藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。


カテゴリ: SONAR

DAWについて、毎年、新バージョンを購入する形でアップデートしていくのがいいのか、あらかじめライセンス契約しておいてその期間は無償でアップデートされていくのがいいのかは、議論の分かれるところです。そうした中、CakewalkSONARの場合、2015年3月からメンバーシップ制というユニークな制度を導入しています。

これは、いわゆるサブスクリプション制とは異なり、ライセンス自体は買取型で、ずっと使い続けることができます。でも普通のパッケージソフトとは異なり、メンバーシップ制の契約期間中は、最新バージョンへバージョンアップすることができるというものなのです。そのメンバーシップ制度を導入してから2年。その間、名称はSONAR PLATINUMSONAR PROFESSIONALSONAR ARTISTと名前は変更がないものの、内容的にはかなりいろいろな機能が追加され、強化されています。実際、どんな機能が追加されてきたのか、振り返ってみようと思います。なお、Roland時代のSONARユーザーなど旧SONARからのアップグレードができるのは5月いっぱいとのことなので、その辺の情報も併せてお伝えしてみます。


目立たないながらも毎月バージョンアップを繰り返してきたSONARはかなり大きく進化していた
 
>>この記事の続きを読む

TASCAMからWindows用のDAWであるSONARシリーズのエントリー版と位置付けられるバージョン、SONAR HOME STUDIOが実売価格10,000円(税込み)で発売されました。この手頃な価格でありながらも、たくさんのソフトウェア音源、プラグインエフェクトを装備するとともに、ループ素材も数多く揃っているので、インストールすればすぐに音楽制作ができるツールとなっています。

また、初心者が迷わず・困らず操作できるように、1つのパラメーターだけで、いい感じに音作りができるStyle Dial FX Pro Channelモジュールを搭載したのも大きなポイントとなっています。実際どんなDAWとなっているのか試してみたので、紹介してみたいと思います。


発売されたばかりのSONARのエントリー版、SONAR HOME STUDIOを使ってみた

>>この記事の続きを読む

すでにご存じの方も多いと思いますが、6月1日、Cakewalkが驚く発表をしました。ひとつはSONARのMac版を開発中であり、すでにアルファ版が動いている、ということ。もう一つはSONARのバージョンアップに関してライフタイム・フリー・アップデート(生涯無料アップデート)という制度を導入するということです。

Mac版の話はなんとなく噂にはあったものの、どちらも寝耳に水という感じで、SONARを長年見てきた私としても本当に驚く内容でした。それと同時に、いきなりの方針変更に、「この先本当に大丈夫なの?」と不安に感じたのも正直なところ。ただ、国内のCakewalk製品の発売元であるTASCAMに確認したところ、「ライフタイム・フリー・アップデートは今だけの3か月限定の特別キャンペーンで、SONARの大々的なプロモーションです」とのこと。永続的なものではないんですね。だとしたら、今が1度限りの大チャンスということのようです。具体的に今回の2つの発表がどういうもので、どんな意味を持つのかを考えてみましょう。

※受付期間が2016年12月31日までに延長されました。


SONARに大変革。Mac版が登場し、ライフタイム・フリー・アップデートの実施も決定

>>この記事の続きを読む

これからDTMにチャレンジしてみたい…という人のために3回に渡ってお届けするDTM入門の最終回。前回から少し間が空いてしまいましたが、今回テーマにするのはミックスとエフェクト処理についてです。第1回でオーディオのレコーディング第2回でMIDIを用いた打ち込みについて紹介しましたが、そのようにして作ったトラックをどうやってまとめていくのか、という話です。

こうしたミックス(ミキシングといったり、ミックスダウントラックダウンTDなんて呼び方もあります)作業は、基本的にどのDAWを用いても同様なことができますが、この連載ではCakewalk社のSONARを例に見ていきます。


SONARで始めるDTMの最終回はミキサーを使った音のまとめ方について紹介
 
>>この記事の続きを読む

これからDTMにチャレンジしてみたい…という人のために3回に渡ってお届けするDTM入門。前回は、ボーカルやドラム、ギターなどの実際の音を録音して、音を重ねていくオーディオレコーディングについて紹介しましたが、第2回目の今回はいわゆる「打ち込み」というものにフォーカスを当てて、これがどんなものなのかを紹介してみたいと思います。

この打ち込みを行うためにはDAW=Digital Audio Workstationと呼ばれるソフトウェアが必要となり、基本的にどのDAWを使っても同様なことができますが、この連載ではCakewalk社のSONARを例に見ていきます。


SONARを使ってMIDIの打ち込みにチャレンジ!
 
>>この記事の続きを読む

これからDTMにチャレンジしてみたい…という人も多いと思います。DTMステーションとしても、ぜひそうした初心者ユーザーを応援していきたいと考えていますが、最初はなかなかハードルが高く感じられるかもしれません。とくにDTMによって、どんなことが可能になるのか、何ができるかを理解するのは、難しい点もあるでしょう。

そこで、これから3回に渡ってDTMで何ができるのかを紹介する短期連載をしてみたいと思います。「DTMをはじめよう!」、「DTM初心者のためのオーディオインターフェイス選び 2015」といった記事も併せてお読みいただきたいのですが、そのDTMをする上で必須となる中枢的なソフトがDAW=Digital Audio Workstationというもの。SONAR、Cubase、Logic、Studio One、ProTools……とさまざまなものがあり、基本的にはどれでも同様なことができますが、ここでは米Cakewalk社のSONAR PLATINUMを例に、紹介していきます。


DAWの代表の一つ、CakewalkのSONARを用いてDTM入門を展開していきます
 
>>この記事の続きを読む

先日もお伝えした通り、まもなくSONARの新バージョンが発売されます。メンバーシップ制という、これまでとは少し異なる形での発売ではありますが、いわゆるサブスクリプションとは異なる方式であることもハッキリしました。そう、サブスクリプション制だと契約が終了すれば使えなくなってしまいますが、SONARのメンバーシップ制は、従来のパッケージ販売とまったく同じように使い続けることができますし、価格的にもこれまでのSONARと大きく変わりません。

そのSONARの新バージョンについて、2月19日に記者発表会が行われた際、来日していたCakewalkの社長、マイケル・フーバー(Micheal Hoover)さんにいろいろと話を伺うことができました(以下敬称略)。「なぜメンバーシップ制をとったのか?」といったことはもちろんのこと、「Roland傘下からGibson傘下に移って、実際のところどうなのか?」、「その昔のOpcodeのように潰れてしまう心配はないのか?」など、単刀直入に伺ってみたので、そのインタビュー内容を紹介していきましょう。


Cakwalk社長のマイケル・フーバーさんにインタビューしてみた
 
>>この記事の続きを読む

先日の記事「SONARの新製品が発表に。国内もサブスクリプション制に移行する!?」で大きな話題となったSONARの新バージョン。DSDの対応といった機能もさることながら、年間でのライセンス契約という販売方法に多くの関心が集まったようです。すでにAdobeがサブスクリプション制度を導入しているほか、DAWの世界でもPro Toolsがサブスクリプション制度の導入を発表している中、SONARもサブスクリプション制度に移行するとしたら、どうするべきか……といった議論がユーザーの間でなされていたわけです。

そのSONARの新バージョンが2月19日、国内でもTASCAMから正式に発表されました。発表内容によれば、「サブスクリプションではなく、メンバーシップ制という大きく異なるもので、価格的にみてもユーザーメリットがあるものだ」というのです。でも、それって単なる名前のすり替えではないのか、結局毎年お金を払い続けなければならないのではないのか、ライセンスが切れたら使えなくなるのではないか……など疑問もいっぱい。そこで国内におけるCakewalk製品の発売元、TASCAMの小泉貴裕さん(ティアック株式会社 音響機器事業部 ミュージックインダストリービジネスユニット 事業企画部 企画販売促進課 課長)に気になる疑問を片っ端からぶつけてみました(以下、敬称略)。


国内でも、3月上旬よりSONAR新バージョンの発売が開始される
 
>>この記事の続きを読む

1月22日~25日のNAMM Show 2015を前に、各社が新製品の発表を始めていますが、CakewalkSONARの新製品を同社のWeb上で発表しました。「次はSONAR X4か?」と待ち構えていたのですが、今回はX4の名称はなく、「SONAR Platinum」、「SONAR Professional」、「SONAR Artist」というシンプルな名称の3ラインナップとなっています。

その背景には、今回のバージョンから従来のようなパッケージで売り切りという形から、Adobeなどが採用しているのと同様のサブスクリプション制度、つまり定期購読のような従量課金制度に切り替えてアップグレードをしていくため、あえてバージョン番号を外したようなんですね。でも、これって日本でも同様の体制に移行するのでしょうか?また、ひとつ大きいネタとしてはDSD対応。これがどんなものなのか私の推測を交えつつ、SONARの新バージョンについてまとめてみたいと思います。


SONARの新製品、3ラインナップがアメリカのCakewalkから発表された
 
>>この記事の続きを読む

米Cakewalk社がRoland傘下からGibson傘下へと移って一年余り。このドラスティックな環境変化によって、SONARの国内での発売元はRolandからTASCAMへと移り、現在は、SONAR X3 PRODUCER(59,800円前後)SONAR X3 STUDIO(39,800円前後)SONAR X3 ESSENTIAL(19,800円前後)のの3ラインナップが発売されています。

1年前の記事「TASCAMバージョンになったSONAR X3を使ってみた!」でも書いている通り、従来のSONARシリーズの機能、UIはそのまま踏襲しており、特に混乱もないようですが、この業界再編によって、一つ大きく変わったことがあります。それはRolandおよびTASCAMのオーディオインターフェイスのバンドルソフトが変わったことです。中でも新規に登場したSONAR X3 LEについては、あまり取り上げられていないので、改めて紹介してみたいと思います。


TASCAMのオーディオインターフェイスにバンドルされているSONAR X3 LE
 
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ