Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

「歌ってみた」、「演奏してみた」に救世主誕生。プラグインエフェクトを自由に使えるTASCAM US-2×2/4×4用ソフトウェアが便利!

DTMステーションでもこれまで何度か紹介したことのあったTASCAMのオーディオインターフェイス、US-2×2およびUS-4×4。手頃な価格ながら、24bit/96kHz対応で、見た目にもカッコよく、また高品位なマイクプリアンプを搭載しているなど、使いやすく人気の高いオーディオインターフェイスですが、先日登場したTASCAM Software Mixerなるものを使うことでその機能、活用範囲が大きく広がります。

 

中でも注目すべきポイントは、ネット生放送や「歌ってみた」をする際、リバーブでもEQ・コンプでも自分の好みのエフェクトをプラグインで利用できるようになったという点。こんな機能を持ったオーディオインターフェイスがあればいいのに……と思っていたらTASCAMがそれを実現してくれたんです。実際、どんなものなのかを紹介してみましょう。


TASCAMが新たにリリースしたSoftware Mixerの利用でUS-2×2、US-4×4が画期的に進化する

Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

頑丈なアルミボディーで、デスクトップに置くと、前が少し持ち上がるデザインになっているのが特徴的であり、かつ少し斜めになるから操作しやすいというのがポイント。USBクラスコンプライアントとなっているため、Windows/Macとの接続はもちろんのこと、Lightning-USBカメラアダプタを介すことで、iPadやiPhoneでも利用できるようになっているオーディオインターフェイスです。


TASCAMのUS-2×2(上)とUS-4×4(下)

さて、ここからが本題。2月1日にTASCAMのUS-2×2およびUS-4×4のWebページのダウンロード一覧にWindows専用の「TASCAM Software Mixer V1.00」という両機種で利用できるソフトウェアが追加されました。もちろん無料でダウンロード可能な、20.34MBの容量の小さなソフトなのですが、これをインストールすることによって、US-2×2およびUS-4×4が大きく変身するのです。


デスクトップに置いた際、手前が少し持ち上がるデザインになっているのが特徴

これは、いわゆるアプリケーションソフトというよりもドライバに近いソフトウェアです。ただしドライバとは別モノなので、事前にドライバをインストールしておくことは必須となので、その点は気を付けてくださいね。


最初にこんなアラートが表示されるが、無視してOKをクリック 

 

さてSoftware Mixerを起動すると、2回にわたってアラートが表示されますが、とりあえず、ここでは無視してOKをクリックすると、その設定画面が登場してきます。これを見ると「あれ?ドライバの設定画面と同じもの!?」と思ってしまいますが、2つを見比べてみてください。ちょっとだけ違うところがありますよね。


TASCAM Software Mixerの画面


従来からのUS-2×2およびUS-4×4のドライバ設定画面

 

そう「MODE」という項目が追加されており、ここに「DAW」と「BROADCAST/KARAOKE」という2つの選択肢が用意されているのです。このモード設定を「DAW」に設定すると、基本的には従来通りの動作となるのですが、「BROADCAST/KARAOKE」を設定することでUS-2×2およびUS-4×4が大きく変身するのです。

 

まずは、BROADCAST/KARAOKEモードを選ぶと、いわゆるループバックモードとなるため、たとえばWindows Media Playerを使うとか、iTunesを使って再生した音を、そのまま別のアプリケーションへと流すことが可能になります。また、この際、マイク入力の音もミックスして流すことができるので、カラオケ曲をバックに歌ったり、演奏することが可能となり、それをそのままニコニコ生放送などで放送したり、ほかのソフトに録音といったことが可能になります。


ドライバ選択において 「US-2×2 & US-4×4 Mixing Driver」を選ぶのがポイント

 

なお、この際、さっきのアラートにもあったようにドライバとして「US-2×2 & US-4×4 Mixing Driver」を選んでおくのがポイント。画面を見ると分かるとおり、従来からあったUS-2×2とかUS-4×4というドライバとは別に「US-2×2 & US-4×4 Mixing Driver」というものが登場するので、こちらを選んでおく必要があり、これを選ぶことでループバックができるようになるんですね。

 

まあ、このループバックだけであれば、US-366などをはじめとする従来のTASCAMのオーディオインターフェイスや他社のオーディオインターフェイスでもできたことなのですが、このSoftware Mixerでは、従来にはなかった、すごいことがいろいろ可能になっているんです。


DETAILボタンをクリックすると、このようなミキサー画面が現れる

まずはSoftware Mixerといっているくらいなので、ミキサーとして機能します。これはDETAILボタンを押すと出てくるミキサー画面で操作していきます。左側のIN 1、IN 2はUS-2×2またはUS-4×4の1ch、2chの入力レベルを設定するもの。ここをMONOに設定しておけば、片方のチャンネルにマイク接続しても、センターから音が出るようになりますよ。

 

一方、PC Audio Outというのが先ほどのループバック用のチャンネル。iTunesなど、PCから出る音の音量バランスをここで調整することができます。そして一番右のBROADCAST Volumeというのが出力音量です。たとえば、Niconico Live Encoderへ送る音の大きさをどのくらいにするか設定できるわけです。


「External Effects(ASIO)」にチェックが入っていると、エフェクトを介して音が出るようになる 

 

そして、このSoftware Mixerが画期的なのは、「External Effects(ASIO)」にチェックが入っている場合です。ここにチェックが入っていると画面のように、入力された音がExternal Effectsを通過してから音が出るようになるのですが、これはどういうことを意味するのでしょうか?


DAW側もASIO設定画面において「US-2×2 & US-4×4 Mixing Driver」を選択する 

 

これ、Software Mixer自体にエフェクトが搭載されているわけではなく、いったんASIOを経由してDAWを介すことで、エフェクトが使えるようになるというもの。たとえばUS-2×2やUS-4×4に付属しているSONAR X3 LEやCubase LE 8などを使ってもいいし、Ableton LiveやPro Toolsなど、何を使ってもOKですよ。


Cubaseの場合でも同様に「US-2×2 & US-4×4 Mixing Driver」を選択

 

この際、各DAWにおいて入力した音にエフェクトをかけ、それをモニターできるような設定にしておけばいいのです。まあ、DAWを単なるエフェクトとして使うという、かなり贅沢な利用法ではありますが、これなら自分の好きなエフェクトを自在に使うことができますよね。


SONARなどのDAWで入力した音がモニターできる設定でエフェクトを入れる

US-366などのようにDSP内蔵のオーディオインターフェイスの場合、ハードウェアでエフェクトを実現するのでCPU負荷がかからないというメリットはありますが、最近のPCであればCPUパワーは存分にありますから、これを活用しない手はないですからね。


プラグインを動かすだけのソフトであるVSTHostなどを利用するのも手

 

まあ、「エフェクトだけのためにDAWを使うというのには抵抗がある」なんていう方は、オンラインソフトとして流通しているVSTHostといったソフトを利用するのも手。ややマニアックな使い勝手ではあるけれど、これならVSTプラグインを動かすことだけが目的のソフトだから、軽いし、Software Mixer用として必要十分な機能を備えていますからね。

 

なお、バッファサイズの設定などもSoftware Mixerで行うことができるので、これをインストールしてしまえば、従来のドライバ設定画面を開く必要はなくなります。もちろん、従来のドライバ設定画面を使って設定することもできますし、両方同時に起動することもできますが、片方を動かしてももう片方はリアルタイムには反映されず、一度設定画面を終了し、再度立ち上げると反映される仕組みとなっているようですね。


あとはNiconico Live Encoderなどのソフトでオーディオの入力デバイスに「US-2×2 & US-4×4 Mixing Driver」を設定すればOK 

 

このように、Software Mixerを利用することで、自由に好みのエフェクトを追加することが可能になるなど、ネット放送用オーディオインターフェイスとしては、まさに画期的な機能を備えることが可能になったのです。別な見方をすれば、このSoftware MixerはASIOからMME(WDM)ドライバへの橋渡しを可能にする非常に便利なユーティリティソフトともいえるわけです。

 

「歌ってみた」や「演奏してみた」において、もっと自由にエフェクトを使ってみたい、と思っている人にとっては、強力な味方が登場した、といえるのではないでしょうか?


【関連情報】

US-2×2製品情報
US-4×4製品情報
TASCAM Software Mixerダウンロードページ
VSTHost情報

【関連記事】
TASCAMの新オーディオIF、US-2×2とUS-4×4を使ってみた
TASCAM製品にバンドルされるSONAR X3 LEって、どんなソフト!?

【価格チェック】
◎Amazon ⇒ US-2×2
◎サウンドハウス ⇒ US-2×2
◎Amazon ⇒ US-4×4
◎サウンドハウス ⇒ US-4×4

Commentsこの記事についたコメント

15件のコメント
  • marok

    すごい!けどMac版は出ないんでしょうかね・・!
    最初はWin版しか出なかったTASCAM HI-RES EDITORも後々Mac版リリースされたので、TASCAMなら出してくれると信じてますが・・w

    2016年2月7日 7:01 PM
  • 名無し

    以前紹介していたBlue Cat AudioのPatchWorkとどちらが使い勝手が良いか気になりますね

    2016年2月8日 9:00 AM
  • おいちゃん

    さりげなーく最近無料になったBus Driverを使ってくるあたり、さすがですね!

    2016年2月8日 10:12 PM
  • 名無し

    生放送の時にDAWに呼び出したプラグインエフェクトをかけた状態で配信するとかプラグインエフェクトのかけ録りができるってことですかね。
    DAWでミックスやマスタリングをするときに何か便利になるわけではないですよね?

    2016年2月9日 4:00 AM
  • 藤本健

    名無しさん
    そうですね。普通にDAWを使う上では特に変わりありません。

    2016年2月9日 8:38 AM
  • ななし

    製品リニューアルされてバンドルソフトウェアが変わっていたんですね Amazonのリンクは前の製品のままですが・・・

    2016年2月9日 12:53 PM
  • トモタカ

    TASCAM 144 MK2を使っていました。しかしMac OSX Elcapitanに なってドライバが更新されずに動かなくなりました。これを機に2×2に乗り換えようと思います。
    この記事で踏ん切りがつきました。ありがとうございます。

    2016年2月11日 10:39 PM
  • たかし

    こんにちは、藤本さん。
    2×2を購入しようと思ってるんですが…
    2×2scって言うのがあるみたいなのですが…
    違いはなんなのでしょうか??

    2016年2月12日 2:01 PM
  • 藤本健

    たかしさん
    そうですね。ハッキリはわかりませんが、おそらく、scはSONAR & Cubaseの略だと思われます。もともとSONARとLiveがバンドルされていたのが、途中からバンドルソフトがSONARとCubaseに入れ替わったので、それを意味するものだろう、と。ハードウェアは何も変わっていません。

    2016年2月13日 5:42 PM
  • たかし

    藤本さん、ありがとうございます!!
    参考になりました!!

    2016年2月14日 11:03 PM
  • トモタカ

    7番の自分のコメントへのレスです。
    2016年2月15日にTASCAM US-144MK2、US-122MK2のドライバが更新され、Mac OSX Elcapitanに対応しました。結果、7番のコメントは現在と異なる状況となりました事をご報告します(ここのコメント欄を144mk2,122mk2の為に読んでる人は居ないと思いますけれども)。
     
    ちなみに結局私は2×2を購入しました。良い買い物でした。

    2016年3月5日 6:09 PM
  • こんにちは、藤本さん。

    少し前に購入し、cubaseleを使ってエフェクトを試してるのですが一向にわからなくて、、
    いわゆる、エフェクトの掛け録り的な方法なんでしょうか、初心者には難しいです。。。

    2018年10月11日 2:02 AM
    • 藤本 健

      雲さん

      確かに初めてだとわかりにくいことが多そうです。
      CubasisということはiPadを使ってレコーディングをしようとされているのですか?
      基本的に、かけ録りではなくレコーディングできるのですが、もう少し状況を詳しくおしえていただけますか?

      2018年10月11日 10:32 PM
  • 返信ありがとうございます、わかりづらくて申し訳ありません。CubaseLEです。

    CubaseのvstオーディオシステムよりUS-1x2Mixing Driverを選択し、ミキシングコンソール画面よりオーディオトラックを1つ作りモニターできるように設定し、1番左のインプットにプラグインエフェクトを指しているのですがうまくいきません。

    使い方が間違っているのでしょうか、、

    2018年10月12日 2:33 PM
  • 藤本 健

    雲さん

    いま中国取材から帰国したので、改めてUS-2×2を使ってCubaseで試してみました。
    なるほど、Cubaseの一番左はインプットのチャンネルなので、ここにエフェクトを入れたら、掛け録りになってしまいます。作成したオーディオトラックにエフェクトを入れてください。こうすることで、モニターする際はエフェクトがかかっているけれど、録音した結果はエフェクトがない形になりますよ。
    Cubaseの使い方をここであまり詳しくし続けることは難しいので、ぜひ、私の書いている著書である
    「Cubase 9 Series 徹底操作ガイド 」https://amzn.to/2OkdGYT
    をご覧いただければ、と!

    2018年10月12日 10:13 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です