Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

マニアックシンセのZ3TA+2やTeletronix LA-2Aエミュレータが入手可能なCakewalk Store Japanがオープン

12月21日、SONAR X2のアップデータ、SONAR X2aが公開になり、無償ダウンロード可能になりました。これによって、主要DAWで初のWindows 8のマルチタッチ対応となり、PCのディスプレイ画面そのものをコントロールサーフェイスとして利用可能になったのです。さっそくインストールしてみたものの、残念ながら私自身がマルチタッチのディスプレイを入手できていないので、その凄さをまだ実感できていません。これについては入手でき次第、レポートしてみたいと思ってます。

 

そのSONAR X2aの公開と同じタイミングで、「Cakewalk Store Japan」がオープンしました。名前の通りCakewalkの日本の販売サイトであり、国内ではダウンロード専用サイトとしてローランドが運営しているものです。実はSONARユーザーでなくても、またMacユーザーにとっても気になるソフトが販売されているので、ちょっと紹介してみましょう。


12月21日にオープンになったCakewalk Store Japan


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、「Cakewalk Store」は以前からアメリカのCakewalkサイトではオープンしており、日本でも対応して欲しいという声があったようです。それが、年末になってついにオープンしたということで、アメリカのCakewalk Storeと比較すると、まだ商品点数は少ないようですが、気になる製品がいろいろと並んでいます。


Cakewalk Store Japanの目玉商品、Z3TA+2はWin/Macのハイブリッド

 

その目玉製品は、やはりZ3TA+2(ゼータ2)でしょう(ダウンロード価格10,500円)。これはソフトシンセとしてはかなり歴史あるもので、元々シェアウェアとしてスタートしたもの。ウェーブ・シェイピング・シンセサイザという方式のもので、非常に自由度高く音作りができることから、プロミュージシャンを含め古くから多くの人たちが使い込んできているものです。「rgc:audioのz3ta+だ!」といったら、「あれか!」と思い出す人もいるのではないでしょうか?かなりマニアックな音源ですが、下記のCakewalkが作成したビデオを見ると、だいたいの雰囲気が分かると思います。

 

CakewalkといえばWindowsソフトのメーカーという印象が強いと思いますが、Z3TA+2はWindowsとMacのハイブリッド。WindowsではVSTプラグイン(スタンドアロンでも動作可能)、MacではVST3とAudioUnitのプラグイン環境で動作します。

 

以前のバージョンZ3TA+は、国内でもパッケージ販売されていたのですが、新バージョンのZ3TA+は、これまでSONAR X1 Production Suiteにのみバンドルされるというものとなっていました。しかし、今回Cakewalk Storeの登場により、SONARユーザー以外でも利用可能になったわけです。しかも、従来のパッケージ版の半額程度となったのも嬉しいところです。以前は、Z3TA+のためだけにWindowsを使っているといった話を聞いたこともあったほどですが、これならMacユーザーでも気軽に使えそうですね。


バーチャル・アナログ・シンセ、Pentagon IはWindowsのVSTおよびDXi環境で動作する

 

ほかにもSONARユーザーにはおなじみの強力なドラム音源Session Drummer 2(1,050円)やバーチャルアナログシンセのPentagon I(2,100円)なども購入可能です。これらはSONARにバンドルされている音源(現行のSONAR X2ではPRODUCERにSession Drummer 3がバンドルされている)ですが、ほかのDAWユーザーにも開放されたわけですね(これらはWindowsのみ)。

 

同様に、プラグインエフェクトのほうも、SONARユーザーにはおなじみのエフェクトバンドルセットのSonitus FX Suite(10,500円)、ピークリミッタのBoost 11 Peak Limiterがリリースされています。

 

と、ここまではSONARユーザー、とくにSONAR X2 PRODUCERを持っている人にとっては、持っているアイテムばかりだったと思います。しかし、ここはCakewalk Store。当然SONARユーザー向けの製品もあります。それが「ProChannel Module」というもの。現在ここには
・PC2A T-Type Leveling Amplifier(8,400円)
・PC4K S-Type Expander/Gate(5,250円)
・Concrete Limiter(8,400円)
・PC4K S-Type Channel Compressor(5,250円)

の4つが並んでいます。これはいったい何なのでしょうか?


ProChannel Moduleとして4つの商品が並んでいる

 

SONAR X2 PRODUCERの大きな特徴として、ミキシングコンソールの中にProChannelというチャンネルストリップを統合してしまったことが挙げられます。これは往年の名機といわれるアナログ・コンソールのサウンドを再現するための機能で、SSLなどの往年のミキシングコンソールの音を再現するエミュレータ。マスター用のチャンネルに限らず、各チャンネルごとに組み込んであるため、プラグインのように、いちいち組み込んで使う必要もありません。


SONAR X2 PRODUCERのミキサーの各チャンネルには
ProChannelが組み込まれている

 

このSSL4000についてはコンソールのエミューレーションのほか、Comp、Expander、Gateと豊富なエミュレーションが可能。またコンソールエミュレーションのみではありますがNEVE、TRIDENTもスイッチひとつでエミュレーションできるのも大きな魅力です。

 

これはSONAR X1の上位版として登場したSONAR X1 Production Suiteから実現した機能なのですが、個人的には、ここがSONARの一番気に入っている点。そのProChannelをさらに強化、拡張するのが、ここにある4つのアイテムなのです。


PC2A T-Type Leveling Amplifierをモジュールとして組み込む

 

試しにそのひとつである、「PC2A T-Type Leveling Amplifier」を買ってみました!これは、実はTELETRONIX社の「LA-2A」という往年の名コンプレッサを忠実に再現するというもの。これをProChannelの一機能として追加できてしまうのです。


PC2A T-Type Leveling AmplifierはTELETRONIX社の
「LA-2A」をエミュレーションするモジュール

 

VSTプラグインではなく、SONARそのものを拡張するという、やや特殊なソフトであり、単体で使うことや、ほかのDAWに組み込んで使うということはできないのですが、これのためにSONAR X2を買っても損はないのでは……という逸品です。

 

まだスタートしたばかりのこのCakewalk Store Japan。いまのところ品揃えは少なめですが、並んでいるのはすべて店頭でパッケージ売りしていないものばかり。ぜひ、今後もラインナップを増やしていって欲しいところですね。

【関連リンク】
Cakewalk Store Japan

Cakewalkサイト
SONAR X2 PRODUCER製品情報
SONAR X2 STUDIO製品情報
SONAR X2 ESSENTIAL製品情報
SONAR X2 PRODUCER 日本語体験版 (32 ビット / 64 ビット版)

【関連記事】

SONAR X2とWindows 8の関係をCakewalkの開発者に聞いてみた

 

R-MIXがVSTプラグインとして搭載されたSONAR X2