify、Amazonなど、世界中の音楽配信サービスに配信できるサービスも展開しています。つまり、ROUTER.FMを利用することで自分の楽曲を各音楽配信サービスの作品として載せることができるのですが、これにおいてもTwitterを使ったキャンペーンがを実施中。こちらもアカウント(@routerfm)をフォロー、特定のツイートをリツイートすることで、無料で配信できるクーポンを20名にプレゼントするという内容になっています。

さらにクリプトン・フューチャー・メディアが展開するカード型の音楽メディアSONOCAに関してもオーダーが15%オフになるクーポンコードをイベントページから入手することが可能。SONOCAに関しては以前「同人もCDからカード&ダウンロードの時代へ。クリプトンのSONOCAが秀逸」という記事で紹介したことがありましたが、とってもユニークで便利なサービス。この記事は4年前なので、最近かなり進化しているようですが、また改めて最新状況などレポートできればと思っているところです。

以上、「SONICWIRE CREATIVE WEEKS 2020」を紹介しました。 SONICWIREがスタートしたのは、2007年11月29日。13年の実績をもつサイトであり、国内最大級のタイトル数を誇る販売サイト。ウェビナーをはじめ、楽曲コンテスト、プレゼントキャンペーンなど、空いた時間で参加できると思うので、「SONICWIRE CREATIVE WEEKS 2020」をぜひ楽しんでいただければと思います!

【関連情報】
SONICWIRE CREATIVE WEEKS 2020サイト
楽曲コンテストページ
SONICWIREサイト
ROUTER.FMサイト
SONOCAサイト