Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

iPad用MIDIシーケンサ、FL Studio Mobile HDはいい!

Windows版のソフトシンセというかDAWとして人気のImage Line SoftwareのFL Studio。先日、M3を見に行った際、同人CDを売っているブースで「どんなソフトを使って作っているんですか?」と多くの人に聞いてみたところ、かなりの高確率で「FL Studio」との返事が返ってきたのには驚いた覚えがあります。

そのFL Studioが、ついにiPad版およびiPhone版として誕生しました。iPad版がFL Studio Mobile HD、iPhone版がFL Studio Mobileというものですが、iPad版のほうを使ってみたので紹介してみましょう。


FL Studioお馴染みのドラムマシンの画面がiPad上に!


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

FL Studioを私が一番最初に出会ったのは1998年か1999年。Fruity Loops(フルーティーループス)という名前のオンラインソフトのドラムマシンでした。当時はまだそれほど多くなかったTR-808/909風なユーザーインターフェイスのドラムマシンで、とても面白く遊んだ覚えがありますが、その後SONARにバンドルされたりするうちに、FL Studioという名前のDAWに進化し、いまやメジャーDAWの一角にまでなってしまいました。

 

そのFL StudioのiPad版がアナウンスされたのは今年の2月。いつ出るのか、いつ出るのかと首を長くして待っていたのですが、先日ついに登場したのです。iPad版とiPhone版が別々のアプリとなっていたのは、ちょっと気に入らないところではりますが。で、iPad版、使ってみました。

 

起動してすぐに出てくるのは、お馴染みFL Studioの顔ともいえるドラムマシン(あ、各ボタンは顔のアイコンになってませんでしたが…)。これなら、すぐに打ち込めます。もちろん、ドラム音色はいっぱいあるので、好きなパーツを自在に並べていくことができます。最近のFL Studioって、独特な進化をしているだけに、ときどき触ると、使い方にかなり戸惑うのですが、このiPad版は、そうしたこともないですね。

次に音色選択の画面に。結構いろいろな音色があります。アコースティック系も含めていろいろあるようですが、やっぱりFL Studio、シンセ系が充実していますね。音色を選んでキーボードの画面に行くと、リアルタイムで演奏することができます。この際、iPadを回転させるボタンをオンにしておくと、傾き加減によってピッチベンドがかかるチョーキング演奏ができるのも楽しいところです。またモードを切り替えるとドラムパッドの表示になり、ここで直接叩くことも可能です。

鍵盤でソフトシンセを自在に演奏し、レコーディングできる

 

それから例によってCoreMIDIにも対応しています。そのため、Camera Connection Kitなどを介してMIDIキーボードと接続すれば、そちらを使って演奏することもできました。この辺の設定メニューもしっかりしているので、いろいろと細かな調整が可能になっています。

もちろんCoreMIDIでの入力にも対応

 

よく見ると、デモ曲が何曲か入っているのに気づいたので、これを読み込んでみました。トラック画面を見ると、これはFL Studioというよりも、まさにDAWという感じですね。GarageBandなんかとも近い雰囲気といっていいでしょうか……。ただ、GarageBandとは根幹的な違いがいろいろあることも確かです。そう、GarageBandは基本的にリアルタイムレコーディングによってトラックを構成していくもので、基本的にエディットは考えられていません。

デモデータを読み込むと、これは立派なDAW

 

それに対しFL Studio Mobile HDはシーケンサであって、前述のとおりドラムマシンとして打ち込みができるのはもちろん、楽器パートもピアノロール画面でこまかくエディットしていくことができます。当然リアルタイムレコーディングしたものにクォンタイズをかけたり、ベロシティーを調整するといったことも可能です。

ピアノロールでの入力、編集も可能

 

ただし、FL Studio Mobile HDにはオーディオトラックが存在しないため、ボーカルなどを扱うことはできません。ただし、完成したデータをWAVファイルとして書き出すことができるので、これをほかのアプリで読み込んでオーディオトラックと合わせていくというのも手かもしれませんね。

 

一方、エフェクトのほうはリミッタ、リバーブ、ディレイ、EQ、アンプシミュレータ、フィルターと一通りそろっているので使いではあります。とくにアンプシミュレータあたりは凝った作りになっているのでなかなか面白いですよ。

エフェクトもなかなか充実している

 

以上簡単にFL Studio Mobile HDについて紹介してみました。Windows版のFL Studioがすごいソフトに進化してしまっただけに、ちょっと別モノという感じもありましたが、個人的には非常に使いやすくて便利なアプリであると感じました。iPadで打ち込みをしたいという人にとっては、かなり使えるソフトといえるのではないでしょうか。

あ、それからもう1点。FL-Chanはどこにも登場してきませんでしたね。

【追記】
FL Studioのドラムマシン画面のインパクトが強かったので、オリジナルと思い込んでましたが、Twitterで指摘があって確認したら、Xewton Music Studioとソックリですね。確かに使っていて、何か使ったことのあるUI……という印象は持ったものの気づいていませんでした。
 
で、調べてみると公式なアナウンスは見つけられなかったものの、音楽方丈記で詳しくレポートされていました。これによると、ImageLineがXewtonに作らせたのがFL Studio Mobile HDおよびFL Studio Mobileであり、Xewton Music Studioがベースになっている、と。基本的な機能も同じだけれど、ドラムマシン画面などが新たに追加されている、とあります。
 
それぞれの差なども細かくまとまっているので、参考にされてはいかがでしょうか?

【音楽方丈記】
Image Line SoftwareがFL StudioのiPhoneアプリ版 FL Studio mobile をリリース予定? 
FL StudioのiPhone/iPad版がついに登場 : Image Line Software – FL Studio Mobile

 

Commentsこの記事についたコメント

1件のコメント
  • 林愛一郎

    この記事はだいぶ前の記事ですから当時はこの通りだったのかもしれませんが、今はiPhone/iPadのGarageBandもピアノロール編集ができますね(^^;プチプチ入れていくのもまた楽しい(^^;;DAWはどれも似てきちゃうんでしょうか。まあ同じ機能については似てないUIだと混乱してしまいますけれど(^^;;iPadのDAWはパソコン用に比べてひとけた以上安いので買い増しの敷居が低い。これはこれで大変危険です(^^;;;

    2013年10月9日 12:27 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です