Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

数字で入力するiOS用MIDIシーケンサ「テキスト音楽」が結構便利!

iOSのランキングを見ていて昨日気づいたのですが、イギリスのSupertintinという会社から「テキスト音楽」(TextMusic)という、ちょっと面白くて便利な840円のiPhone/iPad用アプリが出ていました。実際に購入して試してみたところ、これ、数字を使ってフレーズを入力していくツールで、結構素早く打ち込んでいくことができるんですよね。

 

入力結果はもちろんMIDIファイルとしてエクスポートできるから、電車の中でiPhone使って曲入力をして、「続きはDAWで」といった使い方が可能だから、なかなか便利なんですよ。いわゆる「数値入力」というのとはかなり違い、「MML入力」に近い感覚のもの。どうやって使うのかを紹介してみましょう。


数字で入力していくMIDIシーケンサ、「テキスト音楽」

Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

『テキスト音楽』って、このベタなタイトルどうなの?」と思ってApp Storeの説明を読んでみたら、メチャメチャな日本語。どう考えても自動翻訳の日本語だなと思って、試しに英タイトルの「Text Music」をGoogle翻訳にかけてみたら、やっぱりですね(笑)! 翻訳結果が「文章音楽」じゃなくて、少しはマシだったかな……なんて。こんな変な日本語説明だったら、かえって英文のままのほうが分かりやすかったのでは、と思ってしまいますが、アプリとしては、なかなかよくできたツールです。


イギリスのアプリ、「Text Music」はGoogle翻訳?によって「テキスト音楽」と命名された模様 

 

「数値入力」ではなく、まさに「数字入力」。「1234567」と入力すると「ドレミファソラシ」と鳴ってくれるんですよね。その昔、8ビットパソコンなどで使った「CDEFGAB」と入力すると「ドラミファソラシ」と鳴ってくれたMML=Music Macro Languageにかなり似た感覚のソフトなんです。

 

まずは、以下のビデオをご覧ください。

 

 

これで、だいたい雰囲気は分かったのではないでしょうか?iPhoneやiPadのキーボードからテキストのように音符を打ち込んでいくわけですが、それを数字で入力するんですね。オクターブの指定は、数字の上下に付く「・」で行うようになっているのですが、キーボードもそれが簡単に入力できるようになっています。


オクターブ指定は数字の上下の「・」で行う 

 

実際に試してみるとわかりますが「テキスト音楽」上では、1オクターブ上の場合、数字の上に「・」が1つ、2オクターブ下なら数字の下に「・」が2つ表示されますが、実際の文字としては「1’」(1オクターブ上のド)とか「1:」(2オクターブ下のド)のように記号と組み合わせた文字となっており、テキストエディタとのコピー&ペーストも可能になっています。


音符の長さの関係図 

 

では、音符の長さの指定は、どうするのでしょうか? 基本的に一つの数字で表す音の長さは4分音符となっています。これを2分音符にする場合には横に「-」を、全音符にするならば「—」と3つ付けます。反対に8分音符にする場合には、数字の下に「_」を1つつけ、16分音符なら2つ付けるといった具合。この長さを表にするとこのような感じですね。一方で、休符は「0」で表せるほか、もちろん「#」や「b」も使うことができますよ。


和音も含め、こんな感じでデータ入力していく 

 

では、和音はどのように指定するのでしょうか?これがMMLとは大きく異なるところで、この「テキスト音楽」が優れたところというか、より音楽的なところなのですが、大きく2種類の表記方法が用意されています。

 

それはパートが異なる場合は、先ほどのビデオにもあったように、頭にパート指定を「
<1>」とか「<2>」のようにすることで、別の楽器音で合奏することができます。ここはMMLと同じ考え方です。

 

それに対し、コード=和音という表記方法が別にあるのです。これ「[13]」としたら「ドミ」の和音が同じ音色で鳴り、「[146]」なら「ドファラ」の和音が鳴るというわけです。MMLの当時は、発音数に厳密な制限があったので、コードなんて考え方はありませんでしたが、今なら断然こっちのほうが自然ですもんね。


{}で括って、ループ指定も可能

そのほかにも、3連符なども扱えるようになっていたり、短いフレーズをカッコで括って「{1234}*4」のように指定すれば、繰り返し演奏できるなど、効率よく入力する手段も用意されています。


各種記号や音色は選択メニューから入力できる

また音色の指定は予め用意されてきるテキストを選択することで、行えるようになっており、このアプリ上では89音色まで利用可能となっているなど、シーケンサとして一通りの機能を装備しているんですよ。


出来上がった曲データ単位でMIDI送信できる

曲が完成したら、最後に「MIDIを送信」という機能を使うことでMIDIファイルとして送りだすことが可能です。この際、メールで送ることができるほか、Google DirveやDropboxにファイルとして保存することもできるので、WindowsやMacと連携して作業するのにも便利ですよね。


メールで送れるほか、PCとの連携ではGoogle DriveやDropboxを利用するのが便利

 

またこのMIDIファイルの送信先としては、iOSアプリを指定することもできるようになっているのも面白いところ。つまりCubasisFL Studio Mobile HDMusic Studioなどに送り出せば、これらのiOS上のDAWで続きの作業ができるほか、SOUND Canvas for iOSに送り出せば、まさに90年代のDTMプレイを楽しむことができます。


SOUND Cavas for iOSへ直接送ることも可能 

 

また以前「Studio Oneとも連携できる譜面作成ソフト兼MIDIシーケンサ、Notion」という記事でも紹介したPreSonusのNotionを使えば、「テキスト音楽」で入力した曲を譜面表示させることも可能ですから、応用範囲はかなり広そうです。


Nortionに送れば、譜面で表示することも可能 

 

この「テキスト音楽」、変な名前ではあるけれど、物は試しに、使ってみてはいかがでしょうか?

【ダウンロード購入】
◎App Store ⇒ テキスト音楽
◎App Store ⇒ SOUND Canvas for iOS
◎App Store ⇒ Cubasis
◎App Store ⇒ FL Studio Mobile HD
◎App Store ⇒ Notion
◎App Store ⇒ Music Studio



Commentsこの記事についたコメント

5件のコメント
  • HDUR

    これ、ハモニカ譜面からの連想ですね。わかりやすいです。

    2016年6月12日 2:25 PM
  • tokumei

    会社名「supertintin」ってwww

    2016年7月4日 9:29 AM
  • ぼよよーん

    ずいぶん時間経過した記事に対してのコメントですみません。
    このアプリがイギリスのSupertintinから出ていると書かれていますが、
    販売元の名前の一部にtintinという言葉と、アプリのサポートのドメインの登録を調べた限りでは
    広東省 深セン 南山区のようですが、違いますかね?
    多くの方にはどうでも良いことかもしれませんが、私は開発や販売元がどこかというのは結構気になります。
    つまらないことですみません。

    2016年10月23日 9:10 PM
  • ぽよよーん

    すみません。いきなり広東省と書いてしまいました。
    中国と書いて無かったですね。
    まあ、書かなくてもわかると思いますがw
    というよりも、ストアの紹介のビデオを見ているだけでも中国の香りがしてきます。

    2016年10月23日 9:18 PM
  • こまっています。

    パート事に別れて数字譜が作られていましたが上下では作れませんか?もしつくれるなら7パートまで出来ますか?

    2017年5月18日 11:39 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です