Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

ダンスのための音楽を初心者が1時間で作曲。ビデオも完成!

先日掲載したACIDのBeatmapperの記事を読んだ知人を通じて、ちょっと変わった依頼が寄せられました。依頼主はルージュというダンスチームのメンバー、山田みなみさん。普段は都内の劇場やステージなどで活動しているそうなのですが、もしダンス用のオリジナルソングが簡単に作れるなら試してみたい、というのです。

なんか面白そうなので、これは記事ネタになるかもと、一度会って実際に彼女の曲作りのチャレンジを支援してみることにしました。ソフトは何でもよかったのですが、せっかくならキッカケとなったACID Music Studio 8を使ってみることにしたのです。

今回、初のDTMにチャレンジした山田みなみさん


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ


今年4月に大学を卒業したという山田さん。現在15人程度いる女性チームであるルージュで踊りつつ、アルバイトをする生活とのこと。このルージュには音楽監督もいて、ジャズ系の曲を中心にオリジナル音楽を作ってもらっているけれど、もし自分でも音楽が作れたらもっと面白いかも……という思うようになったそうです。

ACIDに向かって、いざ音楽制作をスタート

とはいえ、山田さん自身は楽器を弾いた経験もあまりないし、実はPCも自分のは持っていない。けれど、その知人にそそのかされて、チャレンジすることになったわけです(笑)。最初に会って、話をしたとき、Beatmapperでの記事のように、既存の曲をアレンジしようか、という話をしていたのですが、「今後、実際に使うことを考えると、できれば著作権で問題がないものがいい」というので、「じゃあ、ゼロから作ってみようか」ということになったのです。


ACIDに入っている3,000を超えるループから気に入った素材をピックアップ

もちろん、こんなソフトを使うのは初めてだったため、3分ほど使い方をレクチャーした後、気に入ったループを選んで、トラックに並べていってもらいました。いきなりカッコイイ音が出てきて、彼女もちょっとビックリ。「最初にドラム、続いてベース、ギターなどを並べていくと作りやすいよ」といったアドバイスはしつつ、素材選びやループを並べるのはすべて自分でやってもらうことにしました。


操作していくうち、前のめりになっていく山田さん

普段、ヒップホップっぽいR&Bを聴くことが多いという山田さんですが、ここで選んだのは、ちょっとファンクっぽいサウンド。やりだすと、かなりハマったようで、表情も真剣。「どう進行していけばいいのか、よく分からない」というので、お題を作ることにしたのです。そう、ダンスのデモ用ということなので、「曲は2分。途中で曲調を変えて、最後に元に曲調に戻すという流れにしよう」というものです。


クロスフェードの設定などはちょっとお手伝いを… 

4小節ずつをブロックにすると扱いやすい」、「曲調を変えるところでは、思い切り違う雰囲気の素材を選んだほうが面白い」、「途中にブレークを入れると分かりやすいのでは…」なんてヒントは出していきましたが、音がだんだん厚くなって、それっぽくなってくると「面白~い!」の連発。曲調を変えるところはクロスフェードをかけるとよさそうと思って、そこだけは手伝いましたが、それ以外はほぼ山田さん自身の操作。最後のフェード処理とCDに焼く処理を私がして、実作業1時間ほどで完成


およそ1時間で完成したプロジェクト 

聴いてもらうと分かるとおり、コードチェンジは一切なし。曲調は途中で変化させていますが、テンポも一定です。またミキシングも凝ったことはまったくしておらず、山田さんに感覚で各トラックの調整を多少してもらった程度で、1曲を通して固定となっています。でも、初めてで、かつ1時間で作った割に結構、高い完成度なんじゃないかな、と!


ミキサーは感覚で簡単にバランス調整をしただけ

当初、こうやって作った作品を「素人が初めて作った楽曲として公開しよう」と思っていたのです。が、作りながら話しているうちに、ちょっと面白い展開に。そう、「せっかく自分で作ったから、ダンス作品にしてみたい」というのです。だったら、それをビデオで撮影して公開したら面白いのでは……、なんて話に発展し、一旦家に持ち帰って振り付けを考えてきてもらうことにしました。

私自身は、ダンスなんてまったく分からないので、1、2週間かかるのかな…と思っていたら、翌日に電話があり「できました!」と。こちらもそんなに余裕はなかったので、改めて数日後にアポをとって、そのダンスを披露してもらいました。それが、このビデオです。どうですか!結構すごいでしょ!

実はこのビデオは私の友人に助っ人で入ってもらって作っています。CANONの一眼レフを使ってHD撮影しているのですが、複数回踊ってもらったものを、3つのアングルで撮って、切り替えながらつないでいます。編集に使ったのはACIDの兄弟ソフトであるVegas Movie Studio Platinum Edition。こちらは友人にお任せ状態でしたが、約2時間で完成してYouTubeにアップしています。

ビデオは私の友人に頼んでVegasで作ってもらった
こんなことができるなら、やっぱりなんとかしてパソコン手に入れたいです」。ってそこからか(笑)、という思いもありますが「こんな曲が欲しいなというイメージがわいたら、きっと一晩中夢中になっちゃいそうです」と山田さん。

DTMとダンスって結構、親和性がいいのかもしれません。
【関連サイト】
ルージュ公式ブログ
ルージュ(遊々団ブランシャ)

【価格チェック】
◎ソースネクスト ⇒ ACID Music Studio 11
◎ソースネクスト ⇒ ACID Pro 9
◎ソースネクスト ⇒ ACID Pro NEXT
◎ソースネクスト ⇒ ACID Pro NEXT Suite
◎ソースネクスト ⇒ VEGAS全商品パック
◎ソースネクスト ⇒ VEGAS Pro 17 Edit
◎ソースネクスト ⇒ VEGAS Pro 17
◎ソースネクスト ⇒ VEGAS Pro 17 Suite
【関連情報】
ACID MUSIC STUDIO 11製品情報

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です