Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

モニタリング環境を進化させるAKGの密閉型モニターヘッドホン全5機種を試してみた!

世界中の音楽制作現場で定番となっている、AKGのプロフェッショナル・モニターヘッドホン。このシリーズは原音に忠実な音での再生、装着の快適性、メンテナンスのしやすさ……など、プロの音楽制作において必要な要素をすべて持ち合わせています。現在ヒビノ株式会社取り扱いのAKGプロフェッショナル・モニターヘッドホンは、既存モデルにヒビノ独自の1年保証を加えた3年保証モデルとして販売されており、サポートも万全です。

そんなAKGプロフェッショナル・モニターヘッドホンを網羅的に紹介するこの短期連載では、これまで、「最高な音楽を作るための第一歩!AKGのエントリーモデルのモニターヘッドホンでミックスしよう」と「モニター環境をレベルアップさせるAKGのハイエンドなモニターヘッドホン。上位モデルを4機種試してみた!」を紹介してきました。最終回となる3回目の今回は、AKGプロフェッショナル・モニターヘッドホンの密閉型(クローズド型)全5機種をピックアップ。それぞれのモデルにどういった特徴があるのか紹介していきましょう。

AKGの密閉型モニターヘッドホン、左からK872-Y3、K553 MKII-Y3、K371-BT-Y3、K361-BT-Y3、K271 MKⅡ-Y3

Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ


ミュージシャンや作曲家など、プロの人たちが愛用するAKG(ドイツ語読み:アーカーゲー、英語読み:エーケージー)プロフェッショナル・ヘッドホンは、音楽制作において必要な要素をすべて搭載しています。低音域から高音域までのバランスのよさ、色付けの少ない音色など、リスニングヘッドホンのように気持ちよく音を聴くためのチューニングではなく、音源をそのまま再現することを重視。そのため、高音質で高解像度な音源を確認することができ、突き詰めた音作りを可能にします。

音楽制作に必須なモニターヘッドホン

また音楽制作は、長時間の作業になることが多いので、装着感がいいのもポイント。モデルごとにイヤーパッドの素材や硬さ、側頭部への圧やヘッドバンドの調整具合……など、着け心地に違いがあるので、快適に作業するためにもチェックしましょう。

イヤーパッドやヘッドバンドもそれぞれ違うので、装着感もチェックしよう

モニターヘッドホンは使い続けていると、ケーブルが断線したり、イヤーパッドがへたったりしてしまうので、交換できるかどうかなど、メンテナンス面も重要です。価格の高いモデルは、ヘッドホンケーブルが複数付属していることが多いので問題になりにくいですが、ヘッドホンごとにそれぞれケーブル端子の規格があるので、交換の際はこういったところもチェックしておきます。

ケーブル端子の種類や付属本数など、メンテナンス面も確認する

現在ヒビノ株式会社取り扱いのAKGプロフェッショナル・ヘッドホンは、既存モデルにヒビノ独自の1年保証を加えた3年保証モデルとして販売されており、サポートも万全。サポートがしっかりしていると、購入したモニターヘッドホンを長く愛用することができるので、こういった面も確認しておきたいですね。

今回ピックアップするモデル

K271 MKⅡ-Y3    14,000円(税抜)前後
K361-BT-Y3     16,000円(税抜)前後
K371-BT-Y3     21,000円(税抜)前後
K553 MKII-Y3     23,000円(税抜)前後
K872-Y3      130,000円(税抜)前後

今回ピックアップしたモデルは、密閉型(クローズド型)のモニターヘッドホン。ヘッドホンはその構造から大きく、密閉型(クローズド型)と開放型(オープンエアー型)の2つに分けられ、ハウジング部分の特徴がそれぞれ異なります。ハウジングとは、ヘッドホンを装着したときにちょうど耳に着ける部分で、ハウジングの中には音を出すドライバー(振動板)が搭載されています。そのハウジングが密閉されているのが密閉型ヘッドホン、そうでないものが開放型ヘッドホンと呼ばれています。

密閉型ヘッドホンは、遮音性が高く、ヘッドホンから出ている音を外に漏らさず、外部からの音を遮断しやすいため、レコーディング時のモニター用途として使われることが多いです。またハウジング内の空気を利用することで、力強い低音を再生できる一方、音がこもったり、音場が狭くなってしまうという傾向があるとされています。とはいえ、機種によってかなり差があるので、音楽制作用のモデルを選べばどんな用途でも使えます。密閉型であれば、屋外でのリスニングにも活用できますからね。

K271 MKⅡ-Y3

K271 MKⅡ-Y3は、AKG密閉型モデル定番のモニターヘッドホン。再生周波数帯域は16Hz~28kHz。ケーブルを除いた重量は240g。密閉型でありながら自然な音の広がりと、AKGらしい繊細なサウンドが特徴です。よく比較されるK240 MKⅡ-Y3と比べると、音は近めで、高音域がモニタリングしやすく、低音域がタイト寄り。どちらかというと、K271 MKⅡ-Y3の方がモニターヘッドホンのイメージに近いと思います。また、こちらは密閉型なのでレコーディング時などでも、音漏れを気にすることなく使用できます。それから、頭からヘッドホンを外すと自動的に出力をミュートしてくれる、ミュート・スイッチ機能を搭載している点も便利です。
伝統的な円形ハウジングを持つ、密閉型モニターヘッドホンK271 MKⅡ-Y3

ヘッドバンドには、多くのAKGプロフェッショナル・モニターヘッドホンに採用されている、セルフアジャスト機構を採用。これにより、自動的にバンドの長さを調整してくれるので、スムーズな付け外しが可能です。イヤーパッドは、耐久性に優れた合皮素材のイヤーパッドと触り心地のいいベロア製のイヤーパッドが付属しているので、好みによって使い分けることができます。実際に装着してみると、圧迫感が少ないのにちゃんと頭に固定されるので、快適に演奏や作業を行うことができました。

セルフアジャスト機構を採用しているため、装着するだけでヘッドバンドの長さが調整できる

ヘッドホンケーブルは、3mストレートと5mカールコードが付属。ヘッドホンケーブルは、着脱式となっているので簡単にリケーブルできます。ヘッドホン側の端子は、Mini-XLR端子なので、この規格に対応しているケーブルであれば、好きなケーブルを使うことができます。長さと形状が異なる2つのケーブルが付属しているので、用途によって選択できるのは、嬉しいところですよね。ちなみに、付属ケーブルのプレイヤー側の端子は3.5mmステレオミニジャックとなっており、付属の6.3mm標準プラグ変換を使えば、標準ジャックとの接続ができます。

ヘッドホン側の端子はMini-XLR端子を採用している

K361-BT-Y3

K361-BT-Y3は、Bluetoothでも有線でも使えるハイブリッドなモニターヘッドホン。再生周波数帯域は15Hz~28kHz。ケーブルを除いた重量は252g。Bluetooth使用時の連続再生時間は約24時間。精度の高い音を聴きたいときには、ケーブルを使ってしっかりモニタリングすることもできます。手軽に音楽を聴きたいときにはBluetooth接続で使い、音楽制作時にはヘッドホンケーブルを使うことが可能なので、1つのヘッドホンをいろいろな用途で使いたい方におすすめです。

ハウジングに搭載されたスイッチを切り替えて、Bluetooth機能をオンオフできる

5/22に発売された最新モデルということもあってか、いい意味でAKGっぽくないヘッドホンに仕上がっています。AKGのヘッドホンというと大きな円形のハウジングが特徴ですが、K361-BT-Y3はコンパクトな楕円形のハウジング。折り畳んだ時も他のモデルよりも小さくなるので、かなり持ち運びが楽になりました。ですが音質は、しっかりAKGサウンドを受け継いでいて、音場の広さや奥行き感はかなりいいです。以前「ワイヤレスでも有線でも使える!ハイブリッドなAKGのモニターヘッドホンK361-BT-Y3、K371-BT-Y3が新登場」という記事で、K361-BT-Y3について紹介しているのでぜひそちらもご覧ください。

K371-BT-Y3

K371-BT-Y3は、K371-Y3にBluetooth機能を搭載した後継モデル。K361-BT-Y3とは、兄弟のような関係で、よく似た見た目をしています。再生周波数帯域は5Hz~40kHz。ケーブルを除いた重量は294g。Bluetooth使用時の連続再生時間は約40時間です。K361-BT-Y3と同じく、ヘッドホンケーブルを使った接続とBluetooth接続が可能なハイブリッドなヘッドホンになっています。小さくコンパクトに折り畳めるのもK361-BT-Y3と一緒ですね。

折り畳み機構を搭載しており、付属のポーチに入れて持ち運べる

サウンドは、かなり低い帯域をモニタリングできる低域の再現性に加えて、AKGらしい高音域の繊細さも持ち合わせていて、リスニング用途でも使えるし、ミックスでも使える使い勝手のいいヘッドホンという印象です。K361-BT-Y3と同様に奥行き感や立体感も正確に再現され、楽曲本来の音を聴けます。K361-BT-Y3は、やや歌にフォーカスされたサウンドに感じますが、K371-BT-Y3は全部がしっかり鳴っていて、楽器のニュアンスもはっきり感じとれるサウンドに仕上がっています。両機とも開放型を得意とするAKGが作った密閉型ヘッドホンということもあり、ほかのメーカーにはない自然なサウンドとなっています。以前K361-BT-Y3とK371 BT-Y3をワイヤレスでも有線でも使える!ハイブリッドなAKGのモニターヘッドホンK361-BT-Y3、K371-BT-Y3が新登場」という記事で一緒に紹介したので、ぜひご覧ください。

K553 MKII-Y3

K553 MKII-Y3は、原音を忠実に再生してくれるプロ向けの密閉型スタジオヘッドホン。再生周波数帯域は12Hz~28kHz。ケーブルを除いた重量は316g。密閉型ヘッドホンの中には、音源との距離が近くなりすぎてモニタリングには不向きなモデルもありますが、K553 MKII-Y3は近すぎず遠すぎずのちょうどよい距離感があります。奥行きや立体感がはっきり分かるので、リバーブを使って空間を作るときにも使いやすいです。また中音域がしっかり聴こえ、高音域がきれいに鳴るので、モニタリングがしやすく、モニターヘッドホンとしての周波数バランスもいいです。高音域の輪郭がしっかり確認できることから、ノイズチェックも容易。フラットなだけでなく、音のタイム感を再現してくれる原音に忠実なモニターヘッドホンだと思います。

削り出しのデザインがカッコいい、密閉型スタジオヘッドホンK553 MKII-Y3

イヤーパッドは、クッション性が高く、触り心地のいい素材が使われており、ハウジングが大きいので装着感はすごくいいです。ヘッドバンドは13段階に調節できるので、しっかり装着できる長さに細かく調整可能。また耳の角度に合わせてハウジング部分が回るので、安定して装着できます。さらにハウジング部分はフラットになるまで回せるので、持ち運び時は薄くコンパクトになります。削り出しのデザインは高級感があり、高い堅牢性も持ち合わせている、長く愛用できそうなヘッドホンです。

ハウジング部分をくるっと回して、フラットに折り畳めるので、コンパクトで持ち運びに便利

ヘッドホンケーブルは、3mカールコードを付属。ヘッドホン側の端子はMini-XLR端子で、プレイヤー側の端子は3.5mmステレオミニジャック。付属の6.3mm標準プラグへの変換を使えば、オーディオインターフェイスなどと接続も可能。またケーブルを簡単に着脱できるので、リケーブルも簡単です。

ヘッドホンケーブルは、3mカールコードを付属

K872-Y3

K872-Y3は、AKG密閉型モニターヘッドホンのフラグシップモデル。再生周波数帯域は5Hz~54kHz。ケーブルを除いた重量は390g。K812-Y3に採用された最新技術を引き継ぎながら密閉型のハウジングを採用して、念入りにチューニングを施した、完璧なモニターヘッドホンです。デザインは密閉型か開放型かの違いのみで、装着感などもほぼ同じ。サウンドは、情報量が多く、低音域から高音域まで余すことなくモニタリング可能。上下左右、前後感など音の定位が、手に取るように分かり、解像度が高く分離感がいいので、細かいニュアンスまでも、確認することができます。密閉型ヘッドホンなので、周りの環境を気にすることなく、最高の状態で音源を聴ける、最強のモニターヘッドホンだと思います。

密閉型モニターヘッドホンのフラグシップモデルK872-Y3

ヘッドバンドはK812-Y3と同様に、蒸れにくいメッシュ素材を採用。バンドの長さは、11段の段階式で細かく調節できます。イヤーパッドは、耳を覆うアラウンドイヤータイプで、耳の周囲と接する面の形状を保持する3Dスローリテンション技術を採用。素材は、本革のような質感のレザーで、重さがそこそこあるはずなのに、着け心地がいいので、長時間装着しても疲れません。

ヘッドバンド、イヤーパッド、アジャスターには快適に装着できる工夫がされている

ヘッドホンケーブルは、3mストレートを付属。着脱式の端子部分は、LEMOコネクターを採用しており、プレイヤー側の端子は3.5mmステレオミニジャック。6.3mm標準プラグへの変換も付属しています。

脱式の端子部分は、信頼性の高いLEMOコネクターを採用

またキャリングケースが付属しており、持ち運びや保存するときに便利に使用することが可能。このケース自体もかなりしっかりした作りをしているので、安心して持ち出すことができます。ヘッドホンケーブルや変換も一緒に入るので、これを持っていけば、いつでもどこでも、最高の環境で楽曲制作することができますね。

キャリングケースが付属しているので、持ち運びの際に便利に使える

【関連記事】
AKGプロフェッショナル・ヘッドホン全ラインナップ紹介記事
第1回 開放型エントリーモデル (K240 STUDIO-Y3 , K240 MKⅡ-Y3 , K612 PRO-Y3)
第2回 開放型ハイエンドモデル (K701-Y3 , K702-Y3 , K712 PRO-Y3 , K812-Y3)
第3回 密閉型全モデル (K271 MKⅡ-Y3 , K361-BT-Y3 , K371-BT-Y3 , K553 MKII-Y3 , K872-Y3) … 今回記事

【関連情報】
K271 MKⅡ-Y3製品情報
K361-BT-Y3製品情報
K371-BT-Y3製品情報
K553 MKII-Y3製品情報
K872-Y3製品情報

【関連動画】
AKGプロフェッショナル・ヘッドホン3年保証(-Y3)モデルの聴き比べ
~密閉型型編~
https://youtu.be/FXHWzXbxIbI
【取扱店】
K271 MKⅡ-Y3店頭展示
K361-BT-Y3店頭展示
K371-BT-Y3店頭展示
K553 MKII-Y3店頭展示
K872-Y3店頭展示

【価格チェック&購入】
◎Rock oN ⇒ K271 MKⅡ-Y3 , K361-BT-Y3 , K371-BT-Y3 , K553 MKII-Y3 , K872-Y3
◎宮地楽器 ⇒ K271 MKⅡ-Y3 , K361-BT-Y3 , K371-BT-Y3 , K553 MKII-Y3 , K872-Y3
◎Amazon ⇒ K271 MKⅡ-Y3 , K361-BT-Y3 , K371-BT-Y3 , K553 MKII-Y3 , K872-Y3

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です