Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

キャラなしのヤマハ純正ボカロ、VY2はイケメン・ボイス

4月8日、VOCALOID STOREにてヤマハ純正のVOCALOID製品の第二弾、VY2の予約が開始され、4月25日から発売開始となります。VY1と同様のキャラなしボカロで、今回はイケメンな声(!?)という男性ボイス。価格もVY1と同じく11,800円となっています。

このVY2リリースにあたり、ヤマハのVOCALOID製品の企画を担当するボーカロイドD(Pではなくて、ディレクターのD)、木村義一さんにいろいろとお話を伺ってみました。


VY2の試作パッケージ。製品版ではロゴが銀色に光るとのこと


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

藤本:今回リリースされるVY2もヤマハ自身で制作・開発したボカロ製品という理解でいいんですよね?



YAMAHAのボカロD、木村義一さん

木村さん(以下敬称略):はい、ヤマハ社内の研究開発用途でデータベース制作を行っている弊社の蔵出しです。昨年のY2 AUTUMN 2010では12月にリリースとアナウンスしておりましたが、大変お待たせしてしまいました。VY1のデータベース制作時は新しいスクリプトを用いてレコーディングしたことは以前お伝えしたとおりで、VY2も同様にして作り12月リリースの予定でいました。が、音声データベースを最終的に調整する中で、収録し直しなどが発生し4月リリースにズレ込んでしまいました。ただVY2ではそのスクリプトをさらに進化させて録っているので、音的にもさらに向上し、よりリアルな表現ができるようになっていますのでご期待ください。

藤本:CVが誰なのかということも公開されないんですよね?

木村:今のところその予定です。声の主はプロの声優さんであり、これまでの男性ボーカロイドの中では最年少の方ですね。パッケージの外面およびDVD-ROMの盤面は、なぎみそさんによる刀のイラスト、パッケージの内面は風乃さんによる風景画を採用しました。刀の方は、大小二本の業物。ここから類推すると、VY2は刀を持った男性キャラが想像されるかもしれません。またVY1と同様、「和」のテイストにしているのですが、VY2はちょっと未来を感じるイラストとなっています。開発コードネームは「勇馬=YUMA」。刀を持った勇ましい姿をイメージしていました。このキービジュアルを元に、みなさんにオリジナル・キャラをいろいろと作り出してもらえればと思っています。


パッケージの内側に風乃さんの画、盤面にはなぎみそさんの刀が描かれている

藤本:公開されたVY2の歌声を聴くと、すごくクセがない感じですが、これは意図的にそうしているのですか?

木村:そのとおりです。キャラなしのボカロだけに、できるだけ汎用的に使える歌声になるよう心がけて開発しました。ニコ動などの作品用として使いやすいのはもちろんのこと、仮歌用に使ったり、音の素材集に使うなど、いろいろなシーンで活用できるようにしています。


4月6日に公開されたデモ曲、「安里屋ユンタ」


4月14日公開の「貴方に花を 私に唄を」

藤本:そういえば、VY2は「不撓不屈のエナジーで、この国を奮い興せ」というキャッチコピーがついていましたよね。これはどういう意味を持っているのでしょう?

木村:まずは、キャッチコピーに復興という文字を入れたいと思っていたのです。ただ、そのままでは面白くないので、少しいじってみました。また実はヤマハの社是に「……不撓不屈の精神を以って工夫改善に志し 業務と通じて国家社会の貢献し……」といのがあるので、ここから引っ張ってきて、力強さを打ち出そうと考えたのです。

藤本:VY1はVOCALOID STOREでの発売とともに、Amazonからも購入できたと思いますが、VY2のほうも同じですか?

木村:25日の発売はVOCALOID STORE限定となります。実際には予約された方のお手元に25日到着する形ですね。予約された方にはVY2の風乃さんのイラストの入ったタンブラーが特典として付きます。このVOCALOID STOREはヤマハがビープラッツさんに委託する形で運営しており、VY2もビープラッツさん経由でAmazonからも販売されることになりますが、時期はまだ未定です。また、今後はVY1、VY2とも、店頭で販売される可能性があります。実は、すでに流通会社の受発注システムに載っているんですよ、アナウンスはしていませんが(笑)。もちろんVY2が25日前に店頭に並ぶことはありませんよ。


VY2を持つ木村さん。と、この女性は?詳細はまた今度

---

今回発売前のVY2を入手できたので、試してみたがベタ打ちでもクセがなく、とても扱いやすい印象です。同じ日に取材をされていたITmediaの松尾公也さんの記事でも、さっそく松尾さん自らほぼベタ打ちで入力したという楽曲を公開されているので、結構参考になりそうですよ。


VY2を早速インストール。これはインストール時に表示されるロゴ

VY2の推奨音域はA1-E3で、推奨テンポは70-140
となっているし、試しに高い声で歌わせてみても、ちょっとボーイソプラノっぽい感じでなかなかいい。イケメン・ボイスは広い音域でオールマイティーに使えそうです。


System VersionはVY1と同じ2.0.16でした

【関連記事】
VY1開発ストーリー【前編】~ヤマハ製品ではないの!?
VY1開発ストーリー【後編】~VOCALOID3も近い将来登場へ!
使い勝手は抜群!iPad版のiVOCALOID VY1が発売開始

 

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • buy internet traffic

    ありがとうございます。!!!

    2011年12月16日 9:05 PM
  • 名無し

    VY2は公式なんですね!
    ルカあたりの亜種かと思いました(笑)

    2012年2月25日 11:11 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です