Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ
  • ワンランク上のオーディオインターフェイスMOTU UltraLite AVBで、家での時間を優雅に過ごすというワザ

緊急事態宣言がとりあえず全国的に解除されたとはいえ、新しい生活様式ということで、家で過ごす時間はやはり従来よりは長くなりそうです。その家での時間をいかに快適に過ごすかによって、心にもゆとりがうまれてきそうですが、その快適さを左右する大きなモノの一つがオーディオの音質ではないでしょうか? 別にハイエンドオーディオについてではなく、ちょっとテレビを見るとか、Spotifyで音楽を聴くとか、ゲームを楽しむ際の音がいいと、気持ちも豊になってきます。

その音を決める要素は、スピーカー、アンプ、ケーブル……といろいろありますが、今回ピックアップするのはDACにハイエンドなオーディオインターフェイスを利用するというワザ。たとえばMOTUUltraLite AVBというオーディオインターフェイスの場合、スタンドアロンで動作するからPCの電源を入れなくても、これをテレビに接続していい音にする……なんて使い方ができるんです。ちょっとトリッキーな使い方ではありますが、予想以上に大きな効果を発揮してくれたので、その使い方について少し紹介してみたいと思います。

テレビのオプティカル出力をMOTUのUltraLite AVBに接続することで、音質が従来と比較にならないほど向上する

Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

みなさんは家での時間をどのように過ごしていますか? もちろんDTM三昧で、ずっとPCに向かって音楽制作をしてる、という人も少なくないとは思いますが、やはりテレビをつけて見ていたり、NETFLIXやhulu、またAmazon prime videoなどで映画を見たり……ということも多いのではないでしょうか? また仕事をしている時間だったり、食事をしているときに、Spotifyで音楽を聴いている……という人も少なくないと思います。

AmazonのFire TV Stickは便利な機材だが、工夫次第でその音質を飛躍的向上させることができる

AmazonのFire TV Stickを持っていれば、大きなテレビ画面で映像を楽しむことができるし、これでSpotifyも流すことができるので、とっても便利ですよね。とくにAmazon primeの会員になっていれば、これ一つでさまざまなプログラムを楽しむことができるから、いまはFire TV Stickなしでの生活なんて考えられない……という人も結構多いのではないでしょうか?

Fire TV Stickがあれば、さまざまなコンテンツを視聴できる

一方、家にいる時間、ゲーム三昧という人も少なくないでしょう。Nitendo Switchなどは、品不足でなかなかモノが入手できないそうですが、大きな画面で楽しむ場合はHDMIでテレビに接続して使うでしょうし、Playstation 4においても同様です。

その際、みなさんはどこから音を出していますか?圧倒的に多いのは液晶テレビのスピーカーから音を出しているケースだと思います。でも残念ながら、今の液晶テレビって、本当に音が貧弱なんですよね。液晶の大画面化は進める一方で、なるべく薄く、ベゼルを細くして目いっぱい画面にする……というのが全テレビメーカー共通の流れになっており、音の部分は完全にオマケの状態。スピーカーはデザイン的に邪魔にならない場所に追いやられ、サイズは小さく、丸くない妙な形だから、音がいいわけありません。

テレビの出力をMOTUのUltraLite AVBに入れることで、世界が大きく変わる

このテレビ内蔵のスピーカーで音を聴くのをやめてDTMのモニタースピーカーから音を出したら、世界はまったく変わるので、ぜひぜひ試してみてください。しかし、せっかくやるなら、簡単な接続で、非常にいい音にするという手法。そこで試してみたのが、MOTUのUltraLite AVBという機材です。

この機材自体は新しいものではなく、5年も前に「超高機能で自由自在、オーディオIF兼デジタルミキサー兼ステージI/O、MOTU UltraLite AVB」という記事で取り上げたこともありました。これは18in/18outのUSBオーディオインターフェイスであると同時に、48chのデジタルミキサーとしても機能し、内蔵DSPによるEQ/コンプレッサを搭載し、LANポートを通じてマルチチャンネルの信号を伝送できる……などなど、オーディオインターフェイスの範疇に留まらない超多機能な機材です。

UltraLite AVBは5年前にリリースされた機材だが、2019年に設計変更になり、ESS SABRE32 DACが搭載された

今回のテーマであるテレビなどの音をいい音質で……という点でいうと、完全にオーバースペックな機材ではあるけれど、MOTU製品だけあって、音質がダントツにいいんです。また型番は同じだけど、5年前と今とではいくつか変更点もあります。まずは、搭載されているDACチップが従来AKMのものだったのが、2019年以降のモデルからはESS SABRE32 DACに変更されています。これにより音の傾向が少し変わり、MOTUのフラグシップである1248と同等のサウンドになると同時に、いま人気すぎて入手困難なMOTU M2/M4ともほぼ同じサウンドになっています。

いま人気で入手困難なM2やM4も同じESS SABRE32 DACが搭載されている

また以前は税抜き92,000円程度だったのが、MOTUの製品ラインナップの変更に伴い値下げされ、現在72,000円程度と安くなっているのです。まあ、それでもM2やM4と比較すると倍以上の値段ではあるけれど、それなりな価格だけに、UltraLite AVBではれば、即入手可能というのも、オーディオインターフェイスがひっ迫して手に入りにくい中、嬉しい存在でもあるのです。

UltraLite AVBのリアパネル

もちろん、普段はテレビを見たり、ゲームをしたり、Spotifyなどで音楽を聴くための機材として利用しつつ、いざDTMで利用するとなれば、信じられないほど高機能、高性能ですからね。たとえば、内部のルーティングが自由にできるから、ループバックさせてネット配信に利用することもできるし、しゃべったり歌ったりするマイク入力に対して内蔵のEQやコンプで音を調整できるというのも、大きなメリットといえそうです。

テレビのS/PDIF(光デジタル)出力をUltraLite AVBのオプティカル入力へ接続する

さて、改めて本題のテレビの音をよくするというワザですが、UltraLite AVBはS/PDIFのオプティカルの入力を持っているので、テレビのオプティカル出力と光ケーブルで接続すれば、もうそれでOK。

前述の通り、UltraLite AVB自体はスタンドアロンで動作するためPCを起動することなく、これ単体でS/PDIFの信号をアナログに変換することが可能であり、しかもESS SABRE32 DACの性能で変換してくれるから、一般的なDACと比較しても断然音がいいわけです。

テレビ放送だけでなく、Fire TV Stickの音楽コンテンツもUltraLite AVBから出力できるようになる

これを使って、地上波やBSのテレビを見てみると、「これまでのテレビ人生を返してくれ!」と衝撃を受けるほど、その音の良さに感激できると思います。もともとテレビ放送って、こんなにいい音だったのね……と実感できるはずです。

また前述のFire TV Stickを利用した場合やPlaystation 4、Nintendo SwitchをHDMI接続した場合も同様。接続はテレビのS/PDIFオプティカルがUltraLite AVBにオプティカルケーブルで接続されていれば、そのままでOK。Amazon prime videoの価値が何倍にも上がって感じられると思いますよ。

UltraLite AVBのオプティカル入力はデフォルトではADATの設定になっているのでTOSLinkに変更しておく

さらにSpotifyなどもFire TV StickからテレビのS/PDIF端子を経由してUltraLite AVBから出力することで、音質が断然向上します。もちろん、Spotifyはストリーミングでの圧縮サウンドではあるけれど、この形で接続すると、「これはハイレゾサウンドなのでは?」と感じるほどですからね。

UltraLite AVBのルーティングは自由自在。とりあえず、オプティカル入力をヘッドホンやメイン出力へルーティングしておく

まあ、72,000円もする高級オーディオインターフェイスを、テレビに接続するだけに使うのは、さすがに贅沢すぎる気もしますが、この音を聴けば、絶対に後悔はしないはず。もちろん、普段はテレビにつなぎつつ、音楽制作する際はMacやWindowsに接続しなおして、DAWとともに利用すれば、非常に高音質でハイスペックなオーディオインターフェイスとして活用することができます。

OBSとの相性もよく、ミックスした結果を配信することが可能

また5年前の記事でも紹介していましたが、UltraLite AVBは18in/18outのオーディオインターフェイスであると同時に、48chのデジタルミキサーとしても機能し、とにかくルーティングが自由自在であるのも大きなポイント。そのため、PCで再生する音をマイクからの入力とミックスして、OBSなどの配信ソフトに送出するといったことも自由自在。まさに配信用には最高の機材でもあるのです。

家で過ごす時間をちょっと優雅にするために、こんなオーディオインターフェイスの使い方をしてみてはいかがでしょうか?

【関連情報】
UltraLite AVB製品情報

【関連記事】
超高機能で自由自在、オーディオIF兼デジタルミキサー兼ステージI/O、MOTU UltraLite AVB
高音質オーディオインターフェイスで定評あるMOTUが2万円台のエントリー機、M2とM4の2機種投入

【価格チェック&購入】
◎Rock oN ⇒ UltraLite AVB
◎宮地楽器 ⇒ UltraLite AVB
◎Amazon ⇒ UltraLite AVB
◎サウンドハウス ⇒ UltraLite AVB

Commentsこの記事についたコメント

3件のコメント
  • 野牛

    いつも非常に参考になる記事をありがとうございますm(__)m

    この記事で紹介されているUltraLiteAVBについてお聞きしたいことがあります。

    オンラインでの音楽レッスンに利用しようと考えているのですが、通話ソフト(ZoomやSkype)で相手側の音とこちらの音をまとめて録音するといったことはルーティング次第で可能なのでしょうか?

    本文でもいわゆるループバック的な運用ができると書かれていますが、M2やM4のようにWindowsのサウンドデバイスが増えるタイプではないようなので、ループバックはできたとしても、その状態で通話すると相手側の音がハウリングするのでは?と気になっています。

    もう一点、通話時に相手側の音量が小さかったりいきなり音量が大きくなったりすることがあるので、PC内の音にゲートやコンプレッサーをかけられたら便利そうだと考えているのですが、こういったことも可能でしょうか?

    お答えいただければ幸いです、よろしくお願い致します。

    2020年6月28日 12:20 AM
  • 藤本 健

    野牛さま

    お返事が遅くなってごめんなさい。借りていた機材をすでに返却してしまったので、代理店のハイ・リゾリューションに問い合わせてみました。設定方法については、以下のページに掲載されているとのことです。
    https://h-resolution.com/blog/motu-pro-audio-avb-youtube-linelive-twitch/

    これを見ると分かりますが、通話時に関して、マイク音声やオケなど別途用意されたコンピュータ音声をUltraLite AVBの内蔵ミキサーで混ぜて、そのメインアウトをサウンドカードの1-2 chに送出します。
    送出された1-2 chの音声は別途DAWなどで録音することが可能ですが、録音時にはモニターをオフにすることでハウリングが防げます。
    注意すべきはDAWで音声が回らないようにモニターをオフにしたり、DAWでの録音チャンネルの設定を工夫する必要があるかもしれません。
    先日より新たに全てのMOTUインターフェイスにバンドルされるようになったPerformer Liteを使ってこのような設定もできますので、詳細については代理店サポートにも相談いただいた方がより具体的な回答を得られると思います。

    そして通話の相手先の音声に対してコンプ等をかけることももちろん可能です。
    ただしUltraLiteで、コンピュータ音声が、配信元のサウンドカードチャンネルと、通話を受信するサウンドカードチャンネルが重複してしまうと、”通話相手の音声にだけエフェクトをかける”ということが難しくなってしまうかもしれません。(ループバックチャンネル全てにエフェクトが適用される可能性があるため)
    用途にもよりますがオケのチャンネルと通話のチャンネルを分けるなどの工夫も必要となります。

    そのほか、詳細についてはハイ・リゾリューションに問い合わせれば答えてくれると思うので、以下まで聞いてみてはいかがでしょうか?
    https://h-resolution.com/contact/

    2020年6月29日 6:53 PM
  • 野牛

    藤本様

    お忙しい中ご返信ありがとうございます!

    公式でこういった解説がされているとは知りませんでした… 余計なお手間をおかけしてしまい申し訳ございませんm(__)m

    ご紹介いただいたページの情報と詳しくご説明いただいたことで、ルーティングとDAWの設定次第でこちらがやりたいことは基本的に全てできそうなので、安心して購入できます。

    詳しくご説明していただき本当にありがとうございました!今後も記事の更新楽しみにしております!

    2020年7月1日 12:27 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です