Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

声優・井上喜久子さんCVのVOCALOID&VOICEROID「桜乃そら」が誕生。一足先に試してみた!

すでにご存知の方も多いと思いますが、AHSが7月26日に声優の井上喜久子さんをCVに起用したVOCALOID5対応ボイスバンクVOCALOID 桜乃そら ナチュラル」および「VOCALOID 桜乃そら クール」の2種類、さらに言葉をしゃべる音声合成ソフトVOICEROID2製品「VOICEROID2 桜乃そら」を発売すると発表しました。製品としてはそれぞれのパッケージ版、ダウンロード版があり、またボイスバンク2つをセットにしたパッケージ版「VOCALOID 桜乃そらコンプリートナチュラル・クール」のそれぞれが発売されます。
※「桜乃そら」の発音は「ハルノソラ」

 

7月12日にヤマハから発売になったVOCALOID5の対応のサードパーティー製ボイスバンクとして初の製品となる「桜乃そら」。一足早く、サンプル版を入手することができたので、これがどんなソフトなのか、やっぱり17歳の歌声なのか(おいおい)、ちょっと試してみました。


「VOCALOID 桜乃そら」、「VOICEROID 桜乃そら」はともに7月26日発売


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

AHS社長の尾形友秀さんが「会社の総力を挙げ、社運を賭けて開発した!」と力説する今回の「桜乃そら」。それを象徴する公式デモソング『どんな言葉なら届きますか?』(作詞:畑亜貴、作曲:田中公平)がこちらです。

 

 

畑亜貴さんと田中公平さんのコンビで公式デモソングをブチ上げるって、前代未聞。「AHS、ここまでやって大丈夫なのか!」とちょっぴり心配になってしまいますが、社長の本気度が伝わってきます。でもビデオを見ると、まるでディズニー映画でも見ているかのようなファンタジーの世界。歌声の滑らかさ、自然さを見ても、従来のVOCALOIDの常識を完全に打ち崩すような、作品に仕上がっていて、ちょっと感動してしまいました。

「桜乃そら」の各パッケージ

この曲のVOCALOIDデータの入力を行った、みろんPさんにTwitter経由でお話を伺てみたところ「今回、VOCALOID5の新機能もいろいろ活用して入力を行いました。特にAirやBreathnessでは語尾息や無声音、半無声音といった表現が簡単にでき、Exciterでハリをグラフ一つで設定できるなど、これまでより表情豊かに歌わせることが短時間でできたと思います。それと、アタック&リリースはさまざまな形のテンプレートが用意されているのがいいですね」とのこと。やはりベタ打ちというわけではないようですが、とても滑らかに歌わせているのは、すごいですよね。

VOCALOIDがここまでの歌声を出せるというのは、やはり非常に大きな進化といえそうですね。ほかにもEHAMICさん作詞・作曲の『恋の呪文はソラソラ』、だいすけPさん作詞・作曲・編曲・動画の『湯霧ノ旅路』などの公式作品も上がっているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

さて、まずは、VOCALOID5のシステムがインストールされているマシンに、「桜乃そら ナチュラル」と「桜乃そら クール」をインストールしてみました。AHSサイトでの説明を見ると


「VOCALOID 桜乃そら ナチュラル」のインストーラ画面

「VOCALOID 桜乃そら ナチュラル」はやさしくやわらかい声質が特徴です。バラードはふんわりと、ミドルテンポ~アップテンポのポップソングはやさしさはそのままに流麗に歌い上げます(推奨音域:A2~C5、推奨テンポ:50~160bpm)。「VOCALOID 桜乃そら クール」は力強く張りのある、のびやかな声質が特徴です。スローテンポのパワー系バラードから、演歌~ハイテンポなロックまで対応します(推奨音域:E2~C5、推奨テンポ:70~200bpm)。


「VOCALOID 桜乃そら クール」のインストーラ画面

とあります。もちろん、これを駆使すれば、さっきの公式デモのような歌声を出せるのだと思いますが、気になるのは素人がベタ打ちで入力してどう歌ってくれるのか、そこにVOCALOID5標準の機能で、どのくらいのバリエーションを出せるのか、という点。


VOICEに「Sora Natural」を選択の上、ベタ打ちで入力

ここでは2小節分の歌声をベタ打ちで入力した後に、VOCALOID5の新機能であるスタイルで、少し雰囲気を変えるテストをしてみたので、ご覧ください。ベタ打ちでもキレイな発音ですが、すごくバリエーションのあるサウンドを簡単に作り出せるのが分かりますよね。

 

先日の記事でも紹介した通り、このVOCALOID5はさまざまな進化をしているわけですが、このうちのスタイルは
  • SINGING SKILL(歌い上げの特徴やテクニックの設定)
  • VOICE COLOR(歌声のキャラクターづくりの設定)
  • ROBOT VOICE(ケロケロボイスの設定)
  • BREATH(息継ぎの設定)
  • AUDIO EFFECT(11種類のエフェクト)
などを組み合わせたもので、プリセットとして膨大に用意されているものを切り替えていくだけで、かなりバラエティー豊かな歌声に代わることを実感できたか、と思います。


スタイルの詳細を見てみると、さまざまなパラメータが設定されている

「桜乃そら ナチュラル」も「桜乃そら クール」も、まさに井上喜久子さんが歌っているかのごとくの歌声。永遠の17歳の歌声を自分で自由にコントロールして目の前で歌わせることができる、と思うと、やはりグッとくるものがありますよね。

ところで、VOCALOID5 Editorでは、右上の「メディア」というボタンを押すと、VOCALOID5ボイスバンクに収録されているサンプルフレーズやWAVによる声などをプレビューでき、トラックに貼り付けていくことができるようになっています。「桜乃そら ナチュラル」および「桜乃そら クール」をインストール後、これを開いた上でVOICE項目で「Sora Cool」と「Sora Natural」に絞り込んで見てみると、膨大な数のWAVファイルが並んでいます。


「メディア」を開きてみると、さまざまな声が収録されており、このままトラックに貼ることができる

 

たとえば「ワンツースリーフォー」といったカウントだったり、「on bass」、「on keyboard」なんてメンバー紹介、さらには息継ぎ音やリップノイズ、またシャウトする声なども含め数多くが収録されおり、これらをすぐにトラックに貼り付けていけるのです。これらの声を少しプレビューしたものをビデオに収録してみたので、聴いてみてください。

聴いてみると分かる通り、ナチュラルに入っているexVOICEとクールに入っているexVOICEでは同じ言葉でも声質が結構違うのも面白いところです。もっとも、従来からAHSで発売しているVOCALOID製品「結月ゆかり」や「猫村いろは」、「氷山キヨテル」、「紲星あかり」……といったものをご存知の方なら「なんだ、これって従来あったexVOICEが、VOCALOIDのシステムからも呼び出せるようになったってことじゃないか!」と思うかもしれませんが、まさに、その通り。やっぱりボーカル作品を作り上げていく上で、VOCALOIDによる歌声だけじゃなく、こうしたWAVファイルを組み合わせることで、断然、表現の幅も広がっていきますからね。


「VOICEROID2 桜乃そら」のインストーラ画面

ところで、きっとVOCALOID製品より数の上では、売れるんだろう……、と思われるのが、VOICEROID2製品の「桜乃そら」です。これは日本語のテキストを入力すると、そのまましゃべってくれるという、音声合成ソフトです。


「VOICEROID2 桜乃そら」の画面

中には「VOICEROIDなんていうもの、知らなかった」という方もいるかもしれれないので、この記事の冒頭の文章をそのままコピペするとどうなるかをお見せしますね。

 

 

どうですか?いとも簡単に、何の調整もせず、井上喜久子さんの声で、そのまま自然にしゃべてくれることが理解いただけたかと思います。まさに読み上げたいテキストを入力して再生ボタンをクリックするだけ。「時代はここまで進んでいたのか!」と驚かれた方も少なくないのではないですか?


ボイスパラメーターを調整することもできる…

これで、まったく違和感のない朗読にはなっていますが、「やっぱりちょっとイントネーションをいじりたい」という場合には簡単にアクセントを変えたり、音量をいじったり、また話速や音の高さ、また抑揚を調整する機能などもついているので、自分のビデオ作品でのナレーションに使うとか、場合によってはゲーム実況などのネット配信番組などに活用することもできそうですよね。


イントネーション(アクセント)や抑揚も自由に調整できる

ところで、先ほどのインストーラーを見てお気づきの方もいたかもしれませんが、各製品には「MMDモデル」が同梱されています。これを利用することで、Miku Miku Danceのシステムですぐにモデリングさせることができるようになっています。


MMDデータが一式用意されている

とはいえDTMユーザーの場合、「Miku Miku Danceなんて難しそうで使い方が分からない」という方が大半なのではないでしょうか?でも、これらの製品には「キャラミん♪ Studio」(90日間製品版と同様に使えるもの)および「キャラミん♪」なるソフトが同梱されています。


「キャラミん♪STUDIO」(90日製品版)および「キャラミん♪」が同梱されている

より簡単に使える「キャラミん♪」の場合、上記のMMDデータを読み込ませるとともに、手持ちのMP3データなどを読み込ませると、すぐにリズムに合わせて3D動画で踊ってくれるようになるんです。つまり自分で曲を作った上で、ここに流し込めば、桜乃そらが歌って、踊ってくれるわけですね。このビデオ作成までを行ってくれるのが「桜乃そら」なんです。


キャラミん♪にMMDデータを読み込ませれば、すぐに音楽データに合わせて躍らせることができる

 

以上、本当にちょっと試してみただけではありますが、VOCALOID5ボイスバングの「桜乃そら ナチュラル」、「桜乃そら クール」そしてVOICEROID2の「桜乃そら」について紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

 

一つ注意点を上げておくと、VOCALOID5のボイスバンク製品を使うには、別途ヤマハのVOCALOID5 STANDARDもしくはVOCALOID5 PREMIUMが必要となり、少なくともVOCALOID5 Editorをインストールしておく必要があります。「桜乃そら ナチュラル」もしくは「桜乃そら クール」単体で起動させることはできないので注意してくださいね。またVOCALOID4 Editorを持っていたとしてもVOCALOID5へのバージョンアップが必須であり、VOCALOID4 Editorのままでは、これらのボイスバンクを読み込むことはできません。

 

VOICEROID2の「桜乃そら」のほうは、そうした制限はなく、これ単体で動かすことができるので、安心してくださいね。

 

なお、AHSでは、「桜乃そら」シリーズ製品が発売される7月26日の前日、7月25日に、AHS公式生放送(FRESHLIVE)で19時より、井上喜久子さんをゲストに番組展開するとのこと。先ほど、社長の尾形さんに伺ってみたところ、井上喜久子さん以外にも豪華ゲストがいろいろいらっしゃることになりそうなのだとか……。私も現場取材に行こうと思っているところですが、ぜひこの放送もチェックしてみてくださいね。

【関連情報】
「VOCALOID 桜乃そら ナチュラル」製品情報
「VOCALOID 桜乃そら クール」製品情報
「VOICEROID2 桜乃そら」製品情報

【AHS公式生放送】
FRESHLIVE 7月25日 19:00~

【価格チェック&購入】
◎AHSストア ⇒ VOCALOID 桜乃そら ナチュラル
◎Amazon ⇒ VOCALOID 桜乃そら ナチュラル
◎サウンドハウス ⇒ VOCALOID 桜乃そら ナチュラル
◎AHSストア ⇒ VOCALOID 桜乃そら クール
◎Amazon ⇒ VOCALOID 桜乃そら クール
◎サウンドハウス ⇒ VOCALOID 桜乃そら クール
◎AHSストア ⇒ VOCALOID 桜乃そら コンプリート
◎Amazon ⇒ VOCALOID 桜乃そら コンプリート
◎サウンドハウス ⇒ VOCALOID 桜乃そら コンプリート
◎AHSストア ⇒ VOICEROID 桜乃そら
◎Amazon ⇒ VOICEROID 桜乃そら
◎サウンドハウス ⇒ VOICEROID 桜乃そら