Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

TASCAMの新オーディオIF、US-2×2とUS-4×4を使ってみた

9月17日、TASCAMから新しいオーディオインターフェイスが3機種発売になりました。2IN/2OUTのUS-2×2(ツーバイツー:実売価格18,000円前後)、4IN/4OUTのUS-4×4(フォーバイフォー:実売価格30,000円前後)、そして16IN/8OUTのUS-16×08(シックスティーンバイエイト:予想実売価格42,000円前後)のそれぞれです。このうち、US-16×08は11月上旬発売予定ですが、US-2×2とUS-4×4は、すでに出荷が開始されており、私も実機を入手しました。

 

実際に試してみたところ、音質的にとてもクリアでいいオーディオインターフェイスであるとともに、使い勝手がいいのが特徴。また、デザイン的にもちょっと変わっていてカッコイイんですよね。実際どんな機材なのか紹介してみたいと思います。


発売されたばかりのTASCAMの新オーディオインターフェイス、US-2×2(上)とUS-4×4(下)

 


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

US-2×2およびUS-4×4は、システム的にはとってもシンプルなオーディオインターフェイスであり、誰が使っても簡単で分かりやすいというのがポイントです。TASCAMでは同価格帯でUS-366というオーディオインターフェイスも出していますが、これとはまったく方向性が違うんですよね。そう、US-366の場合は24bit/192kHz対応で、DSPミキサーやエフェクト、ループバック機能……とあらゆる機能を詰め込んだモデルあるのに対し、US-2×2、US-4×4はとにかく音質を追及したモデル。


ガッチリしたボディーのUS-4×4のフロントパネル

音質追及モデルだけに、ボディーも結構ガッチリしています。アルミのフレームにスチールのボディー。重量的にみてもUS-2×2は1.1kg、US-4×4は1.6kgあるので、自宅のDTM環境に備え付けるタイプの機材ですね。


2IN/2OUTのUS-2×2のフロントパネル

 

実際にヘッドホンからの出力、ラインアウトを通じてのスピーカー出力を聴いてみれば、「これはいい!」って一瞬で感じられます。といっても、いわゆるオーディオの音ではなく、すごく解像度の高いモニターサウンド。また内蔵のマイクプリアンプ(ヘッドアンプ)を通して録音するマイクの音や、Hi-Z入力から録るギターの音も、すごくクッキリしているし、ノイズはなく気持ちいいんですよ。


比較的シンプルなUS-4×4のリアパネル

 

実際の周波数特性などは、AV Watchの連載「Digital Audio Laboratory」で測定してチェックしようと思っていますが、とにかく聴いて確かめてみて、いいサウンドです。


US-2×2のリアパネルにもMIDI端子が用意されている

 

フロントパネルを見比べてみるとわかりますが、US-2×2の入力はコンボジャックの2入力なのに対し、US-4×4のほうはXLRとTRSが分離された形の4入力。リアパネルにはUSB端子とともに、MIDI INとMIDI OUTがあり、US-2×2はTRSフォンのバランス対応のライン出力が2つ、US-4×4は4つあるのみという、とにかくシンプルで分かりやすい構成なんです。


US-4×4は付属のACアダプターを使って駆動する

 

基本的な構造はいっしょなので、単純に必要とする入出力の数を持つほうを選べばいいわけですが、1つ大きな違いもあります。そう、US-2×2はUSBバスパワーで動くけれど、US-4×4はACアダプタでの駆動となります。その意味では、できるだけシンプルな構成にしたいという人にとってはUS-2×2がいいのかもしれません。

ところで、US-2×2とUS-4×4、パッと見て気になるのがサイドパネルの部分ではないでしょうか?デザインのよさももちろんですが、大きなポイントとなるのが、傾斜がついていてフロント部分が少し持ち上がっているという点です。ここについては恐らく賛否両論あると思います。ただ、デスクの上に置いて使う場合、水平になっているより、持ち上がっているほうが、明らかにジャックの抜き差しがしやすかったり、ノブやスイッチの操作がしやすいなど、使いやすさでは抜群でした。こんな形のオーディオインターフェイスって無かったように思いますが、これは便利だと思いました。


サイドパネルによって、フロントが少し持ち上げられいて、使いやすくなっている

 

その目を引くサイドパネル、ハニカムとも違う、不思議なデザインとなっていますが、これをデザインしたのはドイツ人デザイナーのAxel Hartmann(アクセル・ハートマン)。先日の記者発表会でそれを聞いてビックリしましたが、みなさんはAxel Hartmannってご存知ですか?彼は、まさに知る人ぞ知るシンセサイザのデザイナー。回路設計ではなく、筐体のデザインをする人であり、MOOGのMiniMoog VoygerやWaldorfのMicroWAVE XT、またAlesisのAndromeda A6やionといった数々のデザインをしているほか、自らのブランドでNeuronというシンセサイザーを出した人としても知られている人。そのAxel Hartmannがデザインしたオーディオインターフェイスというだけでも持っておく価値があるような気もするのですが、いかがでしょうか!

でもやっぱり水平に置きたいという場合は、自己責任になりますがサイドパネルの取り外しも可能です。一方US-16×08では、ラックマウントアングルが付属しているので付け替えできますよ。


Windows版のドライバインストール画面

一方で、US-2×2およびUS-4×4は、これまで数多くあったTASCAMのオーディオインターフェイスとは一線を画している点があります。それがドライバーです。これまでのUSシリーズ用のドライバは、ドイツのPloytec社が開発するドライバーを使っていたのに対し、今回のものはTASCAMによって開発・監修された純国産ドライバーになっているんです。


Windowsのドライバ設定画面

個人的にはPloytecのインストーラってあまり好きではなかったので、ここについては大歓迎。WindowsでもMacでもドライバをTASCAMサイトからダウンロードの上、スムーズにインストールできます。ドライバ設定画面はシンプルなもので、それほどパラメータがあるわけではないのですが、レイテンシーを決めるバッファサイズの設定のほか、ダイレクトモニタリングに関するモノかステレオ化の設定、どのオーディオ入力を有効にするかの設定、ラインアウトに出力する信号の設定などがあるだけなので、難しいことはなさそうですね。


Mac版の設定画面。Windows版と異なり、ここにバッファサイズ調整はなく、これはMacのCoreAudio設定で行う

このドライバの設定画面で最初分からなかったのが「ERP2 Setting On/Off」という項目でした。ここにチェックを入れても何も変化が起こらず何なんだろう…とマニュアルを調べてみたら見つかりました。「スタンドアロンモード動作時に、本機に入力信号が検出されない状態(-60dbFS以下の状態)が30分間経過した場合に、自動的に電源をオフ(スタンバイ状態)にするかを設定します」と書かれていました。

 

ん??スタンドアロンモードって何だ??と調べてみたら、US-2×2もUS-4×4も、PCと接続していない状態でも使うことができるんですね。何に使うって、そう、単体のマイクプリとして使用することができるんです。DTMユーザーの場合、こういう使い方はあまりしないとは思うけど、クセがなく結構高音質なマイクプリなんで、ほかのオーディオインターフェイスイスの前段につないで使ってみるなんていうのも、ありかもしれません。


Macなら、とりあえず接続しただけでも、MIDIポートも 認識されている

 

さて、このドライバに関連して、もう一つ言っておかなくてはならないのが、ハードウェア側の仕様です。先ほど「Mac用のドライバ」というような表現をしましたが、Macの場合、正しくはドライバではなくセッティングパネル。そう、実はMacはこれをインストールしなくても、接続するだけで使えちゃうんですよ。なぜかというと、US-2×2やUS-4×4がUSBクラスコンプライアント(USB Audio Class 2.0で動作)という仕様だからです。

 

Windowsの場合、Windows 8.1になってもUSB Audio Class 2.0対応していないため、ドライバのインストールが必須なのですが、MacはOS自体が対応しているんで、そのまま使えます。


iPhone 6 Plusと接続して使うこともできた

 

さらに、USBクラスコンプライアントであるということは、iOSデバイスで使えるということでもあります。間にLightning-USBカメラアダプタを挟む必要はありますが、これでiPadと接続しても動くし、先日買ったばかりの、iPhone 6 Plusでも動かすことができました。ただし、iOSデバイスからの電源供給では動かすことができたいため、US-4×4の場合はもちろん、US-2×2でもACアダプタが必要となります。US-2×2の場合は別売りのACアダプターが必要となるため、注意が必要です。


SONAR X3 LE、さらにはAbleton Live 9 Liteもバンドルされている 

 

なお、US-2×2もUS-4×4も標準で2つのDAWがバンドルされています。1つがSONAR X3のライトバージョンであるSONAR X3 LE、もう一つはWindowsでもMacでも使えるAbleton Live 9 Liteです。SONAR X3 LEを試してみたところ32トラックまでという制限はあったものの、かなり使えるDAWとなっていたので、今度改めてレポートしてみようと思っています。

 

【関連情報】
US-2×2製品情報
US-4×4製品情報

【価格チェック】
◎Amazon ⇒ US-2×2
◎サウンドハウス ⇒ US-2×2
◎Amazon ⇒ US-4×4
◎サウンドハウス ⇒ US-4×4




Commentsこの記事についたコメント

13件のコメント
  • yuy

    藤本健さん
    こんばんは。こちらの記事を拝見し、購入を検討している者です。
    最近のオーディオI/Fほとんどに言えることかもしれないのですが、質問よろしいでしょうか?
    上位機種であるUS-16×08には4バンドイコライザー、コンプレッサーなどのDSPミキサーが装備されていると書かれているのですが、このDSPというシステムはコンピューターに負荷なくレイテンシ―0でかけ録りできる非常に便利な機能であることはわかるのですが、構造的にハードではなくソフトウェアと考えて良いのでしょうか?
    いわゆるVstプラグインのようにパソコン側で作るシミレーション効果なのか、インターフェイスの中にちゃんとハードとして設計された物(エフェクト)が搭載されているのか、疑問なのです。

    2014年10月2日 8:21 PM
  • 藤本健

    yuyさん、こんにちは。
    いまフランスへの取材出張に出ていて、お返事がおそくなりました。
    このUS-16×08のDSPエフェクトですが、基本的にはUS-366のものと
    ほぼ近いもののようです。詳細についてはUS-366の記事
    http://www.dtmstation.com/archives/51845904.html
    などをご覧いただければと思います。
    システム的には完全にハードウェアで処理しています。
    ただし、その設定だけはPCのソフトウェアで行っているので、
    現在のモードがどうなっているかなどは画面で確認することは可能です。
    とはいえ、VSTなどのプラグインとはまったく違うため、DAWの中に組み込んで使うのではなく
    あくまでも入力時、出力時にかけるものとなっています。

    2014年10月4日 11:11 PM
  • hks

    藤本さん、いつもためになるレビューありがとうございます。
    この製品の購入を検討しているのですが、この製品の場合、録音と再生を別のソフトから行う事は可能なのでしょうか。
    DAWなどを使っていると録音と再生は同時に行われるのが通常なのですが、私の場合、DAWは使わずにFFTスペアナソフトと波形生成ソフトを別々に起動して使う場合が多いです。(efu氏のWaveSpectraとWaveGene)ソフトが別の場合は片方のソフトがASIOドライバーを掴んでしまうともう片方から使えないと言うことが起きるので、その辺りどうなっているのかが気になります。
    これまではE-MU 0404 USBを使っていたのですが、最新OS用のドライバーが無いのでそろそろ買い替え時期かなと思っています。

    2014年10月5日 9:49 AM
  • 藤本健

    hksさん
    こんにちは。Windowsの場合、ドライバに何を使うかで決まってきます。
    ASIOは排他的ドライバなので、1つのアプリがつかむと、ほかでは使うことができません。
    一方でMME、またWASAPIの共有モードであれば大丈夫ですよ。
    これは、特定のオーディオインターフェイスというわけではなく、どれでも同じです。

    2014年10月7日 11:56 AM
  • hks

    藤本さん、お返事ありがとうございます。
    なるほど、ASIOは排他的なドライバなのですね。
    WASAPIの共有モードなど、試してみる価値はあるのですね。
    参考になりました。

    2014年10月7日 11:55 PM
  • ALEX

    はじめまして。
    動作条件に
    対応パソコン USB2.0を装備したApple Macintoshシリーズ
    CPU デュアルコアプロセッサー 2GHz以上
    メモリー 2GB以上
    とありますが、2アウトにも関わらず2Ghz以上なのでしょうか?
    私のMacBookAirですら、1.3GHzなのですがスペックが高すぎませんか?

    2014年11月9日 6:29 PM
  • ME

    はじめまして。
    とあるサイトを見て気になったのですが、
    US-2×2はステレオミキサーの機能ってついているんですか?
    ついていた場合どこをどう使えば良いのでしょうか?

    2016年1月6日 2:45 PM
  • 藤本健

    MEさん
    「ステレオミキサー機能」というのは、再生している音を取り込む機能、という意味ですよね?
    一部の人たちで「ステレオミキサー」とか「ステミキ」と呼んでいるこの機能、一般的には「ループバック機能」といいます。
    で、記事にも書いた通りで、US-366はループバック機能を装備していますが、US-2×2やUS-4×4にはありませんね。

    2016年1月10日 2:29 PM
  • ハモリが苦手

    こんにちは、藤本さん。
    4×4の購入を考えているんですが、
    フォン端子でシンセサイザの入力は可能なんでしょうか?
    FA-08を使っています。

    2016年2月15日 4:50 PM
  • 藤本健

    ハモリが苦手さん
    こんにちは。はい、可能ですよ。その場合、入力ゲインは一番しぼった形にしてください。
    こんな記事もご参考に
    http://www.dtmstation.com/archives/51868479.html

    2016年2月15日 8:10 PM
  • ハモリが苦手

    ありがとうございます!!
    参考になります!!

    2016年2月16日 3:42 PM
  • おうとちゅーん

    はじめまして、藤本さん
    上の方同様、4×4について、質問です。
    1、コンプレッサー、イコライザーは、ついてないのでしょうか?
    2、また、pcに接続した場合、ニコ生ではループバックとインプットのみを
      同時に使うことは可能でしょうか?
    よければ、お返事ください。

    2016年2月18日 5:42 PM
  • 藤本健

    おうとちゅーんさん
    こんにちは。お答えすると
    1.そうですね、DSPを内蔵していないので、持っていません。
    2.ループバックを鳴らしながら、入力も同時にニコ生で放送する、という意味ですよね?
    つまりiTunesでカラオケを再生しながら歌を歌うとか、ゲームの音を出しながら、それに実況を加えていくという使い方であれば可能です。

    2016年2月18日 7:06 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です