Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

Line 6のMobile Keys 49を読者プレゼントだ!!

1月のCESで発表された直後、Line 6のキーボード、Mobile Keysをレポートしました。そうiPadやiPhoneと直結することができるキーボードで、消費電力が極めて小さいため、iPadやiPhoneからの電源供給で動作するという、とっても優秀な製品です。またUSB端子もあるので、MacやWindowsマシンと接続して使うこともできます。

 

25鍵のMobile Keys 25(市場参考価格:13,800円)と49鍵のMobile Keys 49(同17,800円)の2種類があり、ともに3月末に発売がスタートするのですが、出荷に先駆けてその2機種が私の手元に届きました。Line 6に確認してみたところ、1台は藤本の手元に置いておいてOKとのこと、そしてもう1台は読者プレゼントに使ってよい、という話をいただいてしまいました!


新型iPadと接続したMobile Keys 25


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

どちらをKEEPしようかとちょっと悩みました。かなりしっかりしたキータッチなので、メインキーボードとして49鍵のものを置いておこうかな……と思う一方、iPhoneやiPadとともに持ち歩くなら小さいほうにしようかな……、と。結局、部屋も狭いので小さいほうに決定し、Mobile Keys 25を開封して使ってみました。一方の49のほうは、未開封のままになっているので、これをそのままプレゼントしてしまおうと思います。


プレゼント用に未開封のままのMobile Keys 49 

 

以前、触ったことはあったものの、改めて弾いてみると、やや重めのキータッチでいい感じですね。iPadやiPhoneには付属のケーブルを用いて直接接続します。もちろん、途中にUSB-HUBをかませて電源供給するなんて面倒なことは不要だし、Camera Connection Kitも必要なく、DOCKコネクタに直結できます。


iPhone 4sからの電源供給でもしっかり動作する

 

100mA以下での動作と、非常に省電力設計になっているので、電池も不要で動作するのはなかなか快適です。ただし、省電力だからこそ、派手さはなく、単につないだだけでは、ランプの点灯などもないので、動いているか分からないのがちょっと不安に感じるところ。とはいえ、左上のSHIFTボタンを押すと赤くランプが点灯するので、すぐ確認はできますよ。


SHIFTボタンを押すと赤く点灯する 

 

iPadに接続して、GaragebandMusicStudio、またNlog PRO、Sunrizer、iMS-20bs-16i……と各種アプリを起動してみたところ、まったく問題なく動いてくれます。Camera Conection Kit経由で接続するキーボードの場合、動作がとても不安定になりがちですが、そうした心配はまったくなさそうですね。PITCHホイールやMODホイールも重めで、かなりガッチリしている感触。この価格帯としては、頑丈な機材という印象です。


OCTAVEボタンでオクターブ切り替えができる

VOLUME、PANのノブがあるほか、その上にはオクターブを上げるボタン、下げるボタンがそれぞれ用意されているので、25鍵盤のときはこれを多用しながら演奏することになります。

 

標準だと、このようにシンプルなデザインですが、本体には鍵盤の上部分に貼るシールが付属しています。このシールの文字を見ながらSHIFTキーを使うことで、Mobile Keysでも結構いろいろな操作ができるようになっています。黒鍵がコマンド、白鍵が数字を表しているんですね。


鍵盤の上部分にコマンドが表記されたシールを貼ることができる

たとえばSHIFTキーを押しながらD#を押すと、プログラムチェンジのモードになり、そのままSHIFTキーを押しつつ、D・E・Fと弾くと「123」を送信できるようになっているという具合です。

 

ここでCubaseをインストールしたWindowsにUSBで接続してみました。いわゆる「クラスコンプライアント」なデバイスとなっているので、ドライバをインストールすることなく、認識され、Cubaseからは「Mobile Keys 25」という名前で見えていました。


Cubaseからも確かにMobile Keys 25が認識されている

 

PCに接続するのか、iPad/iPhoneに接続するかを選択するスイッチなどはなく、単にリアのコネクタで接続すればすぐに使うことができます。ためしにPCとiPadの両方に同時につないでみたところ、当然ながら両方同時に使えるというわけではありませんでした。先に接続したほうが優先されるようですね。この辺もよくできています。


Mobile Keysのリアパネル

 

というわけで、私が開封しなかったほうの49鍵のLine 6 Mobile Keys 49を1名の方にプレゼントします。今回は応募方法を少し拡大してみたいと思います。いつも使っているTwitterに加え、Facebook応募とメール応募も受け付けます。具体的には
 [Twitterの場合] @kenfujimoto へTweetする
 [Facebookの場合]DTMステーションのページからのメッセージ送信
 [メールの場合] dtmstation2010@gmail.com へメール
のいずれかの方法でお願いします(上記メールアドレスの@は小文字にしてくださいね)。

※Facebookでの応募の場合、ウォールへの書き込みではなくメッセージのほうでお願いします。

そして、いずれの場合も「MobileKeys欲しい」と書いた上で、

使用中のiOSマシン
よく使うアプリ
普段使うPCのOSとDAW
を記載の上、一言コメントもお願いします。

 

[例] @kenfujimoto MobileKeys欲しい[iOS]iPad2[アプリ]Garageband、bs-16i[PC]Windows7、Cubase6 コメントコメントコメント

 

それとLine 6さんから応募の条件としてTwitterの@line6japanフォローするか、FacebookのLine 6オフィシャルページに「いいね!」をして欲しいというリクエストが来ておりますので、よろしくお願いします。メール応募の場合は、応募いただいたメールアドレスをLine 6のDMリストに登録させていただきますので、その点ご了承ください。あ、条件ではないですが、DTMステーションのFacebookページにも「いいね!」をいただけると嬉しいです。

 

応募期間は、2012年3月24日~4月1日です。その後、抽選を行いDTMステーションのサイト上で発表しますので、奮って応募ください。

 

【当選結果発表】
数多くのご応募ありがとうございました。4月2日、厳正なる抽選を行った結果(OpenOfficeで集計しつつ、RAND関数で抽選を実行)、Twitterで応募された
●H.883さん(@h883
が、当選されました。おめでとうございます!

【関連情報】
Line 6 Mobile Keys 製品情報

【関連記事】
iPhone/iPadで使えるフルキーのMIDI鍵盤をLine 6が発表!

POD 2.0を再現するLINE6 Mobile In & Mobile POD
iPadやiPhoneがLINE6 PODになっちゃうぞ!ポイントは24bit/48kHz対応
オリジナルPODよりも高性能だったMobile In/Mobile POD
iPadでも使えたLINE 6のMIDI Mobilizer

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です