Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ
  • Native Instrumentsから待望の新バージョンKOMPLETE 13が誕生!同日発表されたGUITAR RIG 6 PROも加わり、より強力に

本日9月2日、Native Instrumentsから待望の新バージョンKOMPLETE 13が発表されました。KOMPLETEは2003年に9つの音源バンドルを発売するところから始まり、今年で17年目を迎える、音楽制作に必須なアイテム。最新バージョンとなるKOMPLETE 13には、過去2年間にリリースされた製品を新たに追加してあり、同日発表されたGUITAR RIG 6 PROもバンドルされています。CREMONA QUARTETARKHISSTRAYLIGHTPHARLIGHTMYSTERIANOIRE……といった大型新作がラインナップに加わり、さらに強化されたKOMPLETE 13。

ラインナップは、これまでと同様でKOMPLETE 13 SELECT、KOMPLETE 13、KOMPLETE 13 ULTIMATE、KOMPLETE 13 ULTIMATE Collector’s Editionの4つ。発売は2020年10月1日を予定しており、待ちきれない気持ちではありますが、KONTAKT Play Seriesにも新しく音源が加わったり、GUITAR RIG 6 PROも進化しているので、速報という形でNative Instrumentsの新製品の概要について、紹介してみましょう。

Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ


業界標準の音源やエフェクトをバンドルしているKOMPLETE。その中には、MASCHINEやMASSIVE Xといった人気のソフトシンセ、業界標準のサンプラーKONTAKTといった音楽を扱う業界では必須のツールが収録されています。DTMで音楽制作をしていれば、必ず耳にするであろうKOMPLETEは、誕生してから17年経ち、KOMPLETE 13にバージョンアップしました。KOMPLETE 13のラインナップは、エントリー版のKOMPLETE SELECT、通常版のKOMPLETE、最上位のKOMPLETE ULTIMATE、そしてほぼ全部入りのKOMPLETE ULTIMATE Collector’s Edition。

製品名 製品数 サウンド数 メーカー希望小売価格(税込み)
KOMPLETE 13 SELECT 16 10000以上 ¥25,800
KOMPLETE 13 65以上 35,000以上 ¥72,400
KOMPLETE 13
ULTIMATE
115以上 65,000以上 ¥144,400
KOMPLETE 13
ULTIMATE Collector’s
Edition
190以上 115000以上 ¥204,800

上記の4ラインナップがKOMPLETE 12から引き継がれており、発売は10月1日。それぞれの内容は以下のようになっています。




かなり大量な内容となっていますが、よく見てみるとKOMPLETE 13 で新たに収録される製品には「*マーク」が付いています。具体的には、GUITAR RIG 6 PRO、CREMONA QUARTET (STRADIVARI VIOLINを含む)、ARKHIS、PHARLIGHT、STRAYLIGHT、MYSTERIA、SUPER 8、SESSION GUITARIST – ELECTRIC SUNBURST DELUXE、NOIREなどが加わっており、これらはここ2年間にリリースされた新製品。

従来の製品に加え、過去2年間にリリースされた製品がバンドルされている

またKOMPLETE 13 ULTIMATEやKOMPLETE 13 ULTIMATE Collector’s Editionなどには、各ジャンルに特化したサウンドパッケージExpansionsが大幅追加されています。また、KOMPLETE 13のプロモーションビデオもあるので、こちらも参考になると思います。

さて、そのKOMPLETE 13の中でも注目なのが、このタイミングで新たに発表されたGUITAR RIG 6 PRO。GUITAR RIGはギターアンプをソフトウェア的にシミュレーションするソフトで、IK MultimediaのAmpliTubeなどと並ぶ、老舗ソフト。初代は2004年にリリースされているので、16年もの実績のあるソフトでもあります。今回KOMPLETEに収録されているGUITAR RIG 6 PROはその最新版であり、最上位版。オーディオインターフェイスの入力にギターを接続して、GUITAR RIGを通すことで、リアルタイムにホンモノのギターアンプを通した音に変化させることができると同時に、数々のエフェクトも使うことが可能です。

同日バージョンアップが発表されたGUITAR RIG 6 PRO

これまでのGUITAR RIGをお使いの方なら画面を見れば分かる通り、今回のバージョンでユーザーインターフェイスが刷新されています。また新しいアンプやエフェクト、インテリジェント・サーキット・モデリング(最新の機械学習モデリング技術)を追加搭載され、ハードウェアのエミュレーションがよりリアルになっているとのこと。この技術は新シリーズの象徴的なブティックアンプとビンテージアンプの製作にも利用されており、どのエミュレーションも個性的なキャラクターとトーンを兼ね備えています。 さらに、将来的なアップデートで、どんなハードウェアをモデリングしてほしいか、ユーザーからNIに提案できるなど、製品開発に加わることもできるようになっています。
今回のバージョンでユーザーインターフェイスが刷新されている

そして最新版GUITAR RIG 6 PROではNIの多彩なエコシステムから新たに14のエフェクト、REVERB CLASSICS、VINTAGE COMPRESSORS、CRUSH PACK、MOD PACK、SOLID MIX SERIES、TRANSIENT MASTER、RAUM、RAMMFIRE、TRAKTOR’S 12が追加され、より多彩なサウンドを表現できるようになっています。

またYvette Young、Tim Lefebvre、Pete Thorn、Zola Jesus、Butch Vigなどの人気ギタリスト、ベーシスト、プロデューサー、ソングライターによるインスピレーション満載のプリセット集が収録されているほか、今後のアップデートでさらに多くのプリセットも追加される予定です。さらに、もともと単体販売しているRAUMやSOLID MIX SERIESなどのエフェクト製品が、コンポーネントとして追加収録されており、ギターだけでなく、シンセやボーカル、ドラムなど汎用性が全バージョンよりも増しています。以下にGUITAR RIG 6 PROのプロモーションビデオもあるのでご覧ください。

もちろんGUITAR RIG 6 PRO以外にもさまざまな音源、エフェクトなどが追加されているわけですが、今回の速報版では紹介しきれないので、機会があれば改めて取り上げたいと思っています。あえてもう1つピックアップするのであれば、KONTAKT Play Seriesに追加された、BUTCH VIG DRUMS、LO-FI GLOW、MODULAR ICONS、CLOUD SUPPLYの4つの音源でしょうか。

CLOUD SUPPLY

KONTAKTは、開発ツールともなっているため、サードパーティー製の音源も多く存在し、いろいろな音色を鳴らすことができるソフトウェアサンプラー。幅広い業界で使われているKONTAKTにNative Instruments社公式のライブラリが追加されました。

LO-FI GLOW

BUTCH VIG DRUMSは、ハリウッドのUnited Recording Studio Aで録音されたロックドラムで、Nirvana「Nevermind」Smashing Pumpkins「Siamese Dream」、Green Day「21st Century Breakdown」などといった歴史的名盤のプロデューサーでもありドラマーのBUTCH VIG制作のライブラリ。

BUTCH VIG DRUMS

LO-FI GLOWは、名前の通りローファイなキーボード、ギター、ベースを得意としており、MODULAR ICONSは、数多くのアーティストが作った100以上のプリセットを搭載してるヴィンテージ・モジュラーシンセ。CLOUD SUPPLYは、中毒性のあるどこか怪しい雰囲気を持ったパッド、プラック、ベル、シーケンスで、グラミー賞受賞プロデューサー/ライターSnipe Young監修のライブラリとなっています。どれも、高品質でかなり使い勝手のよいライブラリとなっています。

MODULAR ICONS

というように、KOMPLETE 13はどれも強力な音源が追加されているわけですが、もし旧KOMPLETEからのバージョンアップや下位のKOMPLETEから上位のKOMPLETEへのアップグレードを考えているのであれば、アップグレードパスが用意されているので、Webショップなどを通じてアップグレード可能です。

KOMPLETEのアップグレードプログラム

以上、新バージョンKOMPLETE 13を紹介しました。発売は、10月1日とあと1ヶ月に迫っていますが、これまでKOMPLETEを持っていなかった人も、バリバリに使っていた人も、かなり気になる内容だったと思います。今後それぞれ詳しい内容もレポートしていければと思っております。

【関連情報】
KOMPLETE 13製品情報

GUITAR RIG 6 PRO製品情報