CubaseにVOCALOID3 Editorが統合されるぞ!

9月3日、ヤマハは記者発表会を行い「VOCALOID Editor for Cubase」なるパッケージを発売すると発表しました。これはWindows版のCubase 6.5(ArtistやElementsなどは非対応)専用のアドオンソフトという位置づけで、Cubaseそのものの機能を拡張するというもの。
※追記
2013年1月11日発表の最新情報によると、VOCALOID Editor for Cubaseの動作環境はCubase7および、Cubase Artist 7で、Cubase 6.5は推奨されない環境となりました

発売時期はまだハッキリしませんが今冬とのこと。またオープンプライスで実売価格がVOCALOID3 Editor(以下V3 Editor)と同じ9,800円前後。またすでにV3 Editorを持っている人には6,980円での優待販売を行うとのことです。発表会でのデモを見る限り、かなりの完成度となっていましたが、具体的にどんなことができるのかを紹介していきましょう。

今冬に発売されるVOCALOID Editor for Cubase


このソフトをCubase 6.5が入っているWindowsマシンにインストールすると、まずVSTiとして「VOCALOID VST」というプラグインが追加されます。これこそがV3のエンジンであり、歌声を合成する心臓部です。

VOCALOID VSTというVSTiがエンジンとしてCubaseにインストールされる

ただ、これだけでは当然歌わせることができません。やはり、V3 Editorに相当するものが必要になるわけですが、CubaseのMIDIメニューを見ると、キーエディタースコアエディターと並んで「VOCALOIDエディターを起動」という項目が追加されているのです。

CubaseのMIDIメニューを見ると、「VOCALOIDエディターを起動」の項目が!

これを開くと、まさにV3 Editorソックリのウィンドウが開き、ここで新たにデータを入力していくことができます。またすでにMIDIトラックに存在しているMIDIのパートを選択して、「VOCALOIDエディターを起動」とすると「選択したMIDIパートをVOCALOIDパートに変換します。一度変換すると元に戻せません」といったメッセージが登場します。ここで「はい」を選べば、MIDIデータがそのままVOCALOIDエディタに読み込まれる形となるのです。

まさにV3 Editorそのものともいえる画面がCubase内に現れる

ここから先の操作はほぼV3 Editorと同じ。メニューの位置などが異なるということはありますが、ほとんど戸惑うことはないと思います。V3 Editorと比較した際、増えた機能も減った機能もないとのことです。

メニューの位置などに多少違いがあるとはいえ、V3 Editorの機能はすべて実装されている

では、従来のCubaseとV3 Editorの2つで曲を作っていたときと比較すると、どう違うのでしょうか?単純に考えても想像ができるとおり、作業効率が格段に飛躍します。従来であれば、オーディオを書き出して、もう一方のソフトで読み込み、作業が終わったら、再度読み込む……ということを繰り返していました。もし、曲のテンポを変える、構成を変える……といったことになれば、またイチからやり直し、というわけでなかなか面倒でした。
歌声ライブラリの切り替えももちろん自由自在
先日、ユーザー開発によるV3SyncというV3 EditorをReWire対応させるツールが登場したので、こうしたものを利用すれば効率も上がるわけですが、今回のVOCALOID Editor for CubaseはReWire接続のレベルに留まりません。
Cubaseのキーエディターには歌詞が表示されることが分かる

今日の発表会で解説を行ったボーカロイドの父剣持秀紀さんによれば、「これはCubaseとVOCALOIDの連携ではなく統合」とのこと。VOCALOIDのトラックにエフェクトをかけたり、ミキサーコンソールでレベルやパン、EQなどがいじれるといったところに留まりません。

左が剣持さん、右はデモを行ったCubaseプロダクトスペシャリストの青木繁男さん

VOCALOIDエディターとキーエディターやスコアエディターなどは完全にシームレスに繋がっているため、キーエディターでベロシティを入力したり、ダイナミクスをエディットしたり……といったことが自由に行えるのです。

VOCALOIDエディターとキーエディターを横に並べると、どちらを操作しても即座にもうひとつのエディタも書き換わる完全に統合された状態になっている

また同じパートをVOCALOIDエディターとキーエディターの両方で開き、並べてみると、たとえばVOCALOIDエディタでダイナミクスのカーブをエディットしていくと、隣のキーエディタでもリアルタイムにエディットされていく…といった具合。またキーエディターのピアノロールの中に歌詞も表示されるようになっているのです。
VSQXファイルのインポートやエクスポートも可能
気になる互換性なども、なんら問題はないようです。つまり従来のV3 Editorで使えていた歌声ライブラリはVOCALOID3のものもVOCALOID2のものも含め、読み込むことが可能です(VOCALOID2歌声ライブラリはインポートツールでの変換が必要なのもV3 Editorと同様)。またVSQXファイルのインポートやエクスポートも可能となっています(VSQファイルの扱いについては、現在検討中とのこと)。

このVOCALOID Editor for Cubase、まずは国内のみの販売になるそうです。画面上のメニューは日本語および英語の対応になりますが、歌声ライブラリに関しては中国語や韓国語、スペイン語などにも対応しているので、その点も問題ないそうです。

グレーアウトされているJobプラグインのメニュー項目も確認できる

なお、剣持さんによると今回のデモではJobプラグインは実装されていないようでしたが、メニューにはグレーアウトされた形で入っており、近いうちに搭載する予定とのこと。またMac版についても聞いてみたところ、「Macへの取り組みの重要性は認識しており、鋭意進めています。まだWindows依存の部分があることは確かですが、このソフトの登場でVOCALOIDとMacの距離は近づいています」とコメントしてくれました。この辺は期待しつつ、まだしばらく待つ必要があるようです。

また新たな追加情報などがあれば、随時掲載していく予定です。

 

YAMAHA ヤマハ / VOCALOID Editor for Cubase

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です