藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。


タグ:TR-808

9月29日に発売された待望の機材、Roland Boutique TR-08。すでに多くの方がご存知の通り、これは1980年に発売されたRolandのリズムボックス、TR-808、通称ヤオヤをRoland自ら今の時代に復刻させたもの。RolandのACB(Analog Circuit Behavior)テクノロジーという技術を用いて、アナログ回路を完全に再現させたものだけに、音はまさにホンモノです。

もっともTR-808は、3年前に発売されたRoland AIRA TR-8で、すでに復刻済ではあったものの、新たにチューニングするとともに、なんといってもグッとくるのがこのデザイン。まさに当時の機材のデザインをそのまま踏襲するとともに、コンパクトなサイズに収めているんですね。Roland Boutiqueシリーズは、私もJUNO-106を復刻させたJU-06、モノフォニックシンセ機能を搭載したA-01など、いくつかを個人的に購入していましたが、TR-08も数量限定生産ということだったので、予約して発売日にGETしました。これ単体でも十分楽しめる機材ではありますが、DAWと連携させることで、よりTR-08の威力を引き出すことができることが確認できたので、その手順、方法などを紹介してみたいと思います。


Roland Boutique TR-08をDAWと連携させてみた
>>この記事の続きを読む

iPad用の高性能DAWとして人気を二分するのがSteinbergCubasisWaveMachine LabsAuria Proでしょう。Cubasisのほうはその名前からも分かるとおりCubaseのiPad版といえるもので、ユーザーインターフェイスも機能的にもCubaseを引き継いでいます。一方のAuria Proは、とくに元となるソフトがあるわけではありませんが、雰囲気的にはPro ToolsのiPad版といった感じのアプリとなっています。

いずれのソフトもDTMステーションで何度か取り上げてきましたが、先日そのCubasisがバージョンアップし、Cubasis 2.2へと進化しました。Cubasis 2.1、2.2と進化する過程で、いろいろな機能強化がされているのですが、今回の目玉となるのが、TR-808TR-909またLinnDrumを再現する80年代ドラムマシン、Classic Machinesの搭載です。正確にはオプションとしての搭載ではあるのですが、これだけでも十分買う価値があるアプリとなっているので、紹介してみましょう。


Cubasisの新バージョンが登場、オプションで80年代ドラムマシンが搭載に
>>この記事の続きを読む

打ち込みの世界って興味はあるけど、なんとなく難しそうで……、なんて敬遠している方も少なくないと思います。その打ち込みも、いろいろな手法があるのですが、もっとも分かりやすく、また音楽制作の世界で広く使われているのがRolandTR-808で初めて採用されたTR-RECと呼ばれるドラム打ち込み方式でしょう。いまや、ドラム打ち込みのデファクトスタンダードとなっている手法ですが、まったく初めての人にとっては、やはり未知の世界。なかなかチャレンジできないかもしれませんよね。

そんな中、プレイしながら、ドラム打ち込み手法が身につくユニークなゲームアプリをRolandが無料でリリースしました。「TR-REC GAME」というこのアプリはiPhone/iPad(ユニバーサル)およびAndroidのどちらでも使えるもので、AIRAシリーズの入門版という位置づけ。楽しく遊びながら、4つ打ちとはどういうことなのか、16ステップがどんなもので、フィルってどういうタイミングで入れるのか……、といったことが習得できてしまうのです。用語や理論関係なしに、体ですぐに覚えられるこのTR-REC GAMEについて紹介してみましょう。


TR-808ベースのスマホゲーム、TR-REC GAMEのRolandから無料で公開された


>>この記事の続きを読む

先週のNAMM SHOW 2015では、KORGからARP ODYSSEYMS-20M KitSQ-1、Sequentialからは、まさかのProphet-6、MOOGからはMOOG Modularの復活、そしてRolandからはJD-Xaと各社からアナログシンセが続々とお披露目になったようです。私のTwitterやFacebookのタイムラインには、続々と情報が届いて、NAMMに行けないお留守番組としては、羨ましい限りでした。

そんな中、RolandのJD-Xaの弟分となるJD-Xiというものもリリースされていたのですが、こちらは実売5万円台というより手頃なもので3月発売の予定。国内にも実機があるとのことだったので、NAMMの開催中にRoland社内で見せてもらい、音も確認してきました。「これは欲しい!」と思える、なかなかすごい機材だったので、どんなものなのか紹介してみたいと思います。


32年ぶりとなる、アナログシンセ機能を搭載したデジタルとのハイブリッドのシンセサイザ、JD-Xi

>>この記事の続きを読む

3月8日、RolandからAIRAシリーズが発売され、ネット上でも大きな話題となっています。その発売に先駆けて3月1日、ミュージシャンの齋藤久師さんが主催するシンセイベント、SYNTH BARでAIRAを使ったライブが行われ、一般には国内初お披露目となりました。SYNTH BAR恒例の「おさわりタイム」では、TR-8TB-3VT-3、さらに発売が5月予定のSYSTEM-1までの機材が解放され、来場者みんなでいじりまわしていたのです。

先日の記事「808、909、303の音を忠実に復刻。Roland AIRAがベールを脱いだ!」でも紹介したとおり、久師さんは、AIRA開発の比較的初期段階からRolandに対して要望を出していたり、サウンドチェックなどをしていたようで、SYNTH BARにおいては「まさに自分が欲しい機材を作ってもらった」と話していました。でも、AIRAの開発とどんな関わりだったのか、TR-808TR-909TB-303を駆使するミュージシャンとして著名な齋藤久師さんが求める機材とはどんなものだったのか、直接インタビューして聞いてみました(以下、敬称略)。


AIRAの初お披露目となったSYNTH BAR Epsode #13でプレイする齋藤久師さん
 
>>この記事の続きを読む

昨今のアナログシンセブームの中で、大きなけん引役となっているコルグ。そのコルグが昨年発売して大きな話題になった製品がvolcaシリーズです。ループシンセサイザのvolca keys、ベースマシンのvolca bass、そしてリズムマシンのvolca beatsの3製品から構成され、1台でも楽しめるし、3台接続して同期して演奏させるといった使い方も可能です。

本体価格が各18,000円と手ごろな値段ながら、シンセサイザの性能も音質も優れていることから、大きな評価を受けているのですですが、これをPC上のDAWと組み合わせることで、本体だけではできないさまざまなことが実現できるというのをご存じですか?今回はそのvolcaシリーズDAWとの連携方法について紹介していくことにしましょう。


KORGのvolcaをDAWと連携させて、その能力を120%引き出そう
 
>>この記事の続きを読む

現在のDJ、ダンスシーンで欠くことのできないサウンド、それが30年前のRoland製品であるTR-808TR-909といったドラムマシン、そしてベースマシンのTB-303、さらにはSH-101SH-2System100などのRolandビンテージシンセサイザです。これまで国内外の数多くのメーカーがこれらの音に似せた機材やソフトウェア音源を出してきましたが、本家であるRolandは長年沈黙を続けてきました。

そのRolandがついに、これらの機材を当時の音そのままに再現するとともに、現在の音楽シーン、スタイルにマッチする形に生まれ変わらせた機材、AIRAとして2月14日に発表しました。すでに1月からネット上にはティーザー広告が流れていたので、気になっていた人も多いと思います。そのAIRAをちょっとだけ見てきたので、わかった範囲での概要について紹介してみたいと思います。


ついにベールを脱いだRolandのAIRAシリーズ、4機種
 
>>この記事の続きを読む

ローランドが1980年に発売したドラムマシン、TR-808。現在のダンスシーンやテクノサウンドにおいて、なくてはならない機材として、現在、中古市場では高値で売買されています。また一方で、TR-808のサウンドを再現するソフト音源は、本当に数多く存在しています。

その初期のソフトとしてはPropellerheadReBirthがありましたし、最近ではArturiaSPARK LEなどが著名です。そのため、TR-808の名前は知っていても、実際に触ったことがあるのは、そうしたエミュレータのみ、という人も少なくないのでしょう?でも、実機のTR-808と比較すると「何かが違う…」と感じている人も多いようです。そうした中、TR-808の音に極限まで近づけてみたというソフトウェア音源、VR-08が日本人開発者、ありぱぱP(@AliPaPa333)さんの手によって生まれました。


Windows VSTi環境で動作するTR-808シミュレータ、VR-08 Pro 
>>この記事の続きを読む

これまでも何度か取り上げてきたフランス、Arturia(アートリア)のドラムマシン・ソフト、SPARK。ビンテージ機材であるTR-808TR-909といったドラムマシンを彷彿させるSPARKは、ソフトだけで使っていても楽しいのですが、専用のコントロールサーフェイスと組み合わせて使うことで、完全なドラムマシンへと変身します。ハードで直接触れるため、マウスでの操作とはまったく違う、ホンモノのドラムマシンとしての使い勝手を実現できるとともに、その面白さも格段に向上します。この辺については以前の記事「ハード&ソフトによるリアルなドラムマシン、SPARKって面白い!」でも紹介したとおりです。

しかし、先日そのSPARKに新たなラインナップ、SPARK LEなるものが登場しました。国内定価が39,900円、実売32,000円程度というこの機材、個人的には上位版のSPARKよりも使いやすく、便利なのでは!?とも感じています。実際どんな機材なのか紹介してみましょう。


実売32,000円と低価格化し、よりコンパクトに使いやすくなったSPARK LE
>>この記事の続きを読む

みなさんは、ハードであれ、ソフトであれ、ドラムマシンって使いますか?最近はDAW搭載の非常に高機能なリズム入力なんかもありますが、個人的にはTR-808とかTR-909などをルーツとするマトリックス型のドラム入力機能っていうのが、今でも一番わかりやすいな、と思っています。

もちろん、そうしたビンテージ機材を使うのもいいし、ArturiaSparkのような製品を使うのもいいと思います。またマトリックス型のドラム入力を実現するPC上のドラムマシンソフト、iPhoneやiPad用のドラムマシンアプリもいっぱいあるので、それらを使うのも楽しいところ。でも、今回はブラウザ上で誰でもすぐに楽しめるドラムマシンを紹介しましょう。


ブラウザですぐに使える無料のドラムマシン
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ