昨年「自分の声をキャラクターの声にリアルタイム変換するSFのような技術、リアチェンvoiceが楽器フェアに登場!」という記事で紹介した、クリムゾン・テクノロジーが名古屋大学・戸田智基教授〔元奈良先端科学技術大学院大学)の研究グループと共同で開発したリアチェンvoice。その後、テレビのニュース番組などでも取り上げられていたので、ご覧になったことがある方も多いと思います。そのデモを見たときには、非常に驚いた一方で、リアチェンvoiceはあくまでも業務用の機材であり、こんなものを一般ユーザーが使えるようになるのは遥か先のこと……と思い込んでいました。

ところが、それからちょうど1年が経過した本日、なんとリアチェンvoiceがというiPhone版のアプリとして登場し、しかも無料で入手できるようになったのです。標準で「くりむ蔵」というキャラクタの声に変換可能となっているほか、オプションとして声優の佐藤聡美さんがCVを務める「東北ずん子」(3,800円)、同じく声優でMIDI検定1級保持者でもある小岩井ことりさんがCVの「声乃ツバサ」(3,800円)、そして謎のキャラクター「キューティー・エイロアン ペロロ」(2,900円)の3つのキャラクターが用意され、内部課金の形で購入可能となっているのです。つまり、女性ユーザーはもちろん、男性ユーザーでも自分がしゃべると、リアルタイムに東北ずん子や、声乃ツバサの声に変換することができちゃうのです。実際、どんなものなのか紹介してみましょう。


クリムゾンテクノロジーからリリースされた、リアチェンvoice~ジュラ紀版
今回リリースされたのは、iPhone/iPadに対応したiOSアプリで、正式名称は「リアチェンvoice~ジュラ紀版」というもの。使い方は簡単で、iPhoneのマイクに向かってしゃべると、その声が指定したキャラクターの声に変換されて出てくるのです。変換もリアルタイムで音の遅れは0.1秒以内とのことですから、電話よりも遅れは圧倒的に小さそうですよ。


リアチェンvoiceのロゴマーク

キャラクターを切り替えれば、違う声に代わるため、まさに一人芝居もできてしまうというユニークなアプリです。でも「実際にどんな声になるの?」、「ホントにうまく変換されるの?」と気になりますよね。


標準ボイスとして用意されている「くりむ蔵」とVOCALOID、VOICEROIDでもおなじみの「東北ずん子」

前述のとおり、リアチェンvoice~ジュラ紀版では、くりむ蔵(クリムゾンテクノロジー・オリジナルキャラクター」、東北ずん子声乃ツバサ(リアチェンvoice新規オリジナルキャラクター)、キューティー・エイロアン ペロロ(リアチェンvoice新規オリジナルキャラクター)の4つのキャラクターが利用できます。これら、それぞれに女性の声を入力、男性の声を入力し、変換後にどうなるかを紹介するサンプルがあるので、以下をご覧ください。



どうですか?やはり、完璧な形でオリジナルキャラクターの声に変換するのは難しそうですが、それでもかなりいい感じになっているのが分かると思います。


謎のキャラクター「キューティー・エリアン ペロロ」と小岩井ことりさんがCVを務める「声乃ツバサ」

実は、ここが「リアチェンvoice~ジュラ紀版」という名称になっている理由のようです。これは、以前紹介したリアチェンvoiceの「プロフェッショナル版」、「標準版」などの業務用の高品質エンジンとは異なり、機械学習を行わない簡易版的な位置づけとなっているそうです。


音声学習機能を装備する業務用システムであるプロフェッショナル版

そう「プロフェッショナル版」、「標準版」においては、利用するユーザーの声を予めチェックした上で、最適化しているために、かなりオリジナルキャラクターの声に近づけられるのですが、「ジュラ紀版」では、そうした最適化がされていないために、うまく近づけられるかどうかはユーザーのしゃべり方次第なんだとか。


「東北ずん子」、「声乃ツバサ」、「ペロロ」は有料のライブラリとなっている

クリムゾンテクノロジーの代表取締役、飛河和生さんは「文字を打ち込んでしゃべらせるのとは異なり、リアルタイムに自分の声を変換するため、このアプリを使って上手にしゃべらせるにはある程度の練習が必要なんです。イントネーションや声の高さ、スピード……。それなりのコツがあるので、それを習得しないと、なかなか似てこないという面はあります。コツを習得しながら使うという面では、楽器にも通じるところがありますね」と説明してくれました。


ボイスライブラリの中から、変換した声を選ぶ

ただ、適当にしゃべれば東北ずん子や声乃ツバサの声そのものになるわけではなく、それなりのテクニックはいるということなんですね。一応設定項目として「話者の声質」というものがあり、ここで「低い」、「高い」を設定することが可能になっているので、これで多少の調整はできますが、そこが限界です。とはいえ、明らかに自分の声とはまったく違った声になるから、ネット放送の実況などに使う人はいろいろ出てきそうですよね。


唯一パラメータとして「話者の声質」というものが用意されている

ただし、ジュラ紀版は商用利用は不可となっています。もちろん、公序良俗に反する使い方をすれば、即、契約解除対象になるので、その辺はよく考えて使ってくださいね。


あとは、マイクから声を入力すれば、それがそのままキャラクターの声に変換されて出力される

また、しゃべって変換した結果は、リアルタイムに音声として出力するだけでなく、それを録音していく機能も用意されており、外部レコーダーで録るよりも、キレイに収録できるため、これもいろいろな活用法が考えられそうです。


無料ダウンロードしたアプリでそのまま使える「くりむ蔵」

ところで、もう一つ使い方での注意ポイントを挙げておきたいのが、ヘッドホンや外部スピーカーを用いるか、外部マイクを使う、ということ。つまりiPhoneの内蔵マイクと内蔵スピーカーを同時に使うと、どうしても音が回ってハウってしまうため、ハウならないようにする工夫が必要になるわけです。


キャラクターの声に変換された音声を録音し、保存する機能も用意されている

もちろんiPhone付属のマイク付きイヤホンを使ってもいいのですが、可能であればもう少し音質のいいマイクを利用するか、iPhone内蔵マイクで音を拾って、外部機器へ出力するほうがよさそうです。ただし、Bluetoothスピーカーには非対応とのことなので、注意してください。まあ、ベストはオーディオインターフェイスを接続し、そこにマイクをつないで使うことでしょうね。

さて、ここでやっぱり気になるのは、なぜ、この第一弾製品に、佐藤聡美さん、小岩井ことりさんを採用したのか、ということ。この点について、飛河さんに伺ってみました。

私も、あまり声優さんについて詳しくはないのですが、東北ずん子の存在は知っていたので、そのCVをされている佐藤さんにお願いしました。一方、小岩井さんについてもDTMステーションの記事でMIDI検定を好成績で取得されていたのを読んで知っていました。実は、私自身はMIDI規格委員会の委員長を務めているので、MIDIつながりで何かご一緒できれば、と思っていたんですよ」と飛河さん。

こうしたつながりで、こんな面白い製品が開発されたわけなんですね。

さて、その小岩井ことりさんに、DTMステーションからもインタビューさせていただきました。

---------------------------------------

--リアチェンvoiceの存在は知ってましたか?また、リアチェンvoiceの中の人に抜擢されたことを知ってどう思いましたか?
小岩井:はじめて知ったのは実はDTMステーションさんの記事なんです!拝見させていたいて「こんな技術があるんだ!」とリアチェンvoiceの存在を知りました。たとえばですが、リアチェンvoiceがあれば、動画配信サイトなどの放送者さんが放送者本人さんとは違う声で喋ったり、お店のアナウンス等を違う声でやってみたり…とかもできるのかな?などなど。ほかにも、声にコンプレックスのある方にはとっても楽しい技術なんじゃないでしょうか。声の音色と、喋り方は、また違うものなので、自分の声や喋り方を客観的に知るためにも良い技術かと思いました。それ以外にもたくさんの素敵な未来を想像して、最先端の技術にワクワクしていました!私は新しい技術や新しい挑戦が大好きです!そこには必ずたくさんの技術者さんの情熱があると思うんです。そういうものあって、このお話をいただけた時はとっても嬉しかったです!
私の個人的興味としては、リアチェンvoiceを使って男性の声で歌ってみたいな!と。そんなちょっと変わったライブなんかも開いてみたら面白そうだなと!(笑)これからの展開に興味津々です!


メールでのインタビューに答えてくれた小岩井ことりさん


--実際の声の収録、きっと普段の声優さんとしての収録とは違った感じだったと思いますが、感想など教えてください
小岩井:実際の収録は、ちょっと変わった文章を200文くらい読んでいく形式でした。たとえば「でも実は今、声だけが先に生まれようとしているのです」などです。声質を一定に保って、なるべくハッキリと読むような感じで、普段の演技の収録とはまた違った難しさや、やりがいがありました。

--完成した「リアチェンvoice~ジュラ紀版」はご覧になりましたか?もし、見ていたら、ほかの人の声がリアルタイムに自分の声である「声乃ツバサ」に変換されるのを聴いてみて、どうですか?
小岩井:残念ながらまだ見ていないんです。リリースされたら、真っ先に声乃ツバサちゃんの声をDLして自分でも喋ってみたいと思います!ぜひみなさんDLして、ツバサちゃんの声で色んな遊びをしてみてくださいね!それこそ、前述の通り、動画配信サイトなどでも使ってもらえたら嬉しいです!そしたら私も他の方がリアチェンvoiceでツバサちゃんの声になった状態を見ることができるので!(笑) どんな風になるんでしょうね!ワクワクします!

--小岩井さんとしては、「声乃ツバサ」というキャラクターについてどんな印象、または思いがあるでしょうか?
小岩井:収録の時にいただいた台詞は、前述の通り、少し変わった文章が多くて一文一文の繋がりはないものも多いんですが、その中にいくつか、この文章を考えた方の、ツバサちゃんへの、リアチェンvoiceへの情熱を感じる部分があって。知らない国の言葉を無理やり翻訳した時に、文章としては分からないんですが、そこにある感情の残り香のようなものを感じるときの印象に近いかもしれません。特に私がグッときた部分を抜き出した文章になるんですが

「なぜなら、僕は声そのものだからです。

マイクに向かって喋るだけで、
そしたら、その子の声になってあげて、
そしたら、たくさんお友達を作って

本当は、いっぱいお喋りしたいのに、
ステージで、声を出すことが出来なくて、
その時に、使ってもらう予定なのが、
僕の声に生まれ変わって出てくるらしい。

顔も体も、まだ見たことがありません。

でも、僕の声を聞いてもらうことが出来るので、
これから新しく出会うお友達に届けられるって、
世界中の、たくさんのお友達に」

サイエンス・フィクション的な!熱量が!そして純粋さが!ここに!あると!思いませんか!?…すみません、興奮しました。SFとか機械とかロボットとか大好きなんです。
リアチェンvoiceって、ツバサちゃんって、誰かを幸せにするために生まれてきたんだなぁ、と感慨深く収録に臨みました。ツバサちゃんは無限に広がる未来で、私の声がそこに繋がっていけるんだなと思うと、本当に嬉しく思います。

--最後にDTMステーション読者に向けて、メッセージがあれば、ぜひお願いします。
小岩井:今日ここに、リアチェンvoiceという技術が生まれました。でも、実際にどんな風に使うか、アイディアを生み出してくれるのは、みなさんです!DTMステーション読者のみなさんはきっと想像力豊かな方が多いんじゃないかなぁ、と。リアチェンvoiceを使った、今はまだ誰も想像もつかないような斬新なアイディアが出てくるのを楽しみにしています!実際にもうテストプレイをされた方のお話によると、声が変わると、気持ちがすごく変わったりするそうです。普段は前に出るタイプじゃないのに、リアチェンvoiceを使ってなら喋ったり歌ったりも楽しい、というお話が印象的でした。とはいえ、実際に喋るのはみなさんです。誰のツバサちゃんが一番可愛くなるか、お友達と遊んでみるのも楽しいかもしれませんね(笑)。リアチェンvoice、そして「声乃ツバサ」をぜひDLしてみてくださいね!

---------------------------------------

以上、小岩井さんから熱いメッセージをいただきました。ありがとうございます。

こんな声乃ツバサが収録されているリアチェンvoice~ジュラ紀版ですが、飛河さんによると、今後もまだまだキャラクターを追加していくとのこと。
今後、リアチェンvoiceのキャラクターを増やすために、声優さん、さらには絵師さんも募集していきます。東北ずん子のように、すでにキャラクターも声も定まっているものであれば、一番いいですし、すでにある絵のキャラクターに声を付けていくというのもいいですね。条件については個別に相談していきたいと思っておりますので、ぜひ当社までお問合せください」(飛河さん)

これから、どう展開されていくのか、とっても期待したいところですが、まずは、今日リリースされたばかりのリアチェンvoice~ジュラ紀版、さっそく試してみてはいかがでしょうか?

【ダウンロード】
◎App Store ⇒ リアチェンvoice~ジュラ紀版

【関連記事】
自分の声をキャラクターの声にリアルタイム変換するSFのような技術、リアチェンvoiceが楽器フェアに登場!
声優の小岩井ことりさん、超難関のMIDI検定1級もトップ合格だった!
難関MIDI検定2級、99点のトップ合格者は声優の小岩井ことりさんだった!

【関連情報】
リアチェンvoice製品情報
クリムゾンテクノロジーWebサイト