藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。


タグ:MAGIX

以前、何度も記事にしたことのあったDTM入門者用のDAW、ドイツMAGIX社製のMusic Maker。私も監修という立場で「はじめてのMusic Maker ~ 音楽を創ろう」という入門書をバージョンアップごとに計4回作ったことがあるので、思い入れのあるDAWでもあるのですが、その最新バージョンとなるMusic Maker 2019が8月24日、ソースネクストから14,504円(税抜)で発売されました。また発売記念キャンペーンとして9月2日までの期間、9,800円での販売となります。

ご存知の方も多いと思いますが、国内での発売元は数年前にAHSからソースネクストへ変更されており、ソースネクスト版を購入している方も少なくないかもしれません。AHS時代にあった最後のバージョンMusic Maker MX2から数えると6世代ほど新しくなっているとのこと。実際どんなソフトなのか、改めて紹介してみましょう。


新たに発売されたMusic Makerの最新版、Music Maker 2019

>>この記事の続きを読む

VEGAS Proという映像制作ソフト=ビデオ編集ソフトをご存知でしょうか?以前はSONY Creative Softwareの高機能・高性能なソフトとして広く使われていたもので、あのACIDの兄弟ソフトともいえるものです。そのVEGAS ProACIDも、さらには波形編集ソフトのSound Forgeも2016年5月にSony Creative SoftwareからドイツのMAGIX社へと売却されたため、現在はMAGIXが開発・販売をしており、最新版はVEGAS Pro 15。国内ではソースネクストが販売・サポートを行っています。

映像制作ソフトというと、AdobeのPremiereやAppleのFinal Cut Proなどがありますが、VEGAS ProはACIDの兄弟ソフトだけにDAW的な感覚で使えるため、DTMユーザーにとっては非常に扱いやすいソフトです。また他のソフトと比較して非常に軽快に動作するのが特徴で、音声も映像もトラック数制限なく扱うことができます。そのVEGAS Pro 15シリーズの最小構成であるVEGAS Pro 15 Editは通常43,890円(税抜)で売られているのですが、7月19日~31日の間だけ特別キャンペーンとして90%オフの3,990円。この値段なら、とりあえず買っちゃえ!と入手して、ミュージックPV的なものを作ってみようと試してみたので、どんなソフトなのか紹介してみたいと思います。


VEGAS Pro 15でアイドルグループd-girlsのPVを作ってみる
>>この記事の続きを読む

1998年に彗星のように登場し、音楽制作の世界に革命を起こしたDAW、ACID。当時のSonic Foundryというアメリカの会社が開発したソフトでしたが、ループ素材をブロックのように並べていくだけで誰でも音楽制作ができる手法を確立したことは、まさに革命といえる大事件でした。その後、この手法は各DAWに取り入れられていったことは、みなさんもよくご存じだと思います。MacのGarageBandは、ACID初期バージョンの開発者をAppleが引き抜いたことで生まれたというのも、結構有名な話ですよね。

そのACIDの上位バージョンであるACID Proが、9年ぶりとなるバージョンアップを果たし、ACID Pro 8となって発売されました。開発元はSonic FoudryからSony Creative Softwareを経て、現在はドイツのMAGIXに。また国内発売元はソースネクストになっての誕生で、従来同様Windowsのみに対応したDAWとなっています。前バージョンは50,400円と高価なものでしたが、大幅に機能、性能を向上させたのにかかわらず価格は16,390円と1/3の超低価格に。実際、どんなソフトに生まれ変わったのか試してみたので、紹介してみましょう。


9年ぶりとなるACID Proの新バージョン、ACID Pro 8を使ってみた
>>この記事の続きを読む

発売後2年が経過して、ますます人気が高まってきているVOCALOIDキャラクターの結月ゆかりVOCALOIDとしてだけでなく、しゃべるシステムであるVOICEROIDがあるから、というのも大きな要因になっていると思います。先日は、発売2年を記念する「結月ゆかり誕生祭2013」なるイベントが渋谷で行われ、ニコニコ生放送で配信されましたが、7,000人を超える視聴者がいたのには驚きました。

そのイベントに私も見学に行ってきたのですが、トークあり、ライブあり、となかなか楽しかったです。で、実はその誕生祭3日前の12月19日、結月ゆかりが新パッケージとなって発売されたのですが、実は、この新パッケージには重大な秘密があることが後から判明!そう、パッケージには一言も書かれていないのですが、これを買うとDAWが無料で入手できるのです。どんなものなのか、紹介してみたいと思います。


左が旧パッケージ、右が12月19日発売となったMac対応もした新パッケージ

>>この記事の続きを読む

エントリーユーザー向けのDAWとして人気のMAGIX Music Maker MXがバージョンアップし、Music Maker MX2 Producer Editionとして12月19日より、AHSから14,800円で発売されることが発表されました。通常版のほかにも、結月ゆかりとセットになったボカロパック、教則DVDとガイドブックがセットとなった音楽を始めるパックガイドブック付き……、といくつかのバリエーションがあるのですが、そのガイドブックの監修をさせていただいた関係で発表前のベータ版の時点から使わせていただいていました。

その新しいMusic Maker MX2 Producer Edition、目玉機能はなんといっても、VOCALOIDとの連携機能です。そう、利用できるVSTインストゥルメント=ソフトシンセのラインナップのひとつとしてVOCALOIDが組み込まれているのです!それはいったいどういうことなのか、紹介してみたいと思います。


VOCALOIDとの連携機能を搭載したMusic Maker MX2 Producer Edition

>>この記事の続きを読む

  • カテゴリ:
コンシューマ用のDAWとして非常に低価格なMusic Maker(国内ではAHSが扱っている)、DTMハイエンドユーザー向けDAWとしてのSamplitude、さらに業務用のマスタリングソフトとしてSequoia(Samplitude、Sequoiaはフックアップが扱っている)などを開発するドイツのMAGIX社。先日、ドイツのMuikmesseに取材に行った際、同社の音楽系ソフトを担当する副社長、Christian Hellingerさんに取材をすることができました。

MAGIXといえばWindowsアプリ専業メーカーと思っていましたが、そのインタビューの中で、ついにMac版Samplitudeをまもなくリリースするというビックニュースも登場。そのMac版のベータ版も見せてもらうことができました。さらに、いろいろと伺う中で、なぜDAWはみんなドイツ生まれなのか、といったことも見えてきました。


ドイツでMAGIXの人たちにインタビューしてきた。中央が副社長のChristian Hellingerさん
同席してくれた
Andre Standkeさん(左)とJorg Schedlinskiさん(右)
 
>>この記事の続きを読む

最近、Ustreamなどの生放送番組に呼ばれて出ることが、よくあるのですが、先日、7月6日には、私もときどき見ているAHSが放送している番組、AHS生放送の第23回というのに出演してきました。週刊アスキーでもお馴染みの覆面プロレスラー、菊タローちゃんがパーソナリティーをしている番組で、見ていて結構楽しいので、AHSの尾形友秀社長に「機会があったら、呼んでくださいね」って話をしていたら、本当に声がかかってしまったというのが経緯。

番組中ではAV Watchでも記事にしたWebブラウザ上のシンセサイザ、シーケンサについての紹介をしたのですが、実は個人的にとっても興味を持ったのが、新製品として8月3日に発売されるという映像編集ソフトの「Movie Pro MX」というソフト。見た目も機能もまるでDAWのようなソフトなんです。


まるでDAWという見た目、機能を持つビデオ編集ソフト、Movie Pro MX
>>この記事の続きを読む

手元に捨てるに捨てられないカセットテープがいっぱいある……、なんていう人も少なくないでしょう。私の場合は、実家にそんなテープが膨大にあるのですが、もう10年、いや20年近く再生していないかもしれません。また気づくと、ラジカセは壊れて捨ててしまったし、カセットテープのウォークマンも動かずで、再生する手段がなかったりもします。

まあ、大手量販店にいけば今でもラジカセなどは売っているので、再生手段がなくなる心配はまだ無さそうですが、今さら、そんな機材を買う気もしません。そんな中、USB接続可能なコンパクトなカセットデッキがAHSから間もなく発売されます。ノイズリダクション機能や音質補正機能、そしてCD作成機能なども備えたソフトとセットで定価9,800円ハード単体なら5,000円(AHSストアでのみの販売)という安価な設定です。4月26日発売ですが、一足先にお借りすることができたので、紹介してみましょう。


PCとUSB接続できるウォークマンタイプのコンパクトなカセットデッキ
>>この記事の続きを読む

DAW=高価なソフトというイメージがありますが、多機能ながら定価14,800円という安価なソフト、Music Maker 3 Producer Editionが間もなく5月21日に、AHSより発売されます。


Music Maker 3 Producer Edition

このMusic Maker 3 Producer Editionのガイドブックの制作に携わっていた関係で、α版、β版と使ってきましたが、先日ようやく製品版を使ってみたので、そのインプレッションも含めて紹介してみましょう。

>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ